今日何食べた?健康・美容のために食べたいオススメの朝食メニュー

今日何食べた?健康・美容のために食べたいオススメの朝食メニュー

忙しい毎日で朝は出来るだけゆっくり寝ていたいですよね。ゆっくり寝ていると、しっかり朝食を食べる時間がなくなってしまいます。朝食を抜くと美容にも健康にもよくありません。今回は朝食を食べるメリットと、オススメの朝食メニューをご紹介致します。

朝食は食べてる?朝食をしっかり食べるメリット

春になり、なかなかベッドから出られない!という声を多く聞きます。昔から春は季節の変わり目で眠気が強くなると言われていますよね。出来たらなるべく、ギリギリまで寝ていたい、と言うのが本音です。しかし、そのことで朝食を抜いて出勤することになってしまっていませんか?なぜ、朝食を食べることは推奨されているのでしょうか?

【朝食を食べるメリット】
・脳にブドウ糖が送られ、身体がしっかり目覚め、集中力がアップする
・代謝が上がり、脂肪燃焼のスイッチが一日中入り、痩せやすい身体になる
・寝ていた胃腸を動かし、便秘解消になる
・朝にタンパク質、ミネラルやカルシウムを摂取することで、栄養成分が全身に行き渡る

などがあげられます。
一日2食にして、カロリーを下げてダイエットをする人もいますが、朝に食べることの方が一日の代謝が上がり、ダイエットには向いています。また、一日に必要な栄養も摂取出来るので健康と美容にも効果的です。
では、どのようなものを選べば良いのでしょうか?

オススメの朝食メニュー

【和食】
・玄米
・納豆
・味噌汁
・緑茶
玄米は低GI値で血糖値の上昇を防ぎます。また玄米は腹持ちがよいので昼食までの間食を防げます。納豆は植物性タンパク質を摂取出来ます。味噌汁の具は海苔やわかめなど簡単なものでオッケー。そしてミネラルを補給しましょう。温かい緑茶は、身体を温めながら、ビタミンCを摂取出来ます。


【洋食】
・シリアル(+ヨーグルト)
・目玉焼き
・バナナ

シリアルは食物繊維が豊富で腸内環境を整えます。また出来たらヨーグルトも加え乳製品を摂りましょう。目玉焼きはタンパク質を、バナナでビタミンや糖分を補給しましょう。


両方ともカロリーは450キロカロリー以下で、ダイエット向きでよい一日のスタートが切れます。まずはニ週間続けてみましょう。自然と朝食を食べるために早寝早起きになったり、前日の夕食が軽くなったりと健康・美容的な生活に変わっていきます。新生活のスタート時期に、朝食生活始めてみませんか?

関連記事