紫外線量がぐんと増える春夏の夜スキンケアはじっくり念入りに!

紫外線量がぐんと増える春夏の夜スキンケアはじっくり念入りに!

これからぐっと紫外線量が増え続ける季節がやってきます。日焼け止めクリームなどで紫外線対策をしていても、肝心なのは帰宅後のスキンケア。特に夏のスキンケアはゆっくりじっくり念入りに行い、シミとは無縁の美白肌を目指してみませんか?

たっぷり紫外線を浴びた夏のスキンケアは特に念入りに!

夏になり、紫外線をたくさん浴びた日はその夜のスキンケアが最も重要です。日焼けをして放置しておくと、秋になるにつれてシミに変化していく場合があるのでしっかりスキンケアをしていきましょう。

紫外線を浴びたらそのままにせずにその日の夜のうちにケアをするだけで日中の日焼けダメージを軽減することができますよ。

夏の夜のスキンケアは保湿と美白を両立して

夏場は汗をたくさんかくことで肌が潤っていると勘違いしている方が多いようです。 しかし、汗が乾くときに肌の必要な水分を奪って潤い不足になってしまうため、保湿ケアも欠かせません。

洗顔後、たっぷりの美白化粧水を手で馴染ませたあと、コットンがひたひたになるくらい化粧水を染み込ませて目元や頬骨あたりなどの紫外線を浴びた部分にコットンパックをしていきましょう。

そのあと高保湿の美容液をたっぷりなじませ、乳液もつけていきます。乾燥が気になるなら、化粧水と同様にコットンに乳液を含ませたパックもおすすめですよ。
特に目元周辺は皮膚が薄く、紫外線の影響を受けやすいためアイクリームを塗り込み潤い補給をしてくださいね!

透明感のある肌になるには、紫外線を浴びたその日の夜のスキンケアが肝心!

夏のスキンケアのポイントは、紫外線を受けた敏感な肌に潤い補給をしつつ、美白ケアをすること。美白化粧水と高保湿美容液を使えば、潤いと美白効果を期待することができますよ。
 丁寧にじっくりケアをして、紫外線に負けない透明感のある肌を保ちましょう!

関連記事