「若返りの水!?」をアロマオイルで簡単手作り

「若返りの水!?」をアロマオイルで簡単手作り

ローズマリーのアロマオイル(精油)を使った、若返りの水とも呼ばれる「ハンガリアンウォーター」の作り方と使い方を伝授!

ハンガリアンウォーター 50mlのレシピ

【材料】
・アロマオイル(精油)
  ローズマリー・ベルベノン 5滴
  レモン 3滴
  ラベンダー 2滴
・グリセリン 5ml
・ローズウォーター 45ml
・スプレーボトル 1本
※精油は天然成分100%のエッセンシャルオイルをご使用ください。

【作り方】
1、ガラス瓶にグリセリンを入れ、そこに精油を入れる。
2、ガラスの撹拌棒で混ぜる。なければ竹串などでも可。
3、2に少しずつローズウォーターを注ぎながら混ぜる。
4、混ぜ終わったら、植物性の無水エタノールで消毒しておいたスプレーボトルに、ハンガリアンウォーターを入れて出来上がり。
※使用する精油は、ローズマリーをベースに、自分の肌に合ったものに変更しても可。
※レモンの精油を使用しているので、日の明るいうちの使用は避け、夜にご使用ください。

【使い方】
夜の洗顔後、植物オイルを顔全体に薄く塗り、その後にハンガリアンウォーターをつける。
乾燥が気になる場合、最後に保湿が期待できるホホバオイル(化粧用)などを塗る。
※化粧水のスプレーボトルは、よく振ってからご使用ください。

ハンガリアンウォーターとは

話は14世紀までさかのぼります。その時のハンガリー王妃・エリザベートは、体の不調に悩まされていて、その病名は、痛風やリウマチだったのではないかといわれています。ローズマリーが入った液体でその痛みを抑えていたところ、70歳を過ぎていたエリザベートは健康を取り戻したのだとか。そして、どうやら健康だけではなく、本来の美しさも取り戻したのかもしれません。だって、20代半ばくらいの隣国ポーランドの王子からプロポーズを受けたというのですから! 王子の年齢は、40代や50代との説もありますが…。

※精油の取り扱いは、ラベルやパッケージに記載されている「使用上の注意」をお守りください。
※使用する際は、必ずパッチテストを行ってください。
※精油の濃度は1%程度が一般的です。
関連キーワード

関連記事