肌荒れを予防・改善するには?日常生活の中でできるケア方法

肌荒れを予防・改善するには?日常生活の中でできるケア方法

肌荒れは、いきなり始まることがあり、突然のことに戸惑ったり慌てたりすることがあります。突然始まる肌荒れの原因を追求することで、リスクを減らす生活を送ったり、スキンケアの方法を見直しましょう。気がつきにくい原因もあるため注意が必要です。

季節やコスメもいきなりの肌荒れの原因に?

1
肌荒れは、いつもと同じようなスキンケアをしていても、いきなり始まることがあります。ふいに顔の皮がむけ始まったり、メイクの仕上がりが悪くなったりといったトラブルが起こった場合には、その原因として季節の変化が関係しているかも知れません。季節ごとの変化は気温や湿度などを変えて、肌にその影響を与えます。

いつもと同じようなスキンケアをしていても、周囲の環境が変わっているのですから、肌荒れのリスクはやってきます。冬のシーズンは空気が乾燥しており、肌も水分を失って乾燥しやすくなります。そのため、いつも通りのスキンケアでは乾燥をケアしきれずに粉が拭いたり、皮がむけやすくなるのです。

冬の肌荒れのリスクは乾燥だけでなく、寒さにもあります。寒い時には血行不良は起こりやすく、皮脂の分泌が減ってしまいます。冬の季節だけのものだと油断していると、慢性化することもあるため、十分な対策が必要となります。また、寒い冬だけでなく春にも肌荒れリスクはあります。

冬から春にかけての気温の差によって今度は皮脂が過剰に分泌されて、肌荒れが起こりやすくなります。また、冬に代謝が下がった肌は潤いが減っており、バリア機能も弱っています。そこで、温かくなり紫外線量が増えると日焼けのリスクもアップします。さらに、様々なスタートの季節となる春はストレスも溜まりやすくなっています。
肌荒れの原因として考えられるのは、季節の変化だけではありません。日常的に使用しているコスメや、日常生活でのリスクも多いものです。洗顔やコスメによるダメージが原因の肌荒れは慢性的になりがちです。洗顔で熱いお湯を使ったり、ゴシゴシ洗いやタオルの摩擦などがあると、皮脂が落ちたり肌の負担が増えて肌荒れしやすくなるでしょう。
また、メイク用品が合っていない場合にも乾燥や皮むけが起こりやすくなります。食生活によって栄養分が足りなくなったり、睡眠不足やストレス、喫煙なども肌荒れのリスクとなるものです。睡眠は肌の活動が活発にするために大切なものであり、不足すると乾燥の原因になる場合があります。
ストレスを感じることは、ホルモンバランスに影響を与えます。タバコも代謝を悪化させて肌を乾燥させます。肌荒れの改善、予防にはスキンケアが大切ですが、それ以外の原因で肌荒れが起こっている場合にはその原因を取り除くことが重要となるでしょう。突然起こった肌荒れや治りにくい肌荒れは、原因を見極めて、対策を行うことが必要です。

体の中から始める肌荒れの対策

2
肌荒れが始まる原因としては、皮膚や毛穴の状態の悪化もありますが、基本に立ち返って体の中にも目を向けることが必要です。肌荒れが気になりだして、スキンケアを徹底させても治らない時は、食事やストレス対策などを行いましょう。特に胃腸などの消化器へのケアは肌荒れを改善させるために大切です。

肌荒れと共に消化器系に不調がある場合には、体の中から体調を整えてあげることを考えなければいけません。お肌は摂取した栄養によって育ちます。スキンケアで外から肌を整えても、それだけでは肌を健康にすることは出来ません。摂取した栄養を肌に届けるためには、胃腸の働きが必要となります。

また、消化器系が不調になると、栄養の摂取と肌へ届ける機能だけでなく、排出に関する機能も低下してしまいます。体に不要な老廃物などが排出されにくくなると、栄養も不足して悪いものが溜まるという二つの不利益が肌に起こります。肌荒れやニキビなどが治りにくい場合には、こうした状態が体の中で起こっているかも知れません。

肌荒れを改善するために、体の中を整えるためには、胃腸に優しい食生活を行うことが必要となります。これまでの食生活を見直しして、胃腸に負担をかけないような工夫を行いましょう。胃腸の負担を考えると、コーヒーなどに含まれているカフェインの取り方にも注意が必要となります。

