肌を優しく育てる!オーガニック化粧水を使いたい理由とは?

肌を優しく育てる!オーガニック化粧水を使いたい理由とは?

肌に優しいというイメージがあるオーガニック化粧水。試してみたいけれど、選び方がわからないという方は多いのではないでしょうか?そんなオーガニック化粧品初心者の方にオススメしたい、オーガニック化粧水を選びたくなるような魅力や選び方をご紹介します。

実は知らないオーガニック化粧品のこと

肌に優しいというイメージがあるオーガニック化粧水。しかしオーガニックと言っても、どんな成分が含まれているのか?なぜ、肌に優しいと言われているのかは意外と知られていません。一般的な化粧品とどういった点が違うのかを見ていきましょう。

●オーガニック化粧品とは?
オーガニック化粧品とは、肥料や化学合成成分を使用せずに栽培された、有機素材で作られた化粧品のことです。素材そのものの力により人間が持っている自然治癒力を高め、肌をケアすることが目的で、肌への刺激が少ないという特徴があります。
肌に優しいと言われているのは、このように肌に刺激となりやすい化学物質を含んでいないという特徴によるものが大きいでしょう。肌荒れなどのトラブルの可能性を軽減してくれる化粧品であるため、敏感肌の方でも心配が少なく使用できると言われています。

●よく聞く”無添加””天然由来”はオーガニックとは違う?
一般的に売られている化粧品の中には”無添加”や”天然由来”という、オーガニックな感じを思わせる表記のものがありますよね。しかしこれらには、なるべく控えてはいるものの化学合成成分は含まれています。だからと言って肌に優しくないというわけではないので、それぞれの特徴を確認しましょう。

無添加化粧品は、人工添加物が含まれていない化粧品のことを言います。人工添加物とは防腐剤や合成色素、石油系界面活性剤などを指し、保湿力を高めたり、肌なじみをよくするために使われる場合があります。無添加と聞くと合成成分が一切使われていないと思うことが多いですが、この場合の無添加という表現は「旧厚生省が指定したアレルギー反応が起こる危険性がる化粧成分を抜いた」という意味なので、その他の合成成分は使われていることがあります。

天然由来化粧品は、自然派化粧品と呼ばれることもありますが、これらは天然の素材を加工し、精製しているもののことを言います。植物由来の原料などを多めに使った化粧品ですが、一緒に配合されているものの中には合成成分もたくさん入っている可能性があるため、成分表記の確認が必要です。

●一般的な化粧品との違いとは?
ケミカルコスメとも呼ばれる一般的な化粧品は、その成分よりも使いやすさや安さを重視して作られていることが多いのが特徴です。化粧水ならば浸透しやすいように石油系のミネラルが配合されることが多かったりと、製品に合わせた合成成分が取り入れられます。オーガニック化粧品と違い、一定のクオリティを保ちながら大量生産できるので、その安さは魅力の一つと言えるでしょう。

初心者が知りたいオーガニック化粧水の選び方

オーガニック化粧水と言っても様々なものがあり、試してみたいけれどどうやって選べばいいかわからないという方も少なくないのではないでしょうか。ここでは、オーガニック化粧水を選ぶポイントをご紹介していきます。

●何がオーガニックなのか?
その商品、またメーカーが、何を基準としてオーガニックだとしているのか?どういったところがこだわりのポイントなのかを知ることが大切です。きちんとこだわりをもって作られた商品ならば、説明にもしっかり書かれているはず。パッケージやホームページなどでチェックしてみましょう。

●オーガニック化粧品の基準とは?
まず知っておきたいのが、オーガニック化粧品と呼ぶための明確な基準はあるのかということ。実は、日本においては、食品に関してはオーガニック認定に厳格な決まりがあるものの、化粧品に関してはそういった決まりがありません。日本製のオーガニック化粧品として売られているものは、各メーカーやブランドの独自の判断によるもので、その定義は曖昧な部分があります。
自分でしっかり調べて信頼できる化粧品ブランドを見つけることが大切です。

●世界のオーガニック化粧品の基準
世界で統一したオーガニックの基準はありませんが、オーガニック化粧品の認証機関は世界にたくさんあります。それぞれの国や認証機関によって、その基準や定義は異なりますが、一番共感できる認証機関に出会えたら、そのロゴのついている商品を選べば安心できますよね。その認証機関をいくつかご紹介します。

