カサカサ肌の必須アイテム、加湿器の正しい置き場所と使い方って?

カサカサ肌の必須アイテム、加湿器の正しい置き場所と使い方って?

しっかりスキンケアをしているのになんだか乾燥が気になるという方は、部屋の空気乾燥が原因かもしれません。乾燥の味方、加湿器をうまく活用して潤い肌を目指しましょう!加湿器の置き場所や効果的な使い方もご紹介します。

保湿をしても乾燥が気になる方は加湿器を使ってみよう

毎日化粧水、美容液、クリームなどで保湿をしているつもりでも、肌がつっぱっていたり、なんだかむず痒い…という方は肌が乾燥している証拠。保湿をしていてもカサカサ肌が改善されないなら、まずは部屋の湿度を確認してみてください。湿度が低い場合は空気が乾燥しているため、加湿器を使って部屋の空気を潤わせてあげましょう。

効果的な加湿器の置き場所、使い方

加湿器は、鼻づまりや喉の乾燥予防だけでなく、乾燥肌の改善をしてくれるという効果もあります。加湿器があるけれど正しい置き場所がわからないという方は、70〜100cm程度の高さにあるテーブルの上に置きましょう。加湿器の蒸気が部屋に均一に届くようになりますよ。

また、間違えやすいのが窓や出入り口の近く、エアコンの吹き出し口の側に置くこと。加湿した空気が部屋の外に出てしまったり、エアコンの中がカビてしまう場合もあるからです。正しい加湿器の使い方は、まず残った水は全て捨てて、スイッチを入れるたびに綺麗な水を入れましょう。タンクに溜まったままの水は、雑菌の温床になってしまいます。また、アロマオイルを対応している加湿器なら、リラックス効果が非常に高いサンダルウッドのアロマを使うのがおすすめです。サンダルウッドは血液の循環を促して冷え性対策にもなり、肌を柔らかくして潤い効果をプラスしてくれるようですよ。

加湿器を正しく使って潤いたっぷりのお肌へ

なかなか乾燥肌が改善されない方は、加湿器をしっかり活用して空気の乾燥対策からはじめてみましょう!また、加湿器によりできてしまった結露はすぐに拭きとり、1日に1回は30分ほど窓を開けて換気をしてくださいね。

関連記事