カフェインは胃を荒らすリスクがあり、胃が空っぽの空腹時にコーヒーを飲むことは避けたいものです。朝、コーヒーを楽しみたい場合には、食事の後に飲むようにしましょう。
また、日常の食事の内容にも注意が必要です。コンビニでの食事の調達や加工食品に頼った食生活は、胃もたれや消化不良の原因となります。腸内細菌も減り、腸の機能が衰える恐れがあります。

腸を元気にするためには、メニューの栄養バランスに注意して、整腸作用のある食品を積極的に摂取したり、食物繊維を多く含んだものを食べるようにします。ヨーグルトやバナナ、納豆や豆腐などは整腸や腸内細菌に役立ちます。また、繊維質のごぼうやキノコ類、海藻などで食物繊維を取り入れましょう。

さらに、胃の調子を悪くするものにはストレスもあります。ストレスは胃の粘膜をただれさせます。女性の方がストレスの影響を受けやすいといわれているため、ストレスを溜めないような工夫が必要となりそうです。時には薬を飲んだり、ストレスの解消法を見つけたりといった対策をしてみましょう。

意外と怖い肌荒れの原因になる食材

3
食事によって起こる肌への悪影響は分かりましたが、「まさかこんなものが?」と疑うような日常的にあふれている食材が原因で肌荒れが起こることもあるようです。それは、どこのおうちでも常備しているであろう「白砂糖」です。何ということもなく、毎日の食生活に活用している人も多く、誰でも摂取したことがあるでしょうが、これが意外なリスクを持っていると言われています。

白砂糖は、意外にもお肌の健康にも体の健康にも良くないものなのです。さまざまな健康へのリスクを高めて、肌荒れやニキビ、ターンオーバーの乱れによって起こる肌のくすみ、毛穴詰まりなどを引き起こします。白砂糖は私たちの日常生活にあふれており、実際に白砂糖を使った調理をしなくても市販のお菓子やデザート、ドリンク類などで摂取している可能性もあります。そのため、全く白砂糖を摂取しない、白砂糖を完全に排除した生活をすることは難しそうなので、できるだけ摂取を抑えるように工夫することが必要です。

白砂糖の肌や健康への弊害の理由としては、皮脂分泌の過剰や血行不良、体の「糖化」という細胞が硬くなる現象などが挙げられます。皮脂の分泌が増えてしまうのは、白砂糖が持っている血糖値を上げる性質のためです。血糖値が上がることで、インスリンホルモンが分泌されやすくなり、その影響で皮脂も多くなってしまうと言われています。また、血行不良も肌荒れの原因となりやすいものです。血行が滞ることで、肌への栄養が不足して新陳代謝や肌のターンオーバーの機能が乱れやすくなります。白砂糖は体内でビタミンやミネラル不足を引き起こすと言われています。ビタミンやミネラルの不足は血管に悪影響を与えます。

白砂糖による「糖化」という現象は、体の「コゲ」を意味しています。お肌に起こると、細胞が硬くなり、ターンオーバーが乱れていきます。ターンオーバーが乱れることで、古い角質が剥がれにくくなり、分厚く溜まってしまうリスクとなります。肌が硬くなることによって、毛穴が詰まるリスクにもなります。毎日の生活で、白砂糖のリスクを減らすためには、甘い市販品の利用を抑えることが大切です。白砂糖の1日あたりの摂取量としては、15グラム~20グラム程度。これはプリン1個分の砂糖の量です。また、甘い炭酸飲料などを1本飲めば、その倍以上の摂取量となります。飲み物は甘いドリンク類を避ける、デザートも控えるなどの工夫で少しでも摂取量を減らしてみましょう。

ケアの基本洗顔の見直しで肌荒れ予防

4
肌荒れを予防するためのスキンケアの基礎は、汚れを落として肌を解放してあげる洗顔です。肌は毎日の生活の中で様々なダメージを負っています。ホコリやタバコの煙や排気ガスなどは、皮脂や汗、角質と混ざって肌の汚れとして溜まっています。それを洗い落として、肌を正常に保つことこそ、スキンケアの要なのです。洗顔では摩擦などのダメージを減らし、シンプルケアを目指すことが必要となります。