ECOCERT(エコサート):フランスで設立された世界最大規模の認証団体です。95%以上が自然原料必須、全体の5%以上がオーガニック必須、植物原料の50%以上はオーガニック必須という基準を設けています。

demeter(デメター):ドイツで設立され、世界でもっとも基準が厳しいと言われている認証団体です。バイオダイナミック農法という、植物に本来の生命力をもたせて育てるための徹底した農法が必須になっており、そうして栽培したデメター認証原料を90%以上使用していること、化学香料は使用不可、動物実験禁止という基準が設けられています。

●何はともあれ試してみる
いろいろと選ぶために参考できるポイントはありますが、最終的には試してみることが大事です。トライアルセットなどを用意しているブランドもありますので、まずは気軽に気になるオーガニック化粧水を試してみましょう。
アレルギーをもっている方は、その点を考慮することを忘れずに。
天然素材の中には大豆など、アレルギー原料になるものが含まれている場合もあります。自分の体質にあったものを見定められるように調べていきましょう。

プチプラオーガニック化粧水ブランド

オーガニック化粧水は製法の問題で大量生産が難しかったり、材料を厳選しているため、価格が高めに設定されることが多いものです。しかし、高いものを試しに買うのはなかなか気が進まないこともありますよね。そこで入門編としてご紹介したいのが「プチプラのオーガニック化粧水」です。3000円以下の安さながらオーガニックの品質が高いと口コミの化粧水をご紹介します。

●マークスアンドウェブ:センシティブハーバルウォータージャスミン
入手しやすく人気な「マークスアンドウェブ」のスプレータイプの化粧水です。保湿成分モモ葉エキスを配合したしっとりとした使い心地で、アルコールフリーなので敏感肌の方にも良いでしょう。110mlで1706円(税込)なので、試してみるにもちょうどいいお値段、サイズ感です。

●メルヴィータ:フラワーズローズフェーストナー
フランス発のオーガニック認証ブランド「メルヴィータ」の化粧水です。ECOCERTの認証を受けている品質への信頼感がありながら100ml2200円(税抜)という価格。保湿力で口コミ評判が高く、その肌触りの良さも魅力のひとつです。

●ウェリナ:クリアヴェリーモイスト
ハワイ発のオーガニックブランド「ウェリナ」の保湿化粧水です。顔にも体にも使える便利さと、ハワイアン海洋深層水を使った高い保湿力が魅力の化粧水。100ml2600円(税抜)で全身に使えるというのはとてもお得に感じられますよね。

安さが嬉しい無印良品のオーガニック化粧水

もっと手軽に安く入手して試してみたいという方には、「無印良品」のオーガニック化粧水がオススメです。無印良品のオーガニックシリーズは一般的なオーガニック化粧品に比べて安価で化粧品周りをシリーズで揃えやすいことも魅力のひとつ。肌荒れ防止に優れたカモミール、肌のキメを整える効果のあるラベンダーなどの8種の植物性うるおい成分を配合し、乾燥が気になる肌をしっとりと保ちます。また清涼感のあるハーブ系のエッセンシャルオイルの香りを楽しめるという特徴ももっています。

家用として試しに置くならば「オーガニック薬用美白化粧液200ml」が2000円(税込)、もっと少量で持ち運びもできるものなら「オーガニック薬用美白化粧液(携帯用)50ml」が600円(税込)と、手に取りやすい価格になっています。

国産オーガニック化粧水を選びたい理由

先にも書いた通り、国産のオーガニック化粧水には明確にオーガニックの基準がないため、厳しい基準が設けられている海外のオーガニック化粧水を使う方が確実だと思われるかもしれません。それももちろん選択肢のひとつです。しかし、それでも国産のオーガニック化粧水は評判が良く、選ばれる理由があります。

●日本人の肌に合わせて作られているということ
外国産のオーガニック化粧水が合わない理由に「香りが強すぎる」や「ポンプの機能性が良くない」などがあげられることがあります。これは肌質や感覚、生活習慣の違いによるところが多いと言われています。そういった面に関して、日本製のオーガニック化粧水は非常に繊細に作られているものが多く、日本人好みに作られているため不満が少ないのです。

