眉毛の悩みを解決!整え方・書き方・ケアの方法を知って美眉になる

眉毛の悩みを解決!整え方・書き方・ケアの方法を知って美眉になる

眉毛は、その形や色で顔のイメージを変えてしまう重要なパーツ。眉毛の形や整え方、書き方など、どれがベストなのか意外と悩みますよね。顔に似合う形や整え方、書き方・アンチエイジングまで、眉毛に関するケアをご紹介します。

似合う眉毛の形は?顔のかたちでチェックしよう

1
「何度書いても左右が違ってしまう」「整え方がよくわからない」「不自然な眉毛になっていないか気になる」と、眉毛にかかわる悩みは色々。眉毛は定期的に形を整える必要があるし、苦手だからといって放っておくこともできない大事な部分。この章では、自分自身の顔の形を基準にして自分の顔に似合う眉毛を見つけていく方法をご紹介します。※直線型は、眉毛の上下のアウトラインが直線で書かれた眉。アーチ型は、 眉毛の上下のアウトラインが曲線で書かれた眉のことです。

<顔型から似合う眉毛の形をチェック!>
【丸型】似合う眉毛の形・・・アーチ型
フェイスラインがふっくらとしていて丸みのある丸型の人は、眉毛も丸みのあるアーチ型がおすすめ。上品な印象に見せたいときは眉を少し短めに、華やかな印象に見せたいときは少し長めに書きましょう。
【面長型】 似合う眉毛の形・・・短めの直線型
大人っぽい顔立ちの人が多い面長型の人は、きりっと仕上がる直線型の眉毛がぴったり。女性らしく見せたい時は、眉山を丸くするのがおすすめ。少し短めに書くことで、顔の縦のラインを和らげることができます。
【ベース型】似合う眉毛の形・・・長めで眉山が丸い直線型
フェイスラインの骨格がはっきりしているベース型の人は、直線型の眉がおすすめ。ただし、眉山には角度をつけないようにするのがポイント。角度をつけるとフェイスラインの骨格を強調してしまいます。眉山は丸くやわらかく仕上げましょう。少し長めに書くことで小顔効果を得ることができます。
【逆三角型】似合う眉の形・・・ 平行気味、または眉山が丸い直線型
フェイスラインがすっきりしている逆三角型の人は、 直線型の眉がおすすめ。眉毛に角度をつけてしまうとあごが強調されてしまうので、角度をつけないように気をつけながら、眉山だけを丸くしてやわらかく仕上げましょう。
【卵型】似合う眉の形・・・ どのような形でもOK
比較的どのような眉毛の形でも似合う卵型の人。ほかのタイプの人からみればうらやましい限りです。自分のイメージに合わせて色々な形に挑戦してみてください。

基本となる形を大事にしながらも、少し手を加えてウィークポイントをカバーする。顔の形から導き出す眉毛の形をご紹介しました。形が決まったら眉毛の太さにも気をつけましょう。きれいな目元をつくるのには、目と眉毛のバランスも大事です。眉毛の太さは、アイメイクや目の印象を参考に決めていきましょう。

<目が大きくてパッチリとしている人、アイメイクをしっかりめにしている人>
ある程度眉に太さをもたせてあげるのが大切。眉を細く仕上げると目だけが強調されて不自然な印象が残ります。眉毛の太さを決めるコツは、目の縦の幅の半分から2/3程度を目安にすること。この太さにすると、目とのバランスがとりやすくなります。

<切れ長の目元の人>
眉をあまり太く書きすぎないのがポイント。太眉にしてしまうと、目元よりも眉だけ目立ち、眉の印象が強くなりすぎてバランスが崩れてしまいます。

自分に似合う眉毛の形と太さの探し方をご紹介しました。参考にしてみてください。

知っておきたい正しい眉毛の整え方!

2
自分に似合う理想の眉毛を手に入れるために必須となるのが、眉毛の整え方。眉毛ってカットして整えても、意外と伸びるのが早くて上手な整え方がわからない、と悩んでいる人がいるかもしれません。基本となる眉毛の整え方を今一度おさらいしてみましょう!

〈美眉になれる眉毛の整え方〉
眉毛が伸びるスピードには個人差がありますが、1ヶ月に1〜2回ぐらいのペースでカットするのがおすすめです。

【用意するもの】
眉カットばさみ・アイブロウブラシ・アイブロウペンシル

【眉毛の整え方とカットの方法】
1. アイブロブラシまたはスクリューブラシで、眉毛の流れを整えます。眉頭から眉尻に向けてゆっくりていねいに、弧を描くつもりで眉毛をとかしていきます。
2. アイブロウペンシルで、整えたい形の理想の眉を書きます。
3. まぶたや眉のまわりのむだ毛を、眉カットばさみやシェーバーで整えます。
4. アイブロウブラシを斜め上からあててキープします。
5. ブラシからはみ出た毛を、眉カットばさみで少しずつカットしていきます。
6. 次にブラシを斜め下から上に向かってとかし上げた状態でキープ。そのまま上にはみ出た毛をカットして完了です。

眉毛をカットする時のポイントは、左右の眉毛のバランスがしっかりと見える状態で行うこと。テーブルの上に鏡を置き、ひじをテーブルに置いて固定しながらカットするのはおすすめのやり方。こうするとうっかりずれることがないのできれいに仕上がります。

眉毛をカットして整えたら次は書き方に入りますが、その前に気になる年相応の眉毛について考えてみましょう。アラサー・アラフォーになると、肌の状態も変化するし眉毛も微妙に変わってきます。年相応な眉毛を作りつつエイジレスでいられたら良いですよね!

