野菜不足は美容の敵!でも野菜を摂る時間がない!そんな人お試しあれ

野菜不足は美容の敵!でも野菜を摂る時間がない!そんな人お試しあれ

美容と野菜は切っても切れない関係。美容効果が期待できる野菜を摂取したくても摂る時間がない…という人も多いのでは? 今回は野菜不足が引き起こす体への影響や、手軽に効率的に野菜を摂取する方法をご紹介します。

時間がない! 野菜を摂らないと…?

ダイエットや美容に気をつけていても、野菜が足りなかったり、野菜を調理して食べる時間がなかったり、そういう時はありませんか? もしくは、摂取しているつもりでも足りていないことに気づいていないことが多々あることを知っていますか? 野菜が足りていないとどんなことが起こるのでしょうか?

1. 便秘になる
一日に必要な野菜の理想量は、約350gと言われています。食物繊維が多く含まれているため、野菜不足になると便秘になりやすくなってしまうのです。女性の好きなアボカドにも食物繊維が豊富に含まれているので摂取していきたいですね。

2. 貧血
多くの場合、鉄分不足が原因で起きる貧血。鉄分補給にはレバーなどのイメージがありますが、野菜にも良質な鉄分が含まれているものが多くあるので、意識して摂取するようにしましょう。

3. イライラする
野菜にはカルシウムを豊富に含むものもあるため、不足するとイライラしたり、骨粗しょう症になったりする恐れがあります。

時間がない時でも野菜を摂る方法

忙しい時は、買い物したり調理する時間が取れなかったりと、ちゃんとしたものを作るのが億劫に感じることがありますよね。そんな時の対処法をご紹介します。

1. 野菜ジュースで代用する
朝食をとる時間がない時は、コンビニなどで売っている野菜ジュースを通勤前に摂取しましょう。もちろん、ちゃんとした野菜の方が良いですが、何も摂取しないよりはオススメです。ただし、糖分が入ったものはなるべく避けるようにしましょう。

2. コンビニサラダで摂る
昼食や夕飯をコンビニで済ます時は、いつものお弁当やサンドイッチなどに、サラダやカット野菜も一緒に購入するようにしましょう。できるだけ、キャベツだけなど単品のものより、緑黄色野菜なども入ったものを選択しましょう。

3. 時間がある時に切っておく
野菜を買った際、初めにカットして保存しておくと、毎回切る手間がなくなるので効率的です。ほうれん草などは、冷凍保存しておくのと良いでしょう。

4. 作り置きする
野菜スープやみそ汁などに様々な野菜をたくさん入れて作り置きします。冷蔵庫に入れておけば数日はもちますし、スープを冷凍してストックしておけば、解凍していつでも飲めますね。
関連キーワード

関連記事