石鹸洗顔は、肌が乾燥したりつっぱったりと言った嫌なイメージを強く持っている人もいるでしょう。しかし、石鹸は余計なものが入っておらず、肌を清潔にするという目的をシンプルに叶えることができるアイテムです。肌がつっぱるように感じるのもそのためで、決して肌に良くないものではありません。石鹸の成分は、アルカリ性であり、お肌の性質である弱酸性ではありません。そのため、洗った後にアルカリ性に肌が傾いてしまい、つっぱる感じがするのです。この状態から肌は本来持っている自身の力で弱酸性に戻すようになり、その機能が育ちます。肌本来の力を引き出す働きも石鹸にはあるのです。また、石鹸は自然の成分で作られており、刺激も意外と少ないものです。そのため、デリケートな肌質の人にも使うことができます。

石鹸以外の洗顔料には、洗い上がりがつっぱらないものが多くなります。これによって皮脂が残って酸化してしまうリスクになることもあります。「汚れを落とす」という点を重視して洗顔を選ぶなら、石鹸は大切な役割を担っています。石鹸は液体石鹸や固形石鹸などの種類がありますが、石鹸成分が多い固形石鹸の方がコストパフォーマンスが高くなります。牛脂やパーム油などを含んでいる石鹸は、普通肌からオイリー肌、敏感肌にむいています。
乾燥肌の人にはオレイン酸の入った石鹸が良いでしょう。また、石鹸は脂肪酸ナトリウムのものを選ぶことが大切です。低刺激と洗浄力を両立させることができて、洗い上がりもサッパリとして心地よいものです。
お風呂で洗顔をする場合には、その手順も正してみましょう。メイク落としは一番先に行い、シャンプーやトリートメントをしてから体を洗い、最後に洗顔します。洗顔を最後にするのは、汚れを落としやすくするためと他の成分が肌に残らないようにするためです。背中や肩が肌荒れしやすい人や髪の生え際が肌荒れしやすいのは、体や顔を洗ってからシャンプーすることによってその成分が残っているからかも知れません。
また、最後に洗顔をすれば、肌が乾燥する前にスキンケアを行えるというメリットもあります。

保湿ケアで肌荒れ予防

5
肌荒れを予防するためには、保湿を中心としたスキンケアが大切です。保湿の方法としては、特別高価でハイクオリティのスキンケアコスメを使うのではなく、手軽で身近な物を使うことが大切です。使い方を工夫してみるだけで、より高い効果を得ることができたり、刺激を減らしたりすることができるでしょう。まず最初に取り入れたい保湿ケアとしては、乳液の使いまわしがあります。乳液はクリームに代用されて忘れられることも多いスキンケアグッズですが、乳液は乾燥のシーズンの肌荒れ予防にとても役立つアイテムです。乳液を使うことで、より優しいケアが出来たり、たっぷりと肌に潤いを運べたりします。

乳液は肌の保湿だけでなく、クレンジングとして使うのがおすすめです。乳液をクレンジングの代わりとして使うことで、優しく肌を洗浄することができるでしょう。クレンジングをする時は、お風呂の中で温まり、毛穴を十分に開かせてから行います。たっぷりの乳液でマッサージするように馴染ませてから、蒸しタオルでふき取ります。ただし、濃いメイクにはポイントリムーバーも必要です。乳液は化粧水の前に使用することで「ブースター」としての役割も果たします。洗顔後は乳液を先にして、その後で化粧水をつけます。肌がふっくらとして後からつける成分の浸透を高めます。また、乳液をたっぷりと塗布して、湿らせたコットンを置くことで乳液パックもできます。

肌荒れ予防に使えるアイテムとしては、シートマスクも効果的です。ただし、こちらは肌荒れを起こしている状態では成分が刺激になってしまうこともあるため、「予防」として肌の状態が良い時に使用しましょう。乾燥している肌にも美容成分が刺激になることがあります。シートマスクは肌の状態が落ち着いている時や肌の調子が上昇する生理後などに取り入れると効果的です。シートマスクは正しい使い方が大切になります。お風呂での使用はやりがちですが、リスクになる可能性もあります。
お風呂では老廃物を流したり、デトックスを行いたいので、栄養分を与えるケアは不要です。反対に、デトックスの邪魔をしてしまい、老廃物が排出されずに肌に戻されることもあります。また、シートマスクは長く乗せ過ぎてもいけません。シートマスクが乾燥してしまい、肌から水分を奪ってしまうことになります。説明書きにあるとおりに適切な時間を守り、つけたまま寝てしまうようなことのないようにしましょう。
関連キーワード

関連記事