〈20代と30代の眉毛の違いって?〉

【20代の眉毛の特徴】
・眉頭に比べて眉尻の位置が高いことが多い
・眉頭から眉山にかけてのラインがはっきりと上がっている

【30代の眉毛の特徴】
・眉頭に比べて眉尻の位置が低いことが多い
・眉頭から眉山にかけてのラインが直線的

肌の変化と同じく眉毛もこんなに違うものなのですね。このことをふまえて、アラサー・アラフォーの女性にぴったりな眉毛の作り方のポイントをご紹介します。

〈アラサー・アラフォーの眉の作り方〉
【眉山をやや高めに作る】
自分の眉山を指でそっと持ち上げてみてください。そうすることで、顔全体の表情が普段より若々しく見えると感じたら、眉毛全体が下がり始めているかもしれません。今までの眉山の位置より少し上に作ることでカバーします。

【眉尻を眉頭より下げない】
眉尻の位置をチェックしてみてください。眉尻の位置は眉頭よりも高い位置にありますか?アラサー・アラフォーになると、目尻が下がり始めたり頬が下がり気味になったりして、顔に下向きのラインが増えてきます。 眉毛のラインまでが下がった状態になると、顔全体がたるんで見えてしまうという結果に!少し眉尻を上げることで、顔の中に上向きのラインを作ってカバーします。

【眉頭をグラデーションにして自然な眉に】
加齢に伴って薄くなりがちな眉頭が始まる部分。けれども、この部分を濃いめに書いてしまうと、不自然できつい印象になってしまいます。自然な眉毛を作りたい時は、眉頭の始まる位置の少し先から書きはじめます。仕上げに眉毛の方向とは逆向きに、アイブロウブラシでぼかし自然なグラデーションを作るのがおすすめのやり方です。

落ち着いた表情を作り出してくれるアラサー・アラフォーの眉毛。ぜひ試してみてください!

ナチュラルな眉毛の書き方が知りたい!

3
きれいな眉毛を書くのは意外とハードルが高く感じませんか。理想の眉毛を書くポイントってあるのでしょうか?眉毛を書く時に気をつけたいのが左右対称にすること。眉毛を左右対称にバランス良く仕上げるには、両方の眉毛の流れを整えた後、苦手なほうの眉から書いていきます。その後に、先に書いた眉毛の形に近づけるようにしてもう片方を書きます。もとの眉毛が右と左で極端に違うという人は、どちらかを先に完成させるのではなく、交互に少しづつ書く方法もおすすめです。

服やヘアスタイルと同じように眉にもトレンドがあります。今は太めのナチュラルな眉がおしゃれがおしゃれといわれていますが、ただ太くするのではなく、ナチュラルでアラサー・アラフォーの顔立ちに映える書き方をしたいもの。ナチュラルな太眉の書き方、基本の手順をご紹介します。

〈使用するもの〉
・眉ブラシ(できればスクリュータイプ)
・「淡色・中濃・濃いめ」の3色グラデーションがそろったパウダーアイブロウ
・リキッドアイブロウ
・透明マスカラ

〈眉毛の書き方の基本〉
1.眉ブラシ を使って眉頭は上向き、眉尻は毛の流れに自然に沿うようにとかします。
2.眉下を書いていきます。パウダーアイブロウ の「中濃」と「濃いめ」をミックスします。それを眉中央部分の下から始まるようにして、眉下が直線になるよう眉尻に向けて真横に書いていきます。
3.眉尻の毛の少ない部分を「濃いめ」のパウダーアイブロウ で、増量するように埋めていきます。ふわっと入れるのがポイント。
4.眉毛の流れに逆らうように、眉尻から中央に「中濃」のパウダーアイブロウを入れていきます。毛を起こすようにするとやさしい印象になります。
5.眉頭の先端を「淡色」の パウダーアイブロウで縦塗りします。次に眉頭の上のラインに沿ってストレートに書き進め、最後に中央から眉山をつなげて書きます。眉山が強調されないようにするのがポイントです。
6.眉尻の毛の量が極端に少ない人は、リキッドアイブロウで細かい線を書き足します。
7.透明マスカラを毛の流れに沿って整えながらつけ、形をキープできるようにします。これで完成。

