紫外線対策は一年中?夏だけではない各シーズンのUVケア方法

紫外線対策は一年中?夏だけではない各シーズンのUVケア方法

紫外線を浴びることで細胞の活動が弱まり、乾燥、シワ、たるみなどといった老化現象が生じやすくなります。米国皮膚科学会によると、老化の約80%が紫外線だと言われているそうです。一年を通し、季節に合わせて紫外線対策を心がけていきましょう。

夏だけではNG?紫外線ケアは一年中

1
冬の紫外線と、夏の紫外線とはどう違うのでしょうか。紫外線には、波長が長いA波、波長が短いB派、この2種類があります。2つのうち肌が赤くなるような、夏場によくある日焼けをもたらすのはB波です。B波の量は、冬場には真夏のピーク時と比較し、概ね1/4まで減ります。このために、冬には夏のような急激な日焼けをすることが少なくなっています。

特に気をつけたいのが、A波です。今まではA波はB波に比べて肌への影響が少ないと、考えられていました。しかし近年の研究によって、A波が長期にわたって肌に影響を与え、しみやしわなどの原因となるということが分かってきました。

A波は波長が長く、窓やガラスなどを通りやすいという特徴があります。肌表面のメラニン色素を増やし、更に真皮層にまで届いて、弾力繊維にダメージを与えてしまうそうです。冬になれば紫外線の量が減るとは言え、夏のピーク時の1/3程度は降り注いでいます。冬場でも30分日差しを浴びれば、夏場に10分日差しを浴びた事と同じくらいのA波を浴びているということになります。

紫外線対策をしないとどうなるのでしょう? 日焼け止めを塗り、日傘を差すなど、日常生活で紫外線対策をしている人は多いでしょう。日焼けをしてしまうと、シミやシワなどができてしまうことは周知の事実ですが、顔や体にも変化をもたらしてしまう恐ろしい作用があるのです。一体どのようなことが起こるのでしょうか。

紫外線対策をしないとこうなる! その1
紫外線により引き起こされる病気で有名なのが皮膚がんです。皮膚がんはB波の紫外線によって、免疫力が弱くなる事が原因で、肌に発生すると言われているのです。

紫外線対策をしないとこうなる! その2
紫外線を長時間浴びてからしばらく経つと、なんとなくほくろが増えていたりしませんか? 皮膚の全ての部分にできる黒色の色素班(ほくろとは小さな点状のものを指し、黒あざとはやや面積のあるものを指します)は紫外線が原因になるのです。
こちらは良性のものもありますが、中には悪性のものもあるのでほくろだと思って油断していると怖いことになりかねません!

紫外線対策をしないとこうなる! その3
肌のケアは万全にしていても、ついケアを怠りがちなのが目です。目も紫外線の危機に晒されています。中でも特に、紫外線によって引き起こされ安いとと言われているのが白内障です。白内障は黒目が白く混濁し、目が見えにくくなる病気です。

紫外線対策をしないとこうなる! その4
白内障の他にも注意を促されている病気があります。それは翼状片と呼ばれる目の病気です。角膜が増殖し黒目に覆いかぶさっていき、黒目の中に白い塊が大きくなっていき、文字がぼやけるなどの視力低下が起こっていくのです。翼状片も紫外線が影響して発症すると言われています。

春のおすすめ紫外線対策

2
紫外線は夏だけではありません。春こそ紫外線対策を始めるましょう。紫外線には2種類あり、A波とB波分けられることはもうご存知ですね。波長の長いA波はお肌の真皮中層までゆっくりと到達し、炎症を起こさない程度の軽い日焼けを起こし、しわやたるみなどを生み出します。B波はレジャー紫外線とも言われ、おもに表皮が黒くなって乾燥を起こします。肌が赤くなったり、炎症を起こしてしまう日焼けのことです。紫外線といえば夏に注意するイメージが強いですが、4月にも、紫外線が一番弱いときの3倍近い量の紫外線が降り注いでいると言われています。夏になってから日差しを気に始めたのでは遅いのです。今のうちから紫外線を対策してお肌を守りましょう。

快晴日だけでなく曇り日の時にも、晴れた日の6割程度の紫外線量が降り注いでいます。紫外線は太陽から直接浴びる他、空気中に拡散し届く紫外線、地面に反射して届く紫外線、全部で3つの種類の紫外線があるのです。しっかり日焼け止めを塗っていても、外に出ている時間が長いと、うっかり日焼けをしてしまうかも知れません。そんな時にはこまめな保湿ケアと、ビタミンCを摂取しましょう!

