今度こそ本気で痩せる!ほっそりすらっと見違える方法とは?

今度こそ本気で痩せる!ほっそりすらっと見違える方法とは?

本気でダイエットしたい!そんな女子の切実な願いにこたえるべく、エクササイズの方法はもちろん、入浴の仕方から、食事の摂り方、洋服選びの工夫まで!“痩せる”という目的に特化した方法を取り上げてご紹介いたします。

痩せるための入浴方法

1
入浴には、リンパや血液の循環を促したり、疲れた体や頭をリラックスさせ、快眠へと誘ったりなどの効果があると言われています。その結果、酸素や栄養が体全体に行き渡るので、美肌になるうえ、さらに痩せやすい体質をつくってくれるのです。その理由は、入浴によって血液の温度が上がり、カロリーを消費しやすい体質になるからにほかなりません。

そんな入浴による痩せる効果をグンとアップしてくれるのが入浴剤です。とくにおすすめなのが、パワフル炭酸系の入浴剤です。炭酸系とは、炭酸ガスを発生させる入浴剤のことで、お湯のなかの炭酸ガスが血管に入りこみ、血管を広げる効果が期待できます。その結果、血流がさらにスムーズになり、さらに温浴効果を高めてくれるというわけなのです。手先や足先など、温めにくい体の末端にまで血流が届くため、冷え対策にももってこいです。ちなみに炭酸は蒸発してしまいますから、炭酸系の入浴剤が最大限に効果を発揮するのは、入浴剤がお湯に溶けた直後です!ぜひそのタイミングを逃さないように注意してください。

次に試していただきたいのが、全身浴です。このところ、半身浴がなにかと話題ですが、痩せる効果を期待するなら、全身浴がおすすめです。というのも、半身浴に比べて全身浴は体にかかる水圧が強く、それだけ血流を促す効果も高まります。しかも大きな浮力も生じますから、ふわふわとして、リラックス効果も上がると言われています。

注意したい点は、お湯の温度をあまり熱くし過ぎないこと。“熱い”と感じるようでは、かえって血管が縮まってしまいます。個人差もありますが、40度前後の心地よく感じられる程度の温度に設定してください。なお、目安となる時間は20分くらいです。

痩せる効果を最大限に高めるなら、バスタブのなかで簡単なエクササイズを行うとよいでしょう。入浴中は脂肪を燃焼しやすい体質になっているので、このときに運動すれば、カロリーを効果的に消費できます。おすすめなのが、「30秒ドローイン」と呼ばれるエクササイズです。大きな動きが必要ないので、ユニットバスなど狭めのバスタブの中でも無理なく実践できます。

まず、大きく深呼吸して、お腹を膨らませます。その後、息をゆっくりと吐きながら、腹筋に力を入れて凹ませます。完全に凹んだ状態を30秒維持してください。慣れないうちは、ちょっと大変かもしれませんが、その効果は絶大!ぜひ続けてみてくださいね。

簡単!痩せる!ボディメイクで姿勢も矯正

2
なかなか忙しくて毎日運動する時間をとれない、という方も多いと思います。そんな方でも、例えば、通勤時間にちょっと姿勢のことを意識するだけで、体に変化があらわれるものです。

体のクセとして最も多いものの一つが、腕を組むクセです。体幹とりわけ腹筋が弱い方ほど、腕を組むクセをもっているようです。腕を組むと、前方に重心がかかり、背中が丸くなります。その結果、肩こりや頭痛などといった症状の原因にもなります。腕を組みたいなと思っても腕組みをせずに、腹筋の力で体のバランスをとるようにしてみてください。

また、座ると脚が開いてしまうクセがある人も多いようです。原因は、内ももの筋肉が鍛えられていないこと。外ももの筋肉は発達している一方、内側を使っていないと、筋肉のバランスが崩れ、脚が開きがちになり、太く見えてしまうのです。ですから、両脚が開きがちな方は、座るときに、意識的に脚を閉じるようにしてみてください。自ずと下腹に力を入れることになるため、O脚だけでなく、お腹をぺたんこにしてくれる効果が期待できます。

直立する際、左右いずれかに重心がかかるクセがある人も少なくありません。骨盤の歪みが原因ですが、この状態を続けているとさらに悪化してしまいます。思い当たる方は、電車のなかで、中心に重心をおいて、できるだけまっすぐ立つようにしてみてください。お尻やお腹の筋肉に力を入れると痩せるのに効果的です。

