ヤエカ YAECA HOME STORE 〜身体も心も豊かにくつろげる時空間〜

ヤエカ YAECA HOME STORE 〜身体も心も豊かにくつろげる時空間〜

お天気の良い日に、わざわざ行きたくなるお店が「YAECA HOME STORE(ヤエカ ホームストア)」です。
川島屋百貨店

YAECA(ヤエカ)

YAECA HOME STORE

YAECA(ヤエカ)YAECA HOME STORE
白金駅から歩いて10分ほど、閑静な住宅街に位置するお店は、かつてフランス人が住んでいた2階建ての一軒家を改装したもの。
入ってすぐの間には、剥き出しの梁と白い壁、売り物でもあるモダンな顔つきのアンティーク家具が配されていて、誰かの家を訪れたような気分になります。

隣の部屋は、アート作品やアクセサリー類などが並ぶ、ちょっとしたギャラリーのような場。廊下を進んでいくと小さなキッチンがあり、「PLAIN BAKERY(プレイン ベーカリー)」と名づけられたお菓子やジャムを売るコーナーが。小さな階段を上がると、服のための空間が拓けています。

「YAECA(ヤエカ)」は、もともとスタイリストだった服部哲弘さんが、2002年に「服作りにトライしてみようと」とメンズウエアのブランドとして立ち上げたもの。その後、プレスを務めていた井出恭子さんが、レディスのデザインを手がけるようになりました。
「時代を超えて使い続けられる、いわば道具のような服を追究していきたい」という志を込めた服を作り続け、人気ブランドのひとつになっています。

2人の服作りは、シンプルなだけに質にこだわった糸や布を作るところからはじめます。選び抜いた糸をどう織り上げると、思い描いた風合いや触感が生まれるのか、工場の人とがっぷり組み、作り込んでいるのです。
だからでしょう。着てみると身体にフィットして心地いい。見た目のシルエットのバランスが美しい。いつの間にか、何度も袖を通しているのです。

「服だけでなく、徐々に生活空間を表現したいと思うようになって、この店を作ったのです」と服部さん。わざわざ来てもらえることも大事にしたといいます。
 
駅に降りたって、周囲の景色を眺めながら歩く。店に着いて時を過ごす。ブランドの世界観がいっぱい詰まっている場に身を置くと、時間の歩みが少しゆるやかに、空気の流れが少し清々しく、身体と心が落ち着いてきます。

買い物を携えてウキウキ気分で帰りながら、今度はいつ来ようかなと思いが巡ります。
YAECA(ヤエカ)
YAECA HOME STORE(ヤエカ ホームストア)
オープン時間:12:00-20:00 月曜休
問い合わせ先:YAECA HOME STORE
TEL:03-6277-1371
川島蓉子 かわしま・ようこ
1961年新潟市生まれ。早稲田大学商学部卒業、文化服装学院マーチャンダイジング科終了。ifs未来研究所所長。ジャーナリスト。多摩美術大学非常勤講師。