アレ?口の周りが荒れている!これって何が原因なのでしょうか?

アレ?口の周りが荒れている!これって何が原因なのでしょうか?

いつの間にか口の端が荒れていることありませんか?荒れていると化粧ノリも悪いし、見た目もよくないですよね。原因を追究してなるべく早く治したいもの。もしかしたら病気かもしれないので見分け方もご紹介いたします。

口の周りが荒れている原因

いつの間にか口の周りがガサガサしたり、荒れていたり、赤くなっていたり、といったことはありませんか?
口元は顔の印象を大きく左右すると言われているので、状態が良くないと印象も悪くなってしまいますよね。
食べたり飲んだりする部分なので、汚れやすい場所ではあります。
口の周りの乾燥の原因は、大きく分けると2つあると言われています。

1.生活習慣によるもの
間違ったスキンケアをしているとどんどん乾燥して荒れてしまいます。
洗いすぎたりこすりすぎたりすると、角質層がダメージを受けバリア機能が失われてしまい、水分の保持力が低下して乾燥しやすくなってしまうのです。
濡れた状態で摩擦を受けるとダメージが大きくなり、口の周りは乾燥しやすいのです。
また、落ちにくい口紅は洗浄力の強いクレンジング剤等を使用するため、必要な潤いも落としてしまう恐れがあるのです。

2.皮膚炎
口の周りを頻回になめることによっておこる皮膚炎。舌なめ皮膚炎が肌荒れを進行させ悪化させていたりします。
また、口の周りに色素沈着が見られる場合はアトピー性皮膚炎かもしれません。アトピー性皮膚炎になると肌のバリア機能が低下する為、わずかな刺激にも敏感になり乾燥しやすくなってしまいます。
口の周りだけ症状が出るタイプのアトピー性皮膚炎だったりする場合があるので、口の周りが荒れがちな人は色素沈着がないか確認してみましょう。

荒れを改善するために生活習慣を見直そう

皮膚炎の場合は、病院での治療により改善したりします。生活習慣による乾燥対策には、できるだけ落としやすい化粧品や刺激の少ないクレンジング剤を使用するようにしましょう。
また、規則正しい生活と食習慣を正すことで改善される可能性もあります。

スキンケアには、保湿成分が多いセラミド配合の化粧水を選ぶのがおススメです。
セラミドの種類の中でもヒト型セラミド(バイオセラミド)は、高保湿力があるだけでなく、刺激も少なく深い層へ浸透してくれるそうです。

関連キーワード

関連記事