こうして毎日電車のなかで実践できるボディメイクを実践してみませんか?続けるうち、美しくあることへの関心が高まり、自ずとダイエットへの意識も高まっていくはずです。

また、ダイエットを成功させるには、忙しい毎日の中にどうやってエクササイズの時間を確保し、習慣づけていくかが大切です。ついつい怠けてしまうという方なら、例えば、決まった曜日にスマホのアラームをかけておいてはいかがでしょうか?しかも、それを聞くと奮起するような言葉をプリセットしておけば、甘えた気持ちに打ち勝てるはずです。

というのも、疲れているときほど、軽いエクササイズは体によい影響を与えてくれます。例えば、デスクワークが続き、同じ姿勢で座り続けていると、筋肉が硬直し、血行がいちじるしく悪化。老廃物が排出されずに体内に蓄積され、肩こりなどの原因となってしまいます。適度に体を動かすことで血行を促し、疲労物質を取り除くことで、体によい効果が期待できるだけでなく、仕事効率も高まるはずです。

ですから、疲れた、と思っているときにこそあえてエクササイズを実施してみてください。きっとその効果を体感できるはずです。ただし、適切な運動量は人によってさまざまです。大切なのは、無理なく行うこと。あくまで血行の改善と疲労回復にフォーカスして実践してみてください。

目指せ!筋トレで痩せるだけでなく腹筋女子へ

3
キュッと締まりのある腹筋、きちんとくびれたウエストに憧れをいだく女子も多いのではないでしょうか。鍛えられた腹筋は、見た目が美しいだけでなく、体の基礎代謝がアップすることで、脂肪燃焼効果が高まり、痩せる体質になることができます。また、内臓の活動が促されることで、ポッコリお腹の解消にも効果が期待できます。そんないいことだらけの腹筋女子になるため、腹筋の中でもとりわけ体の奥のほうにあるインナーマッスルを鍛えることができる、おすすめのエクササイズ方法についてご紹介します。

はじめに取り上げるのは、クランチです。まず、床に仰向けに寝転んでください。腕を胸の前に交差させるように置きます。次に、ふくらはぎと床とが平行であるような状態を維持しながら、ゆっくりと持ち上げてください。膝の角度が90度になるまで持ち上げます。そのまま、息をゆっくりと吐きながら、おへそを見ようとするつもりで、頭と肩を床から持ち上げてください。すべての息を吐き切ったところで、こんどは息をゆっくりと吸いながら起こした上半身をもとに戻します。ただし、頭と肩は完全には床につけずに、ぎりぎりのところでキープしてください。以上の流れを10回繰り返します。これを一日3セット行ってください。

次にご紹介するのが、フロントブリッジと呼ばれるエクササイズです。はじめに、床に肘をついてうつ伏せの姿勢になってください。肘の位置は、肩の真下に来るのが理想的です。続いて、お腹とお尻の筋肉に力入れて、体全体を持ち上げます。この時、頭から脚先まで、まっすぐ一本の棒のような姿勢を心がけてください。この状態を10秒維持しますが、常に腹筋に力が入っていることを意識してください。これを一日、3セットから5セット行います。

最後にご紹介するのは、ツイストというエクササイズです。まず、仰向けの姿勢で横になります。腕をまっすぐ天に向かって伸ばしてください。次に、ふくらはぎと床とが平行の状態を維持しながら、ゆっくりと持ち上げてください。クランチと同じく、膝の角度が90度になるまで持ち上げます。
続けて、息をゆっくり吐きながら、両膝をくっつけたまま、両脚を右側に倒します。腕は脚を倒す方法とは反対側、つまり左側へと倒して、お腹がねじれるような姿勢を作ります。ひねられるところまでひねったら、今度は体を反対側にゆっくりとねじります。この左右のひねりを10回繰り返してください。やはり常に腹筋に気持ちを集めるのがポイントです。

食べ物の摂り方次第で痩せる!

