ベタベタ皮脂を取り除きすぎるのはNG!潤いを残す洗顔方法って?

ベタベタ皮脂を取り除きすぎるのはNG!潤いを残す洗顔方法って?

これから暑くなり、顔が皮脂や汗でベタベタになりやすい季節がやってきます。このベタつきが嫌だからといって、1日に何回も洗顔をするとカサカサの乾燥肌になってしまう場合が…。そこで春夏におすすめの潤いをキープしながら洗う洗顔方法をご紹介します。

春夏の肌は皮脂でベタつきがち…洗顔のしすぎに要注意!

汗をかいたり、皮脂が出て気になるからといって、つい顔を洗いすぎていませんか?
1日に何回も洗顔をしてしまうと、必要な皮脂まで洗い流して肌が乾燥し、キメが乱れてごわついたり…という可能性が出てきます。

元々肌にある適度な皮脂は、バリア機能があり外部刺激から守ってくれたり、水分の蒸発を防いでくれるなどといった働きがあるため、洗顔のしすぎには気をつけましょう。

潤いをキープしながら洗顔をする方法

ベタつきがちな季節の洗顔のポイントは、適度に肌の皮脂を落としつつ、潤いを残すこと!ではどうしたらいいのでしょうか。

まずは、清潔な肌のUゾーンに予め保湿クリームを塗っておきます。油分によって水を弾くので、乾燥しがちなUゾーンの潤いを守ってくれるのです。

そしてたっぷりの泡を立て、擦らず優しく洗っていきます。皮脂が多いTゾーンを重点的に、泡を転がすイメージで。クリームをつけておいたUゾーンもさっと泡で洗う程度にして、ぬるま湯でしっかりすすぎましょう。そのあとは、すぐに保湿に取り掛かってくださいね!

正しい洗顔でベタつき知らずの美肌へ

特にべたつきやすい春夏の洗顔は、たくさん行うのではなく朝夜の1日2回までが最適です。
また、洗顔料に記載されている適量を守らないと、 洗浄力が強くなり必要な皮脂を洗い流してしまう可能性があるので使用量を守りましょう。

関連記事