リキッドアイブロウで眉毛の毛を増量するように書いたり、透明マスカラできれいな形を作ってキープするのがポイントです。

アイブロウには、パウダータイプやリキッドタイプ、ペンシルタイプなどがありますが、それぞれを使いこなす時に気をつけたいことがあります。

〈アイブロウ・タイプ別使い方のコツ〉
【パウダータイプ】
全体的な眉毛の色や形を作るのにおすすめ。特に眉頭は、このパウダータイプで書くのがおすすめですが、つけすぎには注意!トントンと余分な粉を落とした後、眉毛の中心から眉頭にかけてぼかしながらつけるのがポイント。

【リキッドタイプ】
リキッドタイプは、先端が細く色がはっきりと出るので使いやすく感じます。けれども、使い方をあやまると色が濃くなりすぎることも。リキッドタイプは、主に眉尻を書く時に使うのがおすすめ。眉頭や眉毛の輪郭を書くのはあまりおすすめできません。

【ペンシルタイプ】
細かい部分の輪郭の修正や、眉尻の調整に便利なのがペンシルタイプ。パウダータイプでは補えない細部までアプローチできるので、眉の輪郭を描く最後の調整の時に使ってみてください。

それぞれのタイプの特徴をいかして、理想の眉毛を書いていきましょう。

眉毛からアンチエイジング!育毛&ケアで若返る

4
加齢の影響で、筋肉や肌の衰えが目立つ目元周辺。まぶたや目が下ることは見た目年齢をあげてしまう大きな原因です。見た目年齢を左右する眉毛だからこそ、眉毛の手入れ&エイジングケアはきちんとしていきたい。アラサー・アラフォーの眉毛ケアは、どんなところに気をつければいいのでしょう?

眉毛ケアで最初に注意したいのは、眉毛周辺の不要な毛を処理する際に毛抜きを使わないこと!目の周辺の皮膚は、ほとんど肉がついておらず皮膚組織も伸びやすいという性質を持っています。毛を引っ張ると同時に皮膚も一緒に引っ張って、プチンと毛を抜いて刺激を与えるのは、肌への大きな負担。これを1ヶ月に1~2回の眉毛の手入れのたびにやっているとしたら…。アンチエイジングとは真逆の効果を生んでしまうかもしれません。眉カットばさみやシェーバーを使ってください。

眉毛は、笑ったりはっきりと声を出して話したりする時、顔の表情に伴ってよく動く場所。そのため疲れや老化も目立ちやすいといえます。眉の筋肉を鍛えるエクササイズを習慣にして、疲れと老化知らずの眉毛を作りましょう。

【眉毛のエクササイズ・その1】
1.両手の中指を眉毛と目の間におきます(右の指は右側の眉毛と目の間に、左は左側の眉毛と目の間に)。
2.中指をゆっくりとやさしく斜め上へと押し上げるようにして、眉毛に圧力をかけ5秒間キープします。
3.眉毛の部分の筋肉でぐっと押さえた中指を押し戻すようにイメージし、5秒間力を入れた状態をキープします。この時目は開けたままにしてください。
4.これを10回繰り返します。

【眉毛のエクササイズ・その2】
1.両手のひらを、眉毛と目のまわりにあてます(手のひらの下が頬骨にあたるくらいの位置)。
2.手のひらを顔につけたまま時計回りに10回まわします。その後、反時計回りに10回まわします。皮膚をこすらないように、やさしく押さえるようにしながらまわしてください。
※このエクササイズは、疲れ目にも有効です。

一時期当たり前だった細い眉毛から太い眉が主流になって、アラサー・アラフォーの眉毛もナチュラルでやさしい雰囲気を作ることが多くなりました。以前の習慣で毛抜きで抜いてしまったことがあるけれど、その後眉毛が生えてこないとか、もとから眉毛が薄かったという悩みを持つ人もいるかもしれません。
そんな人は、市販の眉毛育毛剤を使ってみてもいいかもしれません。育毛剤と聞くと男性が髪の悩みを持った場合に使うものというイメージがありますが、女性のための眉毛専用の育毛剤も発売されています。

特に薄くて悩んでいるわけではないけれど、眉毛のケアをしたいという人には、眉毛専用の美容液がおすすめ。

発毛や育毛にかかわる栄養素には、亜鉛とビタミンB群などがあります。亜鉛は牡蠣やレバーに多く含まれています。この亜鉛が不足すると脱毛の原因になるともいわれているので、積極的に摂りたい栄養素。ほかには、ビタミンB群を含む食品が不足すると脱毛の原因になることがあるといわれています。ビタミンB1は、玄米ご飯や豚肉などに含まれます。ビタミンB2は、納豆や牛乳、ほうれんそうなど、ビタミン12は、しじみや牛肉レバーなどに含まれています。髪の発育・脱毛予防に良いといわれる食品を摂ることもエイジングケアのひとつですね。
関連キーワード

関連記事