【ヘアオイル特集】つるつるの天使の輪が作れる!おすすめの商品3選

【ヘアオイル特集】つるつるの天使の輪が作れる!おすすめの商品3選

髪の毛の健康状態を維持するには、ヘアカラーやパーマ・アイロンをする際に失われた栄養成分を継続的に補給してあげることが大切なポイントです。今回は天使の輪を生み出す栄養分たっぷりの最強ヘアオイルについて厳選した3点をご紹介します。

【ヘアオイル】おすすめの商品を厳選!

1. モロッカンオイル オイルトリートメント
海外セレブが愛用していることで話題のモロッカンオイルのトリートメント。人気口コミサイト@コスメでもベストコスメアワードで殿堂入りを果たしています! 髪の毛に潤いを与えるアルガンオイルを始め、補修成分のプロテイン・脂肪酸・ビタミン類などの質の高い栄養成分を豊富に含んでいます。また、香りはバニラムスクのような甘く魅惑的な香りです。

2. 本島椿 純椿油
明治43年創業の老舗メーカー本島椿の純椿油です。1000円以下で2,3ヶ月以上持つことから、コストパフォーマンスが非常に高いヘアオイルと評判です。

3. ロレッタ ベースケアオイル
ふんわりとしたローズの香りが広がる、ダマスクローズオイルを配合したロレッタのベースケアオイルです。付け心地はさらっとしているのでヘアオイル初心者の方にも使いやすい商品の一つです。

ヘアオイルの効果・役割とは?

1. アイロンの熱から保護してくれる
ヘアオイルを塗り、髪の毛をコーティング使用することでアイロンやドライヤーの熱から保護することができます。特にシャンプーした直後は、髪の毛に付着していた油分をオフしているため無防備な状態。そのままドライヤーをすることで髪がパサつき乾燥してしまうので、お風呂上がりはタオルで水気を拭いた後、ヘアオイルを塗る癖付けをすると良いでしょう。

2. 必要な栄養成分を閉じ込める
ヘアパックやコンディショナーでヘアケアを行っていても、髪が乾くとそのまま栄養成分が蒸発し、乾燥してしまう可能性があります。しかし、ヘアオイルを塗ることで補給した栄養成分が蒸発することなく潤いある髪の毛をキープしてくれます。

3. キューティクルを整えてまとまりのある髪に
ヘアオイルには、キューティクルが剥がれた凸凹状態の髪の毛の表面を整える効果が期待できるため、継続的に使用することでまとまりのある健康的な髪の毛へと改善することができます。

ヘアオイルの正しい使い方について

1. 髪の毛の長さに合った適量のヘアオイルを手のひらに広げましょう。

【長さ別の目安について】
・ショートヘアの場合→2プッシュ
・セミロングヘアの場合→2、3プッシュ
・ロングヘアの場合→3、4プッシュ

2. ヘアオイルを手のひらの中で温めるようになじませます。
※手のひらの中で少し温めると髪の毛により栄養分が浸透しやすくなります。また、手のひらに一旦広げることで均等に髪の毛に行き渡ります。

3. 頭皮や髪の根元を避け、毛先・内側をメインに塗ります。その際、表面にベタッと多めにつけてしまうのではなく内側までほぐすように馴染ませていきます。表面は最後の仕上げに薄くのばす程度で構いません。
関連キーワード

関連記事