●継続して使いやすい価格設定であるということ
オーガニック化粧品は、自分に合うもの、好みのものが見つかってからは、より高い効果を感じるためにも継続して使用することが大切です。続けて使うためには値段も重要になってくるもの。外国産のオーガニック化粧水は現地で買えば高くないものでも、輸入することによって値段が高めになってしまうことも少なくありません。
継続して使うことができるものなのか?このような点も考慮してオーガニック化粧水を選べると良いでしょう。

信頼できる日本製オーガニック化粧水ランキング

国産オーガニック化粧水と言っても、海外オーガニックブランドに対抗できるような厳しい自社基準を設けて製品を作っているブランドもあります。その中でも、知名度や人気があり安心してオススメできるブランドをランキングにしてご紹介いたします。

1位:HANAオーガニック
厳しい自社基準を設け、肌への優しさにこだわって作っている実力派国産オーガニックブランドです。「2015年度国産オーガニックコスメ通販売り上げ第1位」に輝いたHANAオーガニックの特徴は、オーガニック化粧品でもシミや美白対策に力を入れているところ。雑誌などのメディアでの取り扱いも増えている注目のブランドです。トライアルセットがあるので気になる方はぜひお試しください。

2位:L'ORACLE(オラクル化粧品)
北海道に自社農場をもつほどのこだわりをもったブランドです。保湿力を高めるための合成成分を使用せずに、植物の力を発揮して作られているという特徴があります。使用原料のオーガニック比率が明らかにされていないため2位になっていますが、有名芸能人の愛用者も多く、知名度・実力ともに評判の高い国産オーガニックブランドです。

3位:琉白(るはく)
海ぶどう、クチャなどの沖縄の素材を中心に作られており、世界でも最大規模のオーガニック認証機関「ECOCERT」の認証を受けた国産オーガニックブランドです。肌本来の力を取り戻すケアを推奨している琉白。比較的値段設定が低く、継続して使うには嬉しいというのも大きな魅力のひとつです。

合わせて使いたいオーガニックメイクブランド

肌に毎日のように触れるものと言うと化粧水などのスキンケア化粧品をイメージすることが多いですが、毎日のように使うという点はメイクアップ化粧品も同じです。そのため、メイクアップ化粧品もオーガニックな肌に優しいものを使うとケアの効果を高めたり、肌の状態を持続しやすくなると言われています。そんなオーガニックなメイクアップブランドをご紹介します。

●TV&MOVIE:10min ミネラルパウダーファンデ
オーガニックでナチュラルな成分を厳選し、自然の製法にこだわったメイクアップブランド「TV&MOVIE」。肌に優しい品質でありながら、そのブランド名からも想像できるような高画質にも対応できるというカバー力が特徴です。このファンデーションもそんな特徴を踏まえてり、肌への負担の少なさが感じられると評判です。

●アムリターラ:アメージングオーガニックファンデーション クリーミーモイスチャー
アムリターラは九州の自社農園をはじめとした、世界中から厳選したオーガニックな野生の植物由来の成分を使用した国産オーガニック化粧品ブランドです。その厳しい自社基準で作られた化粧品の中でオススメしたいのが、このファンデーション。ココナッツオイル、ホホバオイルなどの美容オイルを贅沢に配合したこのファンデーションはクリーミーなうるおいを与えてくれるという評判で、スキンケアまでできるほどの品質の高さが魅力的です。

●THREE:リニューイングパウダーファンデーション
自然由来の成分にこだわって研究・開発が進められているオーガニック化粧品ブランドのTHREEは使用する原料に強いこだわりがあり、オーガニック認定基準に達したものしか使用しないというような特徴があります。
その中でもこのファンデーションはオーガニック成分配合でつけ心地がよく、生まれ持った素肌を生かすような魅力があるとの評判。日本人の肌に美しく馴染むようなカラー設計がなされています。

オーガニック化粧水初心者の方は、まずは選ぶポイントをおさえて、いろいろなものを試してみることがオススメです。オーガニックな化粧品は自然なものを取り入れているので成分が強い場合もあり、お肌に合わないということもあります。様々な基準を満たした安全性の高いものでも肌との相性は使ってみないとわからないもの。ぜひトライアルキットなどを上手に活用して、肌質に合ったオーガニック化粧水を見つけてみてくださいね!

関連記事