化粧水はさっぱりタイプとしっとりタイプ、どちらを選ぶべき?

化粧水はさっぱりタイプとしっとりタイプ、どちらを選ぶべき?

ドラックストアなどで化粧水を選ぶとき、さっぱりタイプやしっとりタイプなど様々な種類があり迷ってしまいますよね。そこで化粧水のおすすめの選び方とさっぱりタイプ・しっとりタイプの効果的な使い方をご紹介します。

さっぱりタイプ・しっとりタイプの化粧水…一体どれを選べばいいの?

化粧水は同じメーカーのものでもさっぱりタイプやしっとりタイプといった異なる質感のものが販売されています。自分に合ったタイプはどれなのか、さっぱりタイプとしっとりタイプの化粧水の違いは何なのか、などと疑問点があるのではないでしょうか。

さっぱりタイプとしっとりタイプの化粧水の選び方・効果的な使い方

一般的には、さっぱりタイプとしっとりタイプの化粧水は、成分や効果はほとんど同じものが多く違いは使用感のみと言われています。使用感をさっぱりタイプとしっとりタイプに変えるためにわずかな成分を変えているため、主成分に大きな違いはないと言ってもいいでしょう。

さっぱりタイプは、素早く肌に馴染んで軽くてベタつかないのが特徴。しっとりタイプはとろみがあり、もっちりしっとりとした肌が続きます。 どちらを選ぶかは自分自身のお好みの質感で決めることをおすすめしますが、しっとりタイプは保湿力が高いからと少量だけ使うのはNG。

どちらの化粧水も肌が潤いでひたひたになるくらい浸透させていくことでしっかり保湿をすることができます。使用量をしっかり守ることが化粧水の効果を発揮させるポイントです。最初にコットンに含ませて均等に伸ばしてから、手のひらに取ってハンドプレスしながら馴染ませていくとより効果的ですよ!

自分に合ったタイプの化粧水を選んで潤い肌に

スキンケアに欠かせない化粧水ですが、自分に合った質感の方をチョイスすることで毎日楽しくスキンケアをすることができるはず。さっぱりタイプとしっとりタイプで季節ごとに使い分けるのもおすすめです。先述の通り、さっぱりタイプとしっとりタイプの成分自体はさほど変わらないので、自分にぴったりの化粧水を選んでみてくださいね。

関連記事