日焼け止めのSPFとPAって? 正しい日焼け止めの選び方と使い方

日焼け止めのSPFとPAって? 正しい日焼け止めの選び方と使い方

いよいよ紫外線が強い時期になって来ました。紫外線は、肌を黒くするだけでなく、シワやたるみの原因にも。紫外線は美肌の天敵!正しい日焼け止めの選び方と使い方をマスターして、美白美人をめざしましょう。

UVAとUVBとは?

地上に届く紫外線の95%は、UVA(紫外線A波)で、1年を通して照射されています。ガラスや雲などでは遮断が不可能なもので、肌の真皮まで届き、シミ・シワ・たるみの原因になります。紫外線に当たって、すぐに肌が黒くなる日焼けを引き起こすのが、UVAです。
UVB(紫外線B波)は、地上に届く紫外線の5%で、夏の照射が多いもの。ガラスや雲で遮断が可能です。主に肌の表面で吸収されるので、真皮まで達する事はほとんどありませんが、細胞を損傷してヒリヒリする火傷のように赤くなったり、メラニン色素が沈着して褐色になったり、シミやソバカスの原因になるものが、UVBです。
UVA、UVB共に、美肌の大敵となるものです。

日焼け止めのSPFとPAとは?

ひやけどめ
SPF(Sun Protection Factor)は、UVBをカットする力を示しているもの。20分間肌に何もつけてない状態と比べて日焼けが始まるまでの時間を何倍に伸ばせるのかの目安で、SPF1なら効果は20分、SPF30なら、20×30で約10時間紫外線から肌を守る事ができます。
PA(Protectipn Grade of UVA)は、UVAの防止効果を表すもの。強い方から++++、+++、++、+の4段階に分かれています。

TPOに合わせた日焼け止め選び

日焼け止めに含まれるUVカット成分「紫外線吸収剤」「紫外線散乱剤」は、合成化合物や鉱物由来の成分。紫外線からお肌を守るのですが、効果の高い日焼け止めは、肌への負担も大きくなります。お肌が弱い人は、SPFやPAが低い物を利用したり、TPOに合わせて使い分けるとよいでしょう。

買い物や散歩などちょっとの外出…SPF10〜20、PA+〜++
屋外での軽いスポーツやレジャー…SPF20〜40、PA++〜+++
屋外での激しいスポーツ、リゾート、マリンスポーツ…SPF40〜50、PA+++〜++++

正しい塗り方と注意点

①外出の30分ほど前に塗る
肌にしっかりと馴染んでいないと効果が十分に発揮されません。外出の30分ぐらい前には塗るようにしましょう。

②伸ばしすぎない
SPFとPAの値は、日焼け止めを1㎠あたり2㎎ずつ塗った時の値。大概の人が、これより薄くのばしており1/3〜1/2の効果しか得られていません。

③こまめに塗り直す
水や汗で取れたり、こすれると取れてしまうので、2時間ごとに塗り直しましょう。数値が高いものを選ぶより、こまめに塗り直す事が何よりも大切です。

④塗る前の保湿
崩れ防止の為にも、しっかり保湿した肌の上に塗るようにしましょう。

⑤日焼けしやすい部分は重ね塗り
鼻、頬骨、肩や、照り返しの強いあご下などは、重ね塗りしましょう。

⑥塗り忘れ注意
耳、首の後ろ、生え際、足の甲などは、塗り忘れが多くうっかり日焼けなんて事も。忘れずに塗るようにしましょう。

関連記事