簡単なマッサージの方法を覚えて習慣に!自分でできる簡単ケア

簡単なマッサージの方法を覚えて習慣に!自分でできる簡単ケア

スキンケアやUVケア、食事やエクササイズなど、エイジングケアで習慣にしたいことはたくさんあります。今回は、基本のケアにプラスしたい簡単なマッサージの方法をご紹介します。顔や鎖骨・首・足など気になる老化のポイントをお手入れしましょう。

少しの時間でOK!簡単な顔マッサージの方法とは?

スキンケアに力を入れたり、効果的なUVケアの方法を試したり、食事に気をつけたりと、エイジングケアを心がけているアラサー・アラフォー女性は多いですね。そんな方でも、顔マッサージについては「面倒に感じる」「どんなやり方がいいのかわからない」「肌をいじりすぎるのは良くないような気がして」と、少し苦手意識を持っていたりします。

あるコスメブランドのビューティーコンサルタントの話によると、顔マッサージは万能なお手入れでどんな肌質の人にも合うものなのだそう。こんな話を聞くと、”特別なお手入れ”のイメージが強い、顔マッサージが少し身近に感じられますね。

顔マッサージは、アラサー・アラフォー女性の肌に対して、どんな効果が期待できるのでしょう?顔マッサージは、ほかの身体の部位へのマッサージと同じく血液の循環を良くする効果があるといわれています。顔の血流がスムーズになると、新陳代謝が活発になり肌に活力が生まれます。これは、もちっとした柔軟性のある肌を作りたい時に注目したいポイント。マッサージのタッチが刺激となって、皮脂腺や汗腺の働きを適切な状態にしてくれるという効果もあるので、油性肌の人にもおすすめなのだそうです。

アラサー・アラフォー女性にとって気になる肌のくすみ。くすみは肌の血行やリンパの流れが滞ることが原因で起こります。特に顔は、皮膚が薄いためくすみが目立つ部分。血流は肌に必要な栄養を運び、不要になった老廃物を排出する役目を持っています。顔マッサージで血流がよくなると、老廃物の排出力が高まり、結果的に透明度が高い肌を保つことができるということ。肌のコンディションを底上げして、うるおいのある魅力的な状態でいたい!そんなアラサー・アラフォー女性には、ぜひ顔マッサージを取り入れてほしいのです。

「顔マッサージはやってみたいけれど、時間がかかるのはちょっと…」
そうですよね。マッサージの順番を覚えたり長い時間をかけるのは、意外と面倒に感じる部分。そんな方に「1分間ポイントマッサージ」をご紹介します。マッサージの際には、専用のマッサージクリームまたはオイル(ホホバオイルなど)を使ってください。

<1分間ポイントマッサージ :目元編>
1.眉頭の下のくぼんだ部分に中指の腹を押し当ててゆっくりと押さえます。その後、指をすべらせるようにして、眼球と眉骨の間のくぼみの部分を目尻側までマッサージします。
2.続けて目の下を目尻側から目頭側に向かってマッサージします。目のまわりに円を描く要領です。これを3回繰り返します。クマでお悩みの方は、目頭側から目尻側に向かってマッサージするのもおすすめ!

<1分間ポイントマッサージ :口元&フェイスライン編>
1.下唇とあご先の間に両方の中指を置き、唇を持ち上げるようにしながら口角に向けてマッサージします。これを3回繰り返します。
2.次に、手のひらをフェイスラインに沿わせながら、頬を持ち上げ気味にしこめかみあたりまでマッサージします。

マッサージの後は、ティッシュなどで軽く油分を拭き取りった後乳液で整えれば完了です。

リンパマッサージで鎖骨美人を目指したい!

鎖骨周辺は女性らしさのポイントになる部分ですが、その分年齢が出やすい場所でもあります。鎖骨周辺に自信があると胸元が開いた洋服を着ても、堂々としていられますよね。理想的な鎖骨ってどんな鎖骨のことなのでしょう?最初に、あなたの鎖骨美人度チェックと、要注意な鎖骨になっていないかを、チェックしてみましょう。

〈アラサー・アラフォー女性の鎖骨美人度チェック〉
1.鏡の前に立ちバンザイをします。両手をおろしリラックス。その後、両手を前に伸ばし指3本をそろえて鎖骨部分に入れてみます。この時、第1関節まで指が入れば理想的な鎖骨といえます。

〈アラサー・アラフォー女性のこんな鎖骨に要注意!〉
1.左右の高さが違っている→身体が歪んでいる可能性があります。
2.V字部分が鋭い→姿勢が悪く、猫背で肩が内側に入っている状態になっています。
3.鎖骨が埋もれている→老廃物が溜まり、むくんでいる可能性があります。

きれいな鎖骨は、必ずしも痩せていることが条件ではなく、少しの努力で作れます。日ごろから姿勢を良くしたり、きついブラジャーをつけないように心がけたりするほかに、ボディオイルなどでしっかりと保湿するのはおすすめ!簡単なストレッチやマッサージも効果的。次にご紹介するやり方を取り入れてみてください。

