美容液正しく使えている?保湿成分と使い方をおさらいしよう

美容液正しく使えている?保湿成分と使い方をおさらいしよう

美容液は、化粧水や乳液と一緒に使用することで、より高い保湿効果が期待できるアイテムです。しかし、正しい方法で使わないと十分な効果を得ることはできません。今回は、美容液に含まれる保湿成分をチェックしてから正しい使い方を紹介します。

美容液を使っているはずなのにお肌の調子がよくない…

「化粧水だけでなく、美容液もきちんと使ってスキンケアをしているのに乾燥しがち」
「美容液を使っているのにメークのノリがいまいち」

こんな悩みを抱えている女性は多いのではないでしょうか。保湿力に優れ、乾燥などの肌トラブルから守ってくれる美容液ですが、正しい方法を抑えたうえで使用しなければ、その効果を十分に得ることはできません。そもそも美容液にはどのような働きがあり、どのような効果を得ることができるのでしょうか。

一般的なスキンケアは化粧水、乳液の順番に使用し、肌の調子を整えていきますが、乳液の後に美容液を使用することで、肌にうるおいを与え、保湿効果を高めることができます。また、入浴後や、あえて化粧水をつける前に使ったり、乳液と美容液を混ぜて使うという方法があります。エイジングケアのアイテムとして使用している人もいますが、特にこの年齢になったら使うもの、という細かな規定はなく、20代のうちから美容液を使用し始める人もいます。そのため、化粧水や乳液にプラスするスペシャルケアと捉えると良いかもしれません。また、化粧水、乳液、美容液が一つになったオールインワン化粧品も増えてきています。

美容液に含まれるさまざまな美容成分

美容液にはさまざまな成分が含まれていますが、成分表をしっかり確認してから購入している!という人は少ないのではないでしょうか。美容液にはさまざまな保湿成分が含まれており、それぞれの役割も異なります。ここでは美容液に含まれる主な保湿成分について見ていきましょう。

肌はいくつかの層にわかれています。そのうちの1つに角質層があります。角質層では角質細胞が積み重なっており、この間を埋めるように細胞間脂質があります。この構造により、肌の水分蒸発や外部からの異物の侵入を防いでいます。この角質層にうるおいを与えるのが美容液の役割です。美容液に含まれる保湿成分の役割は大きく角質細胞内の水分保持と、細胞間脂質にうるおいを与え、角質細胞内の水分を閉じ込めるという2つに分けることができます。

1.角質細胞内の水分を保つ
角質の細胞内の水分を保持する働きがある成分にアミノ酸や尿素があります。美容液のパッケージでNMFという文字をよく見かけますが、これはNatural Moisturizing Factorの頭文字を取ったもので、アミノ酸や尿素などといった天然保湿因子のことを表しています。

また、美容成分としてよく名前があがる、ヒアルロン酸やコラーゲンなどもこの仲間です。ヒアルロン酸やコラーゲンは多糖類と呼ばれています。これらの成分はもともと角質細胞内に存在する成分ですが、年齢を重ねるとともに生成量が減ってしまいます。しかし、分子量が大きいため、体外から取り込もうとしても、上手くいかないことがほとんどです。そのため、角質細胞内に取り込むよりも、細胞と細胞の間を埋めるために取り込むことが一般的です。

【主な成分】
・アミノ酸
・尿素
・グリセリン
・ヒアルロン酸
・コラーゲン

2.細胞間脂質にうるおいを与え角質細胞内の水分が逃げるのを防ぐ
角質細胞の間をつなぐ役割を担っているのが細胞間脂質です。細胞間脂質は脂肪酸コレステロールとセラミドからつくられており、角質細胞内の水分が体外に必要以上に出て行かないよう、角質内にキープする役割があります。

セラミドは水に溶けにくい性質があるため、化粧水には溶けにくいです。そのため、一般的には化粧水から取り入れるより、美容液から取り入れたほうが効率良くセラミドを肌に浸透させることができると考えられています。実は、セラミドとひと言で言ってもその種類はさまざま。そのなかで最も保湿効果が高いといわれているのがヒト型セラミドです。そのため、セラミド配合と書かれていても、どんなセラミドが入っているのかを確認し、できればヒト型セラミドが含まれているものを選ぶようにすることをおすすめします。

