もうメイク崩れに悩まない!崩れ防止とお直しポイント

もうメイク崩れに悩まない!崩れ防止とお直しポイント

汗をかいたり忙しくしているとメイクが崩れる…。なんとか防止したいと工夫してみても、梅雨や夏の時期などはどうすればいいのかと思うほど。目の水分や汗などの影響もあるのかなあと悩みますよね。お化粧崩れ防止のコツとお直しの方法をご紹介します。

汗や脂に負けない!メイク崩れの防止に大切なこと

毎朝きちんとメイクしていても、お昼ごろになると脂っぽく感じたり夕方にはメイク崩れを起こしてしまう。メイク崩れは見た目も気になる上に、自分自身も不快に感じます。そもそもメイク崩れの原因ってなんなのでしょうか?

〈メイク崩れの原因〉
【汗や皮脂】
メイクが崩れる最大の元となるのが「皮脂」。特にベースメイク用品には、油分が多く含まれているものが多く、その油分が皮膚から排出される皮脂と混ざりあうことでメイクが崩れがち。

【皮脂の取り過ぎ】
夏など暑くなる時期は、ほかの季節に比べてメイク崩れが気になります。そのため皮脂を抑えたくなりますが、皮脂の取りすぎがNGになっている場合も。肌が皮脂の取り過ぎを水分不足だと感じてしまい、逆に皮脂の分泌が過剰になってしまうのです。

【乾燥】
肌が乾燥している状態は、メイクをしても肌への吸着力が低下しているので、メイク崩れが起こりやすくなります。乾燥が進みすぎると、肌のバランスが崩れて皮脂の分泌が過剰になり、それがメイク崩れの原因となることも。

【洗顔】
Tゾーンや小鼻などの皮脂が気になるからと、ゴシゴシ洗いすぎるのはNG。肌のうるおいに必要な皮脂を落としすぎてしまいます。

肌は乾燥を感じると、皮脂を分泌して補おうとする性質を持っています。そのため、スキンケアの段階で脂分を取り除こうとしすぎたり洗いすぎたりすることが、逆に余分な皮脂の分泌を促してしまうことがあるのです。

メイクしたばかりの状態をそのまま保つことは難しくても、できるだけメイク崩れが起きないようにする方法ってあるのでしょうか?お化粧の前にできるメイク崩れを予防するスキンケアのコツをご紹介します。

〈メイク崩れを防止するスキンケアのポイント〉
【洗顔】
洗顔する時に使うお湯は、30~35度くらいの少しぬるいかなと感じるぐらいのお湯を使うこと。夏など暑い時期はつい水で洗顔したくなりますが、冷たいと毛穴が閉じてしまうため汚れが落ちにくくなります。毛穴が閉じると、洗顔後のスキンケアの浸透も悪くなるのでぬるま湯がおすすめ。
洗顔料はしっかりと泡だて、泡を肌に押し付けるようにして洗います。この時に肌をこするのは、乾燥のもとになってしまうのでNG。しっかりと洗い流して終了です。季節によって寝起きの肌が極度に乾燥していると感じる日は、洗顔料を使わずにぬるま湯でやさしく洗っても良いかもしれません。

【保湿】
冬の暖房や外気、夏の冷房が効いた室内など、1年を通して肌は乾燥しがちな環境にあります。メイク崩れを防ぐには、肌のうるおいバランスを整えるのがコツ。季節を問わず洗顔後の化粧水や乳液でのスキンケアは必須ですが、暑い時期は収れん化粧水をパッティングしながらつける。寒い時期は手のひらで頬などを押さえてフィックスさせるようにしてつけるなど、季節や肌の状態に応じて変えてみるのは効果的です。

【オイルクレンジングに注意】
脂性肌でメイク崩れが激しいという人は、クレンジングにオイルクレンジングを使用するのは、逆に肌の脂分を増やしてしまう場合があります。これは、オイルクレンジングの洗浄力が強すぎるから。脂性肌のメイク落としは、泡で洗うタイプやクリームクレンジングがおすすめです。

梅雨~夏!汗をかきやすい季節のメイク崩れの原因を防ぐ

梅雨から夏の時期は、雨や汗などが原因となるメイク崩れの悩みが増える季節。普通に過ごすだけでも大変な時期、メイク崩れが起こると不快で困りますよね?メイク崩れを予防するスキンケアや崩れにくいメイクの方法をご紹介します。

〈崩れにくいメイクを作るスキンケア〉
【保湿はお肌がひんやりするまで】
雨が続く梅雨の時期は、湿気が多く肌がべたついているような状態になります。そのため自然に肌がうるおっているような気がしますが、雨が多い季節でも、肌の内側は乾燥している可能性があります。この時期は、さらっとした化粧水や収れん性のある化粧水を使って、肌が冷たくなるまでパッティングしながら保湿するのがおすすめ。肌にのせるとゼリー状になってひんやりする、収れん効果のあるエッセンスを使うのも良いですね。