〈簡単鎖骨マッサージの方法〉
1.両方の手の人差し指と中指2本を、右手の指を左側、左手の指を右側の鎖骨のくぼみにあてます。
2.そのまま3秒押します。鎖骨の端から端までを同じ要領で数回に分け強めに押していきます。

〈簡単鎖骨ストレッチの方法〉
1.両手の指先を肩におきます(右手の指先は右の肩、左手の指先は左に)。
2.指先をおいた部分を中心にして、肩を小さく前に10回、後ろに10回まわします。この時まわすのは肩の部分で、腕をまわすのではありませんので注意してくださいね。
3. 両手の指先を肩におきながら、鎖骨部分を伸ばすような感じで首を左上にひねります。右も同様に右上にひねります。

鎖骨って普段の生活では、積極的に動かすことがあまりない部分です。マッサージやストレッチで、鎖骨のケアを続けることにより小顔効果やバストアップ、二の腕を細くするなどの効果も期待できるといわれています。ご紹介したやり方は、むくみや首が太くなる原因といわれる鎖骨のコリの予防にもなるので続けてみてください。

鎖骨と同じように気になる首から胸元にかけてのデコルテの部分。デコルテの部分には、リンパが集中しています。リンパマッサージをすることで、血行が良くなるほか、気になるフェイスラインのたるみ、二重アゴ・むくみ・肌のくすみなど、老化ポイントのケアにも効果的。
<デコルテリンパマッサージの方法>
◆用意するもの
マッサージクリームまたはオイル

<デコルテリンパマッサージの方法 その1>
1.耳たぶの裏側エラの上のくぼみの部分に、中指と人差し指を添えます。その状態のまま、圧力をかけるようにぐーっと3秒間ほど押し続けます。

<デコルテリンパマッサージの方法 その2>
1.次に左手の人差し指・中指・薬指を右耳の後ろ側に添え、指先を使って鎖骨のあたりまでやさしく流すようにマッサージしていきます。これを5〜7回繰り返します。
2.2と同じ動作を反対側でも行います。

<デコルテリンパマッサージの方法 その3>
1.左手の人差し指と中指で右側の鎖骨を挟み込むようにしながら、内から外側に向かって流していきます。これも5〜7回繰り返します。
2.2と同じ動作を反対側でも行います。

リンパマッサージは、お風呂から上がった血行が良くなっている時間帯に行うのがおすすめ!毎日のお手入れとマッサージで、女性らしい鎖骨やデコルテを手に入れましょう。

エイジングのポイント!首のシワを予防するマッサージ法

顔や鎖骨、デコルテと並んで注目されることが多い首。顔は若々しく見えるのに、首のシワが目立つなんてイヤですよね。首のシワは、紫外線や乾燥、枕が合っていないなどの理由で起こることもありますが、一番の原因になるのは加齢。加齢が原因だとしたら、誰でも年をとるわけだし何もできないの?確かに、加齢によってコラーゲンが減少し肌の水分が保てなくなることから首のシワはできやすくなります。加齢は止められませんが、日々のケアを心がけることで、首のシワ予防や改善は可能です!若々しい印象の首でいられるように、保湿を心がけたりマッサージやストレッチを行いましょう。

<首のシワ予防対策!気をつけたいポイント>
【保湿】
顔の保湿を心がけるのと同じく、首の保湿もしっかりと!週1回の顔のパックを習慣にしているという方は、しっとりふっくらとした首を保つためにも、首のパックも習慣にしてしまいましょう。

【UVケア】
紫外線が肌の水分を奪いコラーゲンを破壊することは、エイジングケアでは基本。肌の老化の9割は、紫外線が原因といわれるほど。特に紫外線が強くなる季節は、首やデコルテ周辺が見える洋服を着ることが多いので、UVケアには注意です。顔と同様に、首にも日焼け止めをしっかりと塗って紫外線対策をしましょう!日傘やUVケア効果のあるストールなどを使うのもおすすめです。

【枕をチェックしてみる】
首にシワができない枕のポイントは、寝た状態になった時にあごが引いた状態にならないこと。高い枕だと頭の上の方が高くなり、顎をくっと引いた状態になりますよね。寝ている間に利用している枕の高さをチェックしてみましょう。頭部が自然に沈む枕ならOK!起きている状態の時と同じ状態になる枕が理想的です。なかなか良い枕がないという方は、思い切ってオーダーメイドしてみてもいいかもしれません。

首のシワ予防対策・気をつけたいポイントにプラスしたいのが、首のストレッチやマッサージです。日頃あまり使うことがない首の筋肉を鍛え、マッサージで老廃物の排出をうながしましょう。

<首のエイジングケアに!シワ予防ストレッチ>
※鍛えづらい筋肉をこのストレッチで鍛えます
1.顎を少し前に出しながら、口を「いー」と横に広げて2~3秒キープ。その後元に戻します。
2.同じ動作を10回繰り返します。

