脂肪燃焼を効果的に促進!運動だけじゃないダイエット方法

脂肪燃焼を効果的に促進!運動だけじゃないダイエット方法

楽してきれいになりたいという気持はだれにでもありますよね。しかし、お金と時間をかけないと美はなかなか手に入らないもの。ところが効果的に脂肪燃焼を促進してくれる方法があるんです。知っていれば得をする、楽して脂肪燃焼する情報をご紹介します。

スポーツが苦手でもできる脂肪燃焼の運動

【脂肪燃焼に効果大なフラフープ】
スポーツが苦手でも、効果的に脂肪燃焼できるグッズとして、フラフープはいかがでしょう? フラフープといえば、懐かしいと感じる人も多いのではないでしょうか。子ども向けのおもちゃというイメージのあるフラフープですが、ダイエットグッズとして見なおしてみませんか? フラフープではウォーキングやランニングと同じ有酸素運動を行うことができるのです。

フラフープはかなり運動量が多くて、10分間に約100kcalのカロリーを消費します。このエネルギーはランニングやスイミングの平泳ぎにも相当する消費量です。寒さが増していく季節には、室内で有酸素運動のエクササイズができるのは魅力的ですよね。最近のフラフープはパーツが分解できコンパクトになるので、お部屋で邪魔になるということもありません。「ジムに通ったり、外でランニングするのはめんどう」などとダイエットを先延ばしにしてしまっている人も、フラフープで楽しくエクササイズを始めてみましょう。

【フラフープダイエットに期待できる効果とは】
・脂肪を燃焼させる
・インナーマッスルを強化する
・ウエストを引き締める
・骨盤を矯正して下半身を痩せさせる
・便秘を解消させる

フラフープはその場で腰を回し続けるエクササイズです。回しているうちにインナーマッスルを鍛えることができます。インナーマッスルが鍛えられると基礎代謝量が上昇するために、エネルギーを消費しやすい体質になります。もちろんフラフープを回すことによちウエストの筋肉を使うので、ウエストがよりくびれる効果もあります。それから、骨盤を矯正する効果も忘れてはいけません。フラフープで歪んだ骨盤を整えると血液やリンパ液の流れがよくなり、足などのむくみが解消されるという思わぬ効果もあります。

ほかにも、フラフープによる運動は腸を刺激するので、便秘を解消する効果も期待できます。便秘解消すればお肌の調子もより整います。

【慣れれば簡単。フラフープの回し方のコツ】
フラフープは、1日10分から20分を目安に回してください。うまく続けられないという人は、腰を前後に動かすという動作を意識してみましょう。最初から腰を回転させようとするとコツがつかみにくいものです。フラフープでの運動に慣れてくると、太ももの筋肉でもフラフープを回せるようになってくるのだそうです。太もも痩せの効果もあるので、練習にチャレンジしてみてください。筋トレなどの単調なエクササイズよりも、楽しんで行えるのがフラフープです。家事の合間などのすき間時間を使って、フラフープで脂肪を燃焼しましょう。

【スロージョギングで脂肪燃焼ができる】
ダイエットといえば、食事制限と運動の両方を行う必要があります。その運動1つ、数年前に流行し、ダイエッターの間ですっかり定着したジョギングですが、まだ始めていないいう人が多いようです。運動が苦手だから、体力がないから、といったこと理由があるようですが、運動が苦手だからジョギングができないというのは大きな誤解です。どちらかと言えば、ジョギングは個人の体力や運動能力に合わせてできる万能な運動なのです。

走るタイムを短くすることが目的ではなく、ゆっくり走るジョギングのことを「スロージョギング」と呼ばれています。運動が苦手な人は、まずスロージョギングから始めてみるのがよいでしょう。スロージョギングの消費エネルギーそのものは、ハードのジョギングよりも低いかもしれません。ですが、ダイエットに必要なのは消費エネルギーだけではないのです。
スロージョギングを続けることによって、脂肪が燃えやすくなり、より痩せやすい体質になっていくということに注目しましょう。

スロージョギングの速度の目安としては、雑談をしながらでも呼吸があれない程度の速度が最適だと言われています。スロージョギングに疲れたら、ウォーキングに切り替えても大丈夫です。下記にスロージョギングのコツをご紹介していきます。