【乳液もしっかりと】
べたつくのがイヤで、梅雨から夏の時期は乳液を使わないで済ませていませんか?せっかくつけた化粧水の水分が蒸発しないように、乳液でフタをするのは大切なポイント。肌のうるおいを保つことは、過剰な皮脂の分泌を防止する役目があるのでしっかりスキンケアしましょう。べたつきを感じる時は、メイクの前に余分な皮脂を軽くティッシュオフしておくと良いですよ。

梅雨から夏の時期も、きちんとしたスキンケアでの保湿が必要なことがわかりました。1年中で最もメイクが崩れやすい季節に効果がある崩れにくいメイクの方法ってあるのでしょうか?

〈崩れにくいメイクのポイント〉
【とにかく薄くつける】
メイク崩れを予防したり顔の欠点を隠そうとファンデーションの厚塗りをしていませんか?梅雨から夏の時期は、メイクは全体的に「薄く」が基本!気になるシミなど気になる箇所は、コンシーラーなどを上手に使ってカバーしましょう。

【パウダーではなくリキッドかクリームタイプで】
雨や湿気のことを考えると、ファンデーションはパウダータイプがいいのではとイメージしがち。パウダータイプは、マットでさらっとした肌を作ってくれますが粒子が細かい分毛穴に詰まる確率が高くなるのだとか。
梅雨から夏の時期にかけては、ファンデーションはやめてBBやCCクリームを活用するのもひとつの方法。商品によりますが、多くは乳液や日焼け止め、下地とファンデーション機能を備えているので、肌に重ねるものが少なくなり厚塗りが予防できます。

【覚えておきたいパウダー使い】
湿気と汗でベタつきがちな季節のパウダー使いには、ちょっとしたコツがあります。仕上げとしてパウダーを使う場合は、額や小鼻まわりの汗をかきやすい部分のみに押さえるようにしてつけること。こうすることで、水分を吸ったパウダーがよれの原因になることを防げます。

【パウダーファンデーションを使う場合は】
リキッドかクリームタイプが良いのはわかるけれど、パウダーファンデーションを使いたい場合は?コントロールカラーやコンシーラーを上手に使って、ファンデーションを極力薄く塗るように工夫しましょう。顔の中心から外側に向かって押さえながら塗るようにすると、スポンジが余分な皮脂を吸収してくれるので仕上がりがきれいになります。

よれたら即お直し!メイク崩れはこの直し方で乗り切る

仕事や外出中などのメイク崩れ。朝完璧にメイクして出かけたのに、皮脂が浮き出たり汗をかいたりでよれたり落ちたりしてしまうことがあります。くすみやテカリ、にじみや汚れなどのメイク崩れは目立ちます。そんなメイク崩れに気づいた時、どんなやり方で直すのが良いのでしょう?ポイント別メイク直しの方法をご紹介します。

【Tゾーンのテカリ】
おでこや鼻がギラついていると顔全体がテカっているような印象になりがち。Tゾーンのテカリは、テッシュでオフしたあと軽くパウダーをのせて肌を整えればOK。おでこや眉間、鼻とその周辺がきれいだと、全体がすっきりとした印象になります。

【ファンデーションがよれてしまった】
よれた部分にファンデショーンを重ねると、厚塗りになってしまうので塗り足しはNG!きれいなスポンジをよれた部分にあてながら、なでるようにならしていきます。その後、ファンデーションを薄く重ねれば美肌が復活します。

【ファンデーションがドロドロに崩れてしまった時は?】
崩れた部分をマッサージする要領で乳液をなじませた後、コットンでオフ。乳液には、水分と油分が配合されています。そのままファンデーションの塗り直しが可能です。

【ほうれい線が目立つ時は?】
ほうれい線が目立ってきたら、パウダータイプのハイライトを使って影を消します。ほうれい線のラインにブラシをあてながらハイライトをふわっとのせます。この方法なら自然な仕上がりになり悪目立ちしません。

【崩れにくいマスカラの使い方は?】
崩れにくいアイメイクには、ウォータープルーフタイプのマスカラが良いというイメージがあります。海やプールには、ウォータープルーフはおすすめなのですが、普段使いには油分に強いという特徴があるフィルムタイプのマスカラの方がおすすめ!汗や皮脂の分泌が多くなる夏にも良いですよ。

【眉毛のメイク崩れ防止のやり方は?】
眉毛の崩れ防止におすすめなのは、アイブローコート。眉毛のメイクの仕上げに塗ると1日中きれいな見た目をキープできます。プチプラのものでもOK。