<首のエイジングケアに!首のシワ予防マッサージ>
※マッサージクリームまたはオイルを使用しながら行いましょう。
1.鎖骨から顎にかけてのラインを、下から上に手の甲を使いながら流すようにやさしくマッサージします。
2.そのまま手の甲を使いながら、顎から耳に向かってフェイスラインを流すようにマッサージします。
3.耳の後ろから肩の方あてに向かって、軽く指で流すように滑らせます。
4.指を使って、鎖骨部分を上から下にやさしくなぞります。

<首のシワ予防に!首のリンパマッサージ>
※リンパに溜まった老廃物を流す効果があります
1.首全体に化粧水やクリームをつけて保湿をします。耳たぶの付け根近くにあるくぼみの部分を、指の腹で円を描くようにほぐします。
2.その後、耳の後ろから首の全面に向けて押し流すようにマッサージをします。

リンパをケアをすることで老廃物が流れ、首のシワ予防や改善につながります。首から背中までの筋肉はつながっているので、マッサージの際に肩の筋肉を一緒にもみほぐすのもおすすめの方法です。姿勢が良くなり血行がスムーズになりますよ。

痩せ体質作りとむくみ解消に!簡単足マッサージ

健康のためだけではなく、美容のためにも取り入れている人が多い「足つぼマッサージ」。定期的にお店に通ってマッサージを受けているという人も多いのでは?海外セレブの間でも人気だという足ツボマッサージですが、疲れやコリをほぐし血行を良くする以外に、エイジングケアに効果的でもあるのです。老廃物の排出をうながす腎臓に効くツボや、身体全体の代謝を高めるツボ、過食を防ぐツボを刺激することで、徐々に痩せ体質になることも可能なのだとか。

手にある合谷(ごうこく)や足にある足三里(あしさんり)など、よく目にするツボは知っているけれど、ほかのツボは覚えにくいイメージがありませんか?ここでは、名前を覚えることよりも実際に活用できることを優先しながら、押さえる場所とその効果を中心にご紹介します。気なる箇所を毎日押してみてくださいね。

<痩せ体質作りになる!足つぼマッサージ>
※それぞれの場所を、毎日2分ぐらいの時間をかけて、指先を使ってしっかりと押さえながらほぐすようにします。ツボ押しグッズを使ってもいいですね。

1.ダイエットに効果的な食欲抑制のツボ
両足の親指と人差し指全体と両指の付け根全体が、ダイエットに効果的な食欲抑制のツボです。
2.体脂肪燃焼のツボ
足裏内側の土踏まず付近が体脂肪燃焼のツボです。
3.ヒップアップのツボ
足のかかと全体が、ヒップアップのツボです。
4.足の引き締めのツボ
足裏のほぼ中心から土踏まず全体のあたりが、足の引き締めのツボです。

【注意点】
痛いときは無理をしないようにしましょう。食後1時間、生理中・妊娠中は避け、必ずオイルやクリームを使いましょう。なにもつけないで刺激すると、摩擦で足裏と手の指の乾燥が進んでしまうことがあります。
多くの女性の悩みとなっている、生理不順や月経不順などの婦人科系の不調。この不調は、かかとをケアすることで改善していけることを知っていますか?じつは、かかとは子宮や卵巣をかかえる骨盤の反射区なのです。そのためかかとをマッサージすることで、子宮&卵巣の機能を高めていくことができるのだそう。
【婦人科系の不調を改善するかかとマッサージ】
1.右の足裏を表に返します。左手の親指で右足のかかとの小指側から親指側へと向かって、ななめ上に押し上げるようにします。その後同様に、右足の親指側から小指側へと、ななめ上に押し上げます。これを2セット行います(マッサージしていて硬く感じた時は、多めの回数を行なってもOK)。

2.次に、左手親指を右足のかかとの真下にあてます。そこから、かかとが終わるあたりまで、小指側のへりを押し上げていきます。2セット行います。
※この外側の部分は「腰や卵巣、お尻の反射区」です。

3.最後は、左手親指を右足のかかとの真下にあてます。そこから、土踏まずの少し手前のあたりまで、親指側のへりを押し上げます。こちらも2セット行います。※この土踏まず側の部分は「子宮の筋肉の反射区」です。

運動不足や疲労、睡眠不足・冷えなどが原因になるむくみ。特に足は、1日の疲れを感じる夕方から夜、寝起きの時などにむくみを感じる部分。これからご紹介するむくみケアを取り入れ新陳代謝を活発にすることで、イヤなむくみが軽減できます。

<簡単にできる!2つのむくみケア>
その1.つま先立ちストレッチ
両膝をつけてまっすぐに立ったまま、かかとを上下させます。これを20回繰り返します。
その2.手足の親指と小指を刺激
手と足、それぞれの親指と小指を軽く指ではさみながら、軽く押したりうっすら赤くなるまでさすります。※全身の血行を促進し、むくみと冷えの解消になります。

どちらも仕事や家事の合間にできる簡単な方法です。むくみを感じたときにやってみてください。

関連記事