【走り方】
歩幅は10cmほど。足の裏で地面をなでるようなイメージでゆっくりと走る。足の指の付け根で着地する。地面は蹴らない。
【姿勢】
背筋をきちんと伸ばして、肘を軽く曲げる。
【足運び】
右足を地面についたらすぐに左足を上げて、リズムよく走る。
【時間】
1日10分程度から始めて、一度につき30~40分程度走るようにする。

コツとしては、「歩いた方が楽じゃないの?」というペースでも問題ありません。どれほどゆっくり走っても、ジョギングのフォームで走ることにより、脂肪燃焼の効果がウォーキングよりもましています。自分のペースで地道に脂肪を燃焼していきましょう。

脂肪燃焼ができる食べ物と飲み物

お腹がすいたとき、みなさんはどう対応していますか。私はお腹がすくと炭酸水を飲み、空腹をしのいでいます。みなさんも似たような方法で空腹をごまかしているのかも知れません。こういった方法では一時的に空腹はしのげますが、またすぐに空お腹がすいてしまいます。なぜかというと、胃の中が炭酸の気体でふくらむだけで、脳の満腹中枢に満腹であるという指令が行かないので、すぐにお腹がすいてしまうのです。ですので、食べ物をしっかり噛んで食べることにより、満腹中枢に満腹であるという指令を出させることが大切になります。ですが、ただ食べるだけではもったいないですよね。ここでは空腹を満たし、なおかつ脂肪を燃焼してくれる食材をご紹介します。

【グレープフルーツ】
グレープフルーツの苦みのもとである「ナリンギン」という成分には、空腹を抑える効果があります。また「ヌートカトン」という芳香成分には、脂肪燃焼を促進させる効果が期待できます。

【アーモンド】
アーモンドは満腹中枢に満腹だというサインを出す作用のある「オレイン酸」を含みます。さらにアーモンドにはビタミンBが豊富なため、脂質の燃焼を促してくれます。1日に手のひらに乗る程度、食べるのがよいとされています。

【ダークチョコレート】
カカオ70%以上のダークチョコレートには、血糖値を上げて満腹中枢を刺激してくれる効果があります。食前に食べると更に高い効果が期待できます。カカオのポリフェノールが、脂肪を燃焼する手助けをしてくれるのだと言われています。

【赤身の肉】
ダイエット中にお肉はNG、と思い込んでいる人が多いのではないでしょうか。実は赤身肉は、脂肪燃焼に効果的がある言われているのです。なぜかといえば、筋肉をつけるのに必要なたんぱく質が、赤身肉には豊富に含まれているからです。運動をした後に赤身肉を食べることにより、より効果的な脂肪燃焼が期待できます。体の筋肉が増えることにより、基礎代謝も上がります。

【ココナッツオイル】
現在話題中のココナッツオイルも脂肪燃焼に効果があります。海外のトップモデルたちも愛用しているくらい、健康や美容にも効果のあるのがココナッツオイルです。ココナッツオイルは中鎖脂肪酸という脂質で構成されています。中鎖脂肪酸は脂肪の燃焼を助け、体脂肪減少を促進する効果があると言われています。脂肪を体に貯めるのを避けられるのも、嬉しい作用です。

【緑茶】
温かい緑茶を飲むことにより、新陳代謝上昇に効果的がある言われています。緑茶に含まているカテキンお及びカフェインは、体の外に脂質を排泄するのとともに、脂肪の燃焼も促すのだそうです。美味しい緑茶を飲むだけで体脂肪が減るというのは、日本人にとってとても嬉しい話しですね。また脂肪燃焼だけでなく殺菌の作用もあるので、風邪の予防にも役立つのだそうです。

【コーヒー】
コーヒには緑茶と同じカフェインが多く含まれています。なおかつ、「クロロゲン酸」という成分にもカフェイン同様に脂肪の分解作用が期待されます。また、コーヒーの香りにはリラックス作用があります。むくみの解消にも効果があるそうです。

【唐辛子】
唐辛子そのものは、低カロリーかつ低脂質ですので、本来ダイエットに向いている食材です。なおかつ、唐辛子に含まれているる「カプサイシン」という成分は、脂肪燃焼に効果があると言われています。更に、カプサイシンには体を温める効果もあるので、むくみや冷え性対策にもおすすめです。おいしくスパイシーな料理で、スリムなボディを手に入れましょう。