乾燥に悩む人や、敏感肌の人はクリームタイプの日焼け止めがおすすめです。クリームタイプの日焼け止めには、保湿成分が配合されているものが多く、肌なじみが非常に良いのです。ベースメイクにも使用することもできます。脂性肌の人にはさらっとしたミルクタイプの日焼け止めがおすすめです。手の届きにくい背中や広い範囲には、スプレータイプの日焼け止めをおすすめします。

3月頃から紫外線は強くなり始めています。なおかつ、乾燥でダメージを受けた肌のコンディションの悪さ、それからUVケアの油断もあわさって、3月のお肌は随分とダメージを受けやすくなっているのです。まだコートを手放せないこの季節にも、そろそろUVケアを始めてお肌へのダメージを予防しましょう。

その時期に合ったケアを行うということを、UVケアを行う点で気を付けておきたいものです。紫外線の強い夏には、アフターケアと紫外線予防のそれぞれに力を入れる必要があります。対して、3月のUVケアは予防に重点を置くの必要があります。肌のターンオーバーの周期は約28日です。それを考えると紫外線が少ない2月にターンオーバーした肌が、3月の紫外線を受けることとなります。抵抗力のない無防備な肌は、まず紫外線を極力当てないように極力注意しましょう。アフターケアはそのあとになります。

春のUV対策

【日焼け止めの塗り方】
500円玉大にとった日焼け止めを、ムラなく顔に広げる

【朝だけではなく、こまめに塗り直しを】
メイクをしている人はメイク直し時に、スプレータイプやパウダータイプの日焼け止めをプラスする

【春の日焼け止めSPF】
通勤や通学にはSPF30程度、長時間屋外にいる場合はSPF50の日焼け止めを使用するのが望ましい

とても簡単なことばかりですが、500円玉大の日焼け止めを毎日塗れている人は、意外と少ないとも考えられます。春は日焼け止めの分量や、日中のUVケアを見直し、肌へのダメージを最小限にするように頑張りましょう、

夏のおすすめ紫外線対策

3
紫外線を浴びることによって、紫外線から肌を守るためにメラニン色素が作られます。メラニンの影響で肌の色が黒くなるのが日焼けです。日数が経つとメラニン色素は、ターンオーバーによって抜け落ち、本来の肌の色に戻ります。ですが、多くの紫外線を浴びた場合には、過剰に作られメラニン色素のために、真皮までダメージを受け、色素が沈着してシミになります。また、紫外線のために肌の弾力とハリに必要な、コラーゲンやエラスチンの繊維が切断し、肌の弾力とハリが失われシワになります。

春先から紫外線は次第に強まり、5月から夏にかけて更に強くなっていきます。紫外線は太陽光線に含まれる光の成分のために、肉眼では見えませんが、長時間浴び続けることによりシミやシワの原因となります。曇りの日だと油断して紫外線対策をせずに、長時間屋外にいると、肌に多大な影響を与えてしまいます。また、紫外線の影響は数年を経過してからも出てくると言われていて、子供の頃に浴びた紫外線の影響は20歳を過ぎたあたりからシミやシワとしてお肌に表れてくるという説もあります。

【夏の紫外線対策】
紫外線対策には日焼け止めだけではなく、紫外線防止効果のあるファンデーションを使うことをオススメします。ただ、朝出かける前に塗ったまま1日過ごすと段々効果が薄れてしまうのでこまめに塗り直してください。また、メイクの上から日焼け止めを塗り直すとメイクが崩れてしまうので、スプレータイプやパウダー状の日焼け止めを使うのもいいですよ。他にも帽子や日傘なども紫外線対策に取り入れてください。

【夏でも乾燥対策】
朝にきちんとスキンケアを行なっても、エアコンなどで乾燥した室内に長時間居続けると、お肌の水分はだんだん失われていきます。乾燥したお肌をハリのある状態にするには水分をしっかり与え、その水分が逃げないようにフタをすることです。シワの気になる部分には重ね塗りをし、念入りに保湿してください。ゴシゴシと塗りこむのではなく、優しく塗りましょう。乾燥やシワに効果のある化粧品もあります。乾燥が気になる場合このような商品を選ぶのもおすすめです。

【お肌の栄養を摂取】
お肌を元気にするためには外側のケアだけでなく、栄養のあるものを食べて内側からケアすることも大切です。とくに、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEを積極的に摂取するとよいでしょう。