4
痩せるためには、エクササイズとあわせて、適度な食事制限も効果的です。まずは、脂肪を燃焼してくれる、夢のようなメニュー「脂肪燃焼スープ」を使ったダイエット方法についてご紹介します。

脂肪燃焼スープダイエットとは、野菜をたくさん使ったスープを中心の食生活を送るダイエット方法のこと。体脂肪を減らす効果が高いと言われています。

脂肪燃焼スープの作り方はとっても簡単。以下の材料を細かく切って煮込むだけ。用意するものは以下のとおりです。大きめの玉ねぎ3、セロリ1、キャベツ半玉、大きめトマト3、にんじん1、ピーマン1、水2リットル、固形コンソメ1、生姜1かけ。

脂肪燃焼スープダイエットでは、以下のように一週間の献立が決められています。

DAY1:スープと果物のみ
スープ以外に果物を食べます(バナナはNG)。水分は水がジュース(果汁100パーセント)のみ。水でもOKです。

DAY2:スープと野菜のみ
スープ以外に野菜(豆とコーンはNG)を食べます。また、野菜の調理に油を使うのはNG。夕食では、ベイクドポテトを食べても可(ただし油は少なめに)。

DAY3:スープと果物と野菜
果物と野菜を好きなだけ食べられます。ただし、ベイクドボテトはNGです。

DAY4:スープとバナナ、スキムミルクのみ
バナナを3本食べることができます。また、スキムミルクを500ml飲むことができます。お水を多めに飲むようこころがけます。

DAY5:スープと肉とトマトのみ
350gから700gほどの赤身牛肉もしくは鶏肉、煮魚を食べます。トマトを食べる(最大で6個)。スープは少なくとも一杯は飲みます。コップに6から8杯の水を飲みます(蓄積した尿酸を排泄するため)。

DAY6:スープと牛肉と野菜のみ
牛肉を好きなだけ食べます。油でステーキを焼いてもOKです。野菜を好きなだけ食べます(ポテトはNG)。スープは少なくとも一杯は飲みます。

DAY7:玄米と野菜と果物のジュースのみ
玄米、野菜、ジュース(果汁100パーセント)を摂ります。スープは少なくとも一杯は飲みます。

この脂肪燃焼スープダイエット、なんと1週間で8kgも痩せたという人もいるのだとか。気になる方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

この脂肪燃焼スープだとちょっとキツそう、という方におすすめなのが、キャベツダイエットです。キャベツは100gあたり、23キロカロリー。これは白米のおよそ5分の1の値です。しかも食物繊維が多く含まれていますから、しっかり咀嚼することで、満腹中枢を刺激。食欲が抑えられ、便秘解消にも効果があります。ご飯の代用品にキャベツを食べるなどすれば、ストレスの少ない、食事制限が可能です。

着痩せるためのファッションコーデを伝授

5
ここまでエクササイズや食事制限によって痩せる方法について取りあげてきましたが、最後にご紹介するのが、洋服選びによって痩せる方法です。

まずおすすめなのが、ボディラインが出やすい服をあえて着る方法です。ゆったりした洋服を着ていると、どうしても気が弛みがちですが、体にフィットした洋服なら、お腹を引っ込めようとしたり、背筋を伸ばそうとしたり、そして食事量もコントロールしようとしたりすることになります。

体型に自信がないときほど、体型をカバーしてくれるような洋服を選んでしまいがちですが、体型をごまかそうという発想が起きること自体が、痩せるほうへとベクトルが向いていないことの証拠です。体型をごまかすことをやめて、本気で理想の体型を目指すのであれば、ぜひ気が引き締るような洋服を選んでみてください。きっと意識の変化がおこるはずです。

また、今すぐ痩せてみせたい、というときにも洋服は力になってくれます。着痩せして見せるなら、やっぱり黒などダークカラーを使ったコーデがおすすめです。とくに、コンプレックスを感じている部分に使うと効果的です。また、縦に縦めのラインが入ったストライプのものを取り入れるのもおすすめ。目の錯覚を引き起こし、体型を縦長に見せてくれます。

アイテムとしては、ロングカーディガンやロングシャツ、ロングコートなど、ロング丈の羽織りものが良いでしょう。縦のラインを強調し、着痩せして見せてくれる効果が期待できます。おすすめコーデとしては、タイトなシルエットのインナーとボトムの上に、ロングカーディガンなどを羽織るスタイル。ボディラインが出やすい洋服で気持ちを引き締めつつ、ロング丈のアウターで気になるところがカバーできるはずです。ぜひお試しください。
関連キーワード

関連記事