上記の食材は、空腹感を満たしつつ脂肪燃焼を助けます。美味くて、かつ脂肪燃焼できるなんて、夢のような食材ですね。これらの優秀な食材を摂取して、脂肪を燃焼させましょう。

プラスアルファの食材で脂肪燃焼

【クミンの驚くべき力】
カレーの香りには、食欲を増す効果がありますよね。あのスパイシーな香りで、大きな割合を占めているのが、「クミン」というスパイスの一種です。クミンシードと呼ばれ、種の形のままや、粉に挽いたクミンパウダーとして販売がされています。このクミンには、実はものとても高い脂肪燃焼効果があるのだと言われています。

イランにある医科大学で実施された実験では、500kcal程度カロリーを減らした食事管理を行う人々を、2つのグループに分け、その片方には1日2回のヨーグルトを食べ、もう片方には同じ量のヨーグルトに加え、プラスアルファとしてクミン3gを摂取してもらいました。
その結果はクミンを取ったグループのほうが、平均しておよそ10%も多くの体脂肪率を減らすことができたのだそうです。なおかつ、体脂肪だけではなく、体重、ボディサイズ、中性脂肪、悪玉コレステロール等の数値もより多く減少したのだそうです。

この実験結果は、クミンを食べることによって新陳代謝が一時的に促進したこと、更には、体内にあるコレステロールの吸収が抑えられたことが理由だと考えられています。ダイエットメニューにプラスして、クミンを食べるようにすれば、さらにダイエットの効果が期待できますね。

クミンで脂肪燃焼効果を求めるには、上記での実験と同じく、1日に3g程度のクミンを食べれば良いでしょう。クミンパウダー小さじ1あたりが、ちょうど約3g程度となります。プレーンヨーグルトに入れてもおいしいですし、炒め物、ドレッシングなど、普段の食事にトッピングすると、無理なく食べることができるかと思います。

またクミンには、以下のようなビタミンやミネラルも多く含まれています。

・ビタミンA、B2、B3、B6、C、E、などの各種のビタミン。
・カルシウム、マグネシウム、鉄分、亜鉛、などの各種のミネラル。

上記の栄養素は美容にも不可欠なものです。脂肪燃焼効果だけでなく美肌の効果も期待できそうですね。毎日の料理にクミンをプラスだけで、脂肪燃焼効果が上昇するなんて、とても簡単な方法ですね。他の食材の食べ過ぎにも注意しつつ、クミンを日々のメニューに取り入れてみましょう。

【食事前の一粒で脂肪を燃やす梅干し】
梅干しの美容効果が高いことについては、常々美BEAUTEでもご紹介しているかと思います。やはりすごい梅干しのパワー、梅干しに隠されたその美容効果とはなんでしょうか。ここでは梅干しの脂肪燃焼効果に注目していきたいと思います。なぜ、梅干しを摂取することで痩せることが可能なのでしょうか。

●バニリンで脂肪燃焼
梅干しには「バニリン」という成分が多く含まれています。バニリンには、脂肪細胞そのものを小さくし、脂肪の燃焼を促す効果が期待できるために、梅干しダイエットがダイエッターのあいだで注目されているのです。

●梅干しを温めるとムメフラールという成分が生成
梅干しを温めることによって、酸っぱさの成分であるクエン酸と、梅干しに含まれる糖が結びつき「ムメフラール」という成分が生成されます。ムメフラールの働きの中で特に注目してたいのが、血流を促進する力です。血管の血流が滞っている箇所では新陳代謝も鈍っているので、脂肪が燃焼しづらくなっています。すなわち、血行が改善するのに正比例して、より痩せやすい体質になるということです。

●梅干しのポリフェノールにより脂肪吸収を抑える
梅干しに含まれている「ポリフェノール」には、脂肪の吸収を抑える力があります。食事前に予め梅干しを食べておくことにより、その後に食べるものの吸収を抑えてくれるのです。