【眉メイクが落ちちゃった時は?】
眉はきちんと書いて仕上げていても皮脂の影響で落ちやすい部分。もしも眉メイクが落ちたり崩れたりした場合は、逆毛を立てるようにしてパウダーを重ねて余分な油分を抑えます。その上から眉メイクをすれば落ちにくくなります。

【夕方のメイク直しのポイントは?】
夕方や夜に人と会う約束がある日は、メイクもきれいにリセットした状態で会いたいもの。とはいえ最初からやり直すのは大変。そんな時には、乳液とコットンでお直しを!乳液をふくませたコットンで、崩れの気になる箇所を中心にささっとメイクを落としていきます。しっかりと拭き取るのではなく、よれたり皮脂が浮いた部分を取り去る要領です。その後、メイクをすればノリもよくきれいにリセットできます。メイク落としシートでなく乳液を使うことで、少し疲れ気味の肌にうるおいを与えながらメイク直しができるのです。

メイク崩れのお直しの方法をご紹介しました。外出や仕事に出かけるときは、ポイントメイク用品と一緒に、綿棒・きれいなスポンジ・詰め替えた乳液をポーチに入れておくのがおすすめです!

アイメイク崩れはいや!パンダ目防止のコツとは?

朝きれいにメイクをしたはずなのに、いつの間にかアイメイクが崩れてパンダ目になっていた!そんな時は、自分で見ても軽いショックを受けてしまいます。アイメイクが崩れるのは、瞬きをするたびに瞳の水分や目のまわりの皮脂が混ざり、少しずつ落ちていくのが原因。アイメイクが濃かったり涙目だったりするからパンダ目になるのではなく、時間と水分・皮脂が関係しているのです。

アイメイクが崩れるのを防止したくて、ウォータープルーフのマスカラやアイラインを使っている人も多いでしょう。じつはウォータープルーフタイプは水にはとても強いのですが、油分には弱いという特質を持っています。目の周辺はもともと皮脂腺が多くファンデーションなどに含まれる油分にも触れやすいので、ウォータープルーフでもメイク崩れを起こしてしまうのです。

アイメイクの崩れは、お化粧をしている限りある程度は仕方がないともいえます。メイクしたばかりのフレッシュな状態をそのままキープするのは難しいですが、せめてパンダ目だけは予防したいですよね。時間がたってもパンダ目にならないアイメイクのコツってあるのでしょうか?

〈パンダ目にならないアイメイクのコツ〉
【油分をティッシュオフ】
アラサー・アラフォーの女性は保湿を大切にしている人が多いと思います。スキンケアに美容クリームなど油分を多く含むものを使っている場合もあるでしょう。その場合は、メイクの前にティッシュオフをして余分な油分を取り除いておくのがポイントです。

【ファンデーション】
ファンデーションをつける時は、目のまわりを心持ち薄めにつけるのがポイント。特にリキッドやクリームタイプを使っている人は、薄めにしてアイメイクに触れにくいようにするのがコツです。

【アイメイクの前にルースパウダー】
ベースメイクを済ませたら、アイメイクにかかる前に、にじみやすい下まつ毛のキワのあたりまでルースパウダーをつけておきます。こうすることで皮膚からの過剰な皮脂を防ぎファンデーションの油分とアイメイクが触れるのを予防できます。ルースパウダーはパフなどは使用せず、柔らかめの綿棒や折りたたんだティッュなどでていねいにのせるのがコツ。

【アイラインとマスカラ】
アイラインはリキッドを使用し、ラインをひいたあとにパウダーのシャドウをのせると崩れにくくなります。シャドウをあまり使わないという人は、ルースパウダーで押さえてもOK。マスカラは、先にまつ毛をしっかりとビューラーで上げた状態にしてからつけると崩れにくくなります。

ベースメイクやアイメイクに気をつけていても、暑い日の屋外に長時間いて汗をかいてしまったなど、予期せぬパンダ目が起きた時はどんな風にお直しすればいのでしょう?アイラインやマスカラのにじみって修正しづらいですよね。

【パンダ目の修正方法】
パンダ目の修正には、リキッドコンシーラーの油分を利用します。アイメイクがにじんだ部分にリキッドコンシーラーをのせ、綿棒を使ってぬぐい取ります。その後、少量のコンシーラーをのせてリタッチすればOKです。

外出先でリキッドコンシーラーが手元にないという場合は?「リップクリーム」を使いましょう。リップクリームには、油分が含まれているため崩れたアイメイクをオフするのにぴったり!綿棒の先に少しつけてくるくると撫でるようにしてていねいに落としましょう。どんな工夫をしてもアイメイクが崩れがちという人は、ポイントメイク落としを使うのもおすすめ。ペンシルタイプのものが発売されているので、外出先でもささっと使えますよ。
関連キーワード

関連記事