ダイエット中に食べるならどっち?ケーキ&ドリンクの選び方を伝授♡

ダイエット中に食べるならどっち?ケーキ&ドリンクの選び方を伝授♡

「今、ダイエット中だから...」と大好きなケーキを我慢している人も多いはず。でも、ケーキの甘〜い誘いに負けそうになることも...。そんな時におすすめの...

「今、ダイエット中だから...」と大好きなケーキを我慢している人も多いはず。でも、ケーキの甘〜い誘いに負けそうになることも...。そんな時におすすめのケーキ、そして一緒に飲むドリンクの選び方について、イケメン運動指導者・森拓郎さんの著書『オトナ女子のための食べ方図鑑』を参考にしながらアドバイスします♪

ショートケーキとチーズケーキ、食べるならどっち?

ダイエット中に食べてダメージが一番少ないケーキは、すばりチーズケーキです。チーズケーキは、主にクリームチーズと卵、そして砂糖でできています。クリームチーズと卵は、高たんぱく×高脂肪な食品のため、代謝アップにつながります!

でもここで、気をつけたいのが砂糖の量です。砂糖の量が多いと超高糖質になってしまうため、注意が必要。例えば、手作りするなどして砂糖の量をコントロールするようにしましょう。チーズケーキを食べた後は、白米などの糖質が多く含まれる食品は避けて! うっかり食べてしまうとチーズケーキの脂質と白米の糖質の合わせ技で脂質が溜め込まれやすくなってしまいますよ。

ちなみにケーキの王様ショートケーキは、小麦粉と砂糖をふんだんにつかったスポンジ生地に生クリームを重ねた、超高糖質×超高脂質食品のスーパーファットフードです。ダイエット中のおやつにはまったく向かない、と覚えておいてください!

ケーキに合わせるドリンクは、紅茶より断然コーヒー!

カフェでケーキセットをオーダーすると、コーヒーか紅茶が選べることって多いですよね。そんなときは迷わず、血糖値の上昇を抑えてくれるクロロゲン酸というポリフェノールが含まれているコーヒーをチョイスしましょう! 

コーヒー豆に含まれているクロロゲン酸は5~10%程度。体内でその力を発揮するとされる有効摂取量は270mgと言われています。『全日本コーヒー協会』のホームページによれば、コーヒー1杯(約140cc)には約280mgのポリフェノールが含まれるという見解があり、ケーキを食べた分が帳消しになるわけではないけど、罪悪感を薄めてくれるはずですよ。ケーキを食べるときはコーヒーと一緒に、と覚えてくださいね。

ケーキはダイエット中にはなるべく食べないようにしたいけど、そのストイックさがストレスとなって暴飲暴食につながってしまうことも...。そうならないためにも、チーズケーキ×コーヒーの上手な食べ方を取り入れて、ストレスの少ないダイエットを実践しましょう。

参考文献:森 拓郎著『「食事10割」で体脂肪を燃やす オトナ女子のための食べ方図鑑』(ワニブックス)

photo:Shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

関連キーワード

関連記事