【初心者向け】キュートな猫目・たれ目になれるアイラインの引き方

【初心者向け】キュートな猫目・たれ目になれるアイラインの引き方

イマドキ女子に人気のメイク方法である「たれ目」「猫目」になれるアイラインの引き方についてご紹介します。アイラインの引き方を少し変えるだけで、まるで別人のような顔出ちへと仕上げることができるのでトライしてみませんか?

猫目風アイラインの引き方について

<猫目風アイラインの引き方>
ペンシルアイライナーで粘膜にラインを引いた後、リキッドアイライナーでラインを引きます。この時、目尻側を少しはねさせるのがポイントです。次に、目尻側を太めにしたラインを引き、ペンシルアイライナーで「く」の字に引きます。仕上げに下瞼の粘膜(目尻側1/3のみ)にラインを引いて完成です。

<アイシャドウの塗り方>
1.ベージュ系アイシャドウをアイホール全体に塗っていきます。
2.薄いブラウン系アイシャドウを二重の幅に沿って塗り、目尻部分はピンとはねさせるように塗ります。最後に目尻部分を指でぼかします。
3.濃いめのブラウン系アイシャドウをアイチップを使って目のキワぎりぎりに沿って細く塗っていきます。こちらも少しはねさせるように塗り、最後は指でぼかします。

たれ目風アイラインの引き方について

<たれ目風アイラインの引き方>
たれ目アイラインのポイントは、目尻から思いきってはみ出すように描くことです。
まず、まつげの上に沿ってラインを描いていきます。そして目尻の流れに沿って自然に引いていきます。その際、あまり太く描き過ぎないよう注意しましょう。太く描き過ぎてしまうとあまりナチュラルな仕上がりにならないため、なるべく細く長いラインを描くようにします。最後に、まつげとまつげの間をしっかり埋めて完成です。
※ナチュラルな目元を演出したい場合はブラウンのアイライナーがオススメです!

<アイシャドウの塗り方>
1.パール系ホワイトのクリームアイシャドウをまぶた全体に薄く塗ります。
2.ベージュ系のアイシャドウ(ラメ入りの商品がおすすめ)を重ね塗りします。
3.ブラウン系アイシャドウをアイライナーを作るように細く塗ります。その際、目頭は避けて目尻を中心に塗ることがポイントです。
4.下瞼にはピンクベージュ系のアイシャドウを使用します。少し微笑むと涙袋が表れるのでぷっくり盛り上がった部分に沿ってアイシャドウをポンポンと塗っていきましょう。

アイラインの選び方ポイントとスキンケア方法

【アイラインの選び方ポイント】
・ファンデーションやアイシャドウの上からラインを引いてもにじみにくいもの
・耐久性が良く長時間発色をキープできるもの
・アイラインを引きやすいもの
・ぬるま湯でスルッと落としやすいもの

【アイラインのスキンケア方法】
乳液・フェイスクリームといったアイテムを目の周りにつけすぎてしまうと日中、メイク崩れを引き起こす原因になるため塗る量には注意が必要です。
また、アイクリームなども朝〜昼にかけては少しさっぱりとしたテクスチャーのものを使用すると尚良いでしょう。
関連キーワード

関連記事