【主な成分】
・レシチン
・セラミド
・コレステロール

うるおいを逃がさない!美容液の正しい使い方

美容液の位置付けや、美容液に含まれるさまざまな保湿成分とその働きについて見てきましたが、実際に美容液を使用するときはどのような手順で肌に浸透させていけば良いのでしょう。ここでは美容液の正しい使い方について確認していきましょう。美容液の正しい仕様手順は以下の通りです。美容液は基本的に化粧水や乳液で整えた肌に使用していくものなので、以下のステップに進む前に、化粧液と美容液を使用した最低限のケアは行っておきましょう。

【正しい美容液のケア手順】
1.指先で美容液をとり、おでこ、両頬、鼻、あごなどの部分に、なじませるように塗っていきます。このとき、肌を引き上げるようなイメージで内側から外側に向かって延ばしていきましょう。
2.手のひらを使用し、1で顔にのせた毛美容液を顔全体に伸ばしていきます。美容液を肌の奥に入れ込み、浸透させるイメージを持ちましょう。少し強めの力を加えて圧迫しながら浸透させていきます。
3.小鼻、目の周り、口の周りなどといった細かな部分も丁寧にマッサージします。指2本でやさしく内側から外側に向かって引き上げるようになじませていきましょう。

美容液を使用するタイミングについて、化粧水や乳液でスキンケアを行ったり、メークをしたりするタイミングで問題ありませんが、一番のおすすめはお風呂あがりです。お風呂に入った直後は血行が良くなっているだけでなく、毛穴が開いている状態なので、浸透率がとても良い状態です。入浴後でない場合でも蒸しタオルを顔に30秒程度乗せれば、肌の状態を入浴後と同じような状態にすることができるのでおすすめです。自宅で蒸しタオルを作りたいときは、水にくぐらせたタオルを軽く絞り、電子レンジで1分ほど加熱することで簡単に作ることができます。温め過ぎた場合は、タオルに空気を含ませ、適温になるまで冷ましてから使うとよいでしょう。

おすすめ美容液ベスト10

美容液に含まれる保湿成分の違いや、正しい使い方がわかったところで、おすすめの美容液をご紹介します。どれも使いやすいものばかりなので、いろいろと試してみて、自分にぴったりの美容液を見つけてみましょう。

●サンタベルデ エイジプロテクト フェイシャルオイル 30ml ¥10,000/ロゴナジャパン
アロエ花エキスのほか、ルートエキスコンプレックス、サフラワーオイルなどの成分を含み、保湿効果はもちろん、抗炎症やハリ・弾力アップ、ストレスケアなどの効果が期待できるオイルタイプの美容液です。こちらの美容液はおいておくと2層に別れるようになっているので、使用する前に良く振ることを忘れないようにしてくださいね。

●SHIGETA EX オイルセラム 15ml ¥7,000/SHIGETA Japan
多くのモデルが愛用しているコスメブランドSHIGETAからオイルタイプの美容液が登場しました。オメガ3とともに6種類の必須脂肪酸を配合したこちらの美容液。ローズヒップやトマト、クランベリー、ザクロ、ラズベリーといった天然由来のオイルなので、敏感肌の方でも安心して使用することができます。化粧水や乳液の後に塗る方法のほか、ブースターオイルとしても使用したり、乳液やクリームん混ぜて使用したりといった方法もあります。使い方を工夫することにより、さまざまなシーンで活用できる美容液です。

●キールズ デイリーボタニカル コンセントレート 30ml ¥6,000
オイルタイプの美容液を流行らせた先駆者ともいえるキールズ。そんなキールズの朝用オイルの主要成分はタヌマオイル、ヒマワリ種子オイル、ジンジャールートオイルの3つです。タヌマオイルとヒマワリ種子オイルでうるおいをキープさせつつ、ジンジャーオイルで爽やかな香りを演出します。