梅干しダイエットのメリットは、なんといってもその手軽さにあります。

・食前に梅干しを1粒食べるだけ。
・食事制限はなし。

食事制限がない、というのがとても嬉しいポイントですよね。これらのポイントを見ていると「簡単に続けられそう」だと思います。ですが、忘れてはいけないのポイントがもうあります。

・梅干しを温める

上記で解説した通り、梅干しを温めることによりムメフラールが発生します。更にそれに加え、梅干しの中のバニリンの量が、およそ20%も増加するという利点があります。なぜなら、梅干しの中にあるバニリンに似た「バニリングルコシド」という成分が、熱で分解されたことによりバニリンに変化するためなのです。

梅干しを耐熱容器に入れ、ラップで密閉し、500Wの電子レンジで、1分ほど温めれば、梅干しの加熱はOKです。一度温めた梅干しを冷ましても、一度増えたムメフラールやバニリンの量が元に戻ることはないそうです。まとめてレンジにかけて、冷蔵庫で保存しておくと良いですね。多様な美容効果に加え、脂肪燃焼もしてくれる梅干しパワー。季節を問わず毎日食べたい食材です。

ながらダイエットで簡単な脂肪燃焼

朝起き、朝食を作り、身支度を整えて、仕事に出かけ、帰宅して夜ご飯を作り、子供を寝かせ、お風呂に入り……。1日に24時間じゃ足りない、などと思っている女性は多くいるかと思われます。

日々のルーティーンワークだけでも大変なのに、なおかつその中で美容のための時間を作るのはなかなか難しい、というのが現実かも知れません。多忙な現代女性は美容に裂ける時間が無いのです。ですが、女性はいくつになってもきれいでいたいものです。どれほど忙しくても、美貌が衰えていくのを見るのは悲しいですよね。

そこでおすすめなのが「ながらダイエット」です。ながらダイエットとは、「仕事をしながら」「家事をしながら」「眠りながら」など、なにかをしながらでも簡単にできるダイエット方法のことです。意外なことに知られていないのですが、とても多くのの種類のながらダイエットがあります。みなさんもぜひ、ご自分に合うながらダイエットを見つけてみてください。多忙だからといって諦めずに、常に美しい自分をキープしましょう。

【仕事をしながらダイエット】
・太ももシェイプダイエット
デスクワークの仕事をしている女性におすすめなのが、座ったままの状態でもできる太ももシェイプダイエットです。やり方としては、座っているときに太ももを意識しながら、両方の膝をくっつけるようにするだけです。このようにすることで、日頃は使われていない太ももの筋肉が鍛えられ、シェイプアップに効果的があります。

・ウエストシェイプダイエット
ウエストシェイプダイエットは、出先でもオフィスでも、どこでも出来るダイエット方法です。歩いてる時や座っている時に腹部に力を入れ、姿勢を整えることを意識しましょう。たったこれだけで腹筋を鍛えることができ、ウエストシェイプに効果があります。このさいに、足は必ず垂直に下ろし、足の裏を床にぴったりとくっつけるようにします。

【家事をしながらダイエット】
・ヒップアップダイエット
フローリングや板張りの雑巾がけは床がきれいになるだけでなく、ヒップのシェイプアップにも効果的があります。
・方法
1. 両手と両膝を床につき、腰を落とさないように下腹部を引っ込める。
2. 雑巾がけを1歩進むごとに、片脚を上げ後ろに真っすぐ蹴り上げる。脚の付け根から上げるように注意しましょう。

【眠りながらダイエット】
・眠りながらの脂肪燃焼
就寝の30分程度前に、大さじ1杯のハチミツを食べましょう。ハチミツを食べることで、肝臓に成長ホルモンが蓄えられると言われています。成長ホルモンは、睡眠中の脂肪燃焼を促す効果があるのだそうです。

・骨盤の歪み解消ダイエット
骨盤の歪みはダイエットの宿敵とも言われています。眠りながら骨盤の歪みを整える効果のあるダイエット方法があります。バスタオルを棒状に丸くたたみ、骨盤の下に敷いて就寝しましょう。バスタオルを敷くことによって、骨盤の歪みが矯正され、ダイエットにも効果があると言われています。バスタオルだと気になって眠りにくいという人は、まずフェイスタオル程度の大きさのタオルを丸めたものを、敷いてみることから始めてみてもいいでしょう。

関連記事