◯肌に良いとされている食材
【ニンジン】
ニンジンには抗酸化作用で紫外線に対抗する力を強めてくれるβカロチンが多く含まれています。βカロチンはまた体内でビタミンAに変わり、皮膚や粘膜を健康に保ってくれますので美肌にとても効果があります。

【トマト】
シミに効果的な食べ物はトマトだと言われています。トマトに含まれるリコピンという抗酸化物質は、肌が紫外線に対抗する力を強めてくれます。

【アーモンド】
アーモンドはシワの予防に効果的な食べ物と言われています。アーモンドに含まれる油分は、血糖値を安定させて、肌の血行を良くしてくれるので美肌効果が期待できます。

【アボカド】
良質な油に、豊富なビタミンを含むアボカドもシワを予防します。また肌内部からお肌をしっとりさせるので、乾燥対策にもオススメです。

【ブロッコリー】
シミやシワを解消してくれるビタミンCの含有量がブロッコリーはとても多く、レモンの2倍と言われています。

【うなぎ】
うなぎはビタミンE、コラーゲンを多く含んでいます。ビタミンEはメラニン色素の排出を助けて、新陳代謝を促してくれるという効果が期待できます。

紫外線をしっかり防止して、肌を乾燥させないスキンケアを日々きちんと行うことが大切です。しっかりケアして透き通った弾力のあるお肌をキープしてください。

秋冬のおすすめ紫外線対策

4
秋冬のシーズンには、行楽やクリスマスも近づいてきて外に出かける機会も多いと思います。秋冬の紫外線対策はしているでしょうか。実は9月と10月には、夏の4割から7割に相当する紫外線が降り注いでいます。11月からは紫外線の量はかなり減りますが、夏に浴びた紫外線のせいで、肌の奥にはメラニンが生成され、そのままにしておくとシミの原因になることもあります。

秋や冬は乾燥しやすい時期ということもあり、疲れた肌にシミやシワができてしまうこともあるのです。強い日焼け止めを使う必要はのない秋冬ですが、SPF20前後のPA+以上の日焼け止めを使い、冬の紫外線を予防しましょう。

紫外線による肌のダメージは年々着々と蓄積されていきます。日々の紫外線ケアによって、肌の美しさを保つことができます。日々の紫外線対策に加えて、肌の休息と保湿のためのケアをする事が大切です。具体的には秋冬の紫外線はどのように予防すればいいのでしょう、秋冬の紫外線対策のポイントをチェックしていきましょう。

【保湿力の高い日焼け止めがおすすめ】
冬は特に肌の乾燥が気になる季節です。肌の乾燥は体のバリア機能の低下を招きます。そのためにhだが紫外線の影響を受けやすくなってしまうそうです。日焼け止めを塗る前に、肌の保湿ケアをしっかり行いましょう。肌に刺激の少ないものや、保湿効果もある日焼け止めもあるのでおすすめです。

【日焼け止めは露出する部分に塗ろう】
冬場には紫外線の量が全体的に少なくなるため、日常的に強力な日焼け止めを使用しなくてもそれほど心配はいりません。ただし、顔などの露出する部分には常時日焼け止めを使いましょう。

【ウインタースポーツなどに行く時には真夏と同じ対策を】
雪が積もっているゲレンデなどだと、降り注ぐ日差しだけでなく、雪への反射による紫外線も多くなります。スキーやスノーボードなどのアウトドアを楽しむ際には、真夏と同じつもりでPA値やSPF値が高い日焼け止めを使いましょう。

冬場は、夏に浴びた紫外線の影響を減少させることができる季節と言えます。冬もしっかりと紫外線対策をするように心がけ、夏の日焼けをなかったことにしましょう。肌のターンオーバーが最も活発になる時間帯は、午後10時~午前2時だと言われています。この時間にはスキンケアを終えてしまい、眠っているようにしましょう。

日焼けによるシミの原因になるものに「活性酸素」というものがあります。活性酵素はコラーゲンを破壊したり、ニキビの原因にもなる厄介者です。そんな肌への活性酵素の影響に抵抗出来るのが「抗酸化物質」です。「ビタミンC」は抗酸化物質の代表と言えます。ビタミンCは皮膚にできた黒色メラニンを、無色化する作用があるとも言われています。
ビタミンCのサプリメント、ビタミンCが多く含まれる野菜、果物などを食べて、体の内側からの紫外線対策と外側からの保湿しましょう。きれいな肌を手に入れることができます。
関連キーワード

関連記事