●ロクシタン シア フェースオイル 30ml ¥4,500/ロクシタンジャポン
多くのファンを持つスキンケア商品ブランドのロクシタン。クリームタイプのスキンケア商品を数多く取り扱っているイメージがありますが、美容液もしっかりリリースしています。クリームタイプの商品にも多く使用しているシアバターを配合しつつ、さらりとしたテクスチャーが特徴的な美容液です。

●SK-II フェイシャル トリートメント オイル 50ml ¥16,500(編集部調べ)/マックス ファクター
基礎化粧品はSK-IIを愛用しているという人も多いのではないでしょうか。多くの女性ファンを虜にするコスメブランドの美容液は、独自成分の濃縮ピテラTMを含む、ピテラTM層とオイル層の2層にわかれたタイプ。2つのオイルのパワーで乾燥肌にうるおいを与えます。使うたびにふわっと香るラベンダーとキャロットハートの香りも魅力的です。

●イヴ・サンローラン フォーエバー リブレイター ウォーター オイル 30ml¥16,000/イヴ・サンローラン・ボーテ
こちらも多くのファンをもつコスメブランドのイヴ・サンローラン。独自の複合成分、グリカンアクティブWOを配合したオイルタイプの美容液です。オイルタイプでありながらテクスチャーは水のように軽くサラサラだから素早く肌の内部に浸透し、ダメージを受けた部分にピンポイントでアプローチします。

●ポーラ ホワイトショット CX ¥15,000
ポーラの美白ブランド・ホワイトショットから登場した美容液がこちらのホワイトショット CX。オリジナルの美白有効成分であるルシノールを配合し、1998年に誕生したホワイトショットシリーズですが、試行錯誤を重ね、2015年にリニューアルしました。潤いを保ちつつ、シミやそばかすを防いで美白に近づけてくれます。

●ヘレナ ルビンスタイン フォース C.3 50ml ¥22,000
ヘレナ ルビンスタイン フォース C.3は、塗ったところからじわじわと温まりだす不思議な美容液。ビタミンCを豊富に含んでいるので、美白や肌の弾力を生み出すのはもちろん、皮脂分泌の抑制やバリア機能の向上など、様々な効果が期待できます。数日間使用するだけで、翌日の肌が生まれ変わったようにプルプルになった!という意見もあるほどです。

●ドクターシーラボ 薬用アクネレスモイスチャーゲル 60g ¥4,500
皮膚の専門科が開発したスキンケア商品を多く発表しているドクターシーラボ。保湿ケアとともにニキビケアもできるという一石二鳥の美容ゲルがこちらの薬用アクネレスモイスチャーゲルです。海洋性コラーゲンとヒアルロン酸で肌にうるおいを与えつつ、大豆エキスとオトギリソウエキスでホルモンバランスを整えて、ニキビを撃退してくれるといいます。さらに肌に良い効果をもたらすビタミンB群、ビタミンE、ビタミンHも配合されており、肌をより健康的にしてくれます。

●エスティ ローダー リニュートリィブ オイル 30ml ¥32,000
多くのスキンケア商品を取り扱うエスティローダーの最高ランクシリーズの美容液です。パチョリ、月見草、ベチバーの根などといった成分のほか、女性に人気のイランイランやココナッツなどの植物由来の成分がたっぷり詰まったオイルです。なめらかな質感の美容液は肌になじませるとともにイランイランの女性らしい香りが鼻に抜けます。ひと塗りするだけで赤ちゃんのようなふんわり素肌がゲットできるのもうれしいポイントでしょう。

美容液は化粧水や乳液と合わせて使用することで肌の調子を整えてくれるスキンケアアイテムです。お風呂あがりや蒸しタオルを顔にあてた後に使用することで、保湿力を高め、肌の調子を整えてくれる大切なアイテムです。美容液とひと言でいってもテクスチャーのタイプや香り、含まれている成分などはメーカーにより本当にさまざまな種類があります。自分に合った美容液を選ぶことはもちろんですが、まずは正しい使い方を把握して、美容液の効果を得られるよう、努めましょう。

関連記事