疲れた肌にはスキンケアだけでなく、インナーケアが最大のポイント!

疲れた肌にはスキンケアだけでなく、インナーケアが最大のポイント!

ストレスや生活習慣の乱れ、睡眠不足などにより、肌がくすんでいて調子が悪いなどといった疲れ肌になっていませんか?疲れた肌にはもちろん保湿などのスキンケアが肝心ですが、それ以前にインナーケアも大切なのです。

疲れた肌はスキンケアだけでは改善しにくい⁉︎

なんだか暗くてくすんだ肌…美白ケアをしてもなかなか透明感がなく濁っている…などといった疲れた肌には、スキンケアだけでなくインナーケアが必須。
新しく基礎化粧品を買い揃える前に、まずは自分の日常生活を見直してみましょう。

インナーケアで疲れた肌を元気に!

まずは、栄養のバランスが取れた野菜中心の食事を心がけて、温かい飲み物やスープを飲んで胃腸に優しくしてあげましょう。
飲酒や脂っこいものを食べ過ぎると胃腸が疲れて、ほうれい線が深くなったり、顔がたるんだりしてしまう場合も。冷たい飲み物はひかえつつ、暴飲暴食に気をつけてくださいね。

そして質の良い睡眠をたっぷり取りましょう。睡眠をしっかり取ると、細胞の修復がスムーズに行われて若返り効果のあるホルモンの分泌が活発になり、疲れた肌を補修してくれます。
カモミールティーを飲んだり、ラベンダーの香りのアロマを焚いて間接照明にすると入眠しやすくなりますよ。

スキンケアとインナーケアで健康的な肌へ

インナーケアをしたら、セラミドやコラーゲン、プロテオグリカン、ヒアルロン酸などが含まれた化粧水や美容液でたっぷり保湿をしてあげましょう。
疲れた肌にはシートマスクも効果的です。

インナーケアとスキンケアのダブルアプローチで健康的なお肌を手に入れてみてくださいね。

関連記事