医師も実践の「決して動かさない」美容法で、ずっと老けない女になる

医師も実践の「決して動かさない」美容法で、ずっと老けない女になる

若々しくキメ細かな肌は女性のあこがれ。でも肌は常に外的刺激にさらされています。普段良いと思ってやっている事が、実は致命的なミスだったりして!

表皮はわずか0.3mm!さらに4層に分かれています。

人間の肌は、大きく「表皮」と「真皮」に分けられます。
でもその厚みは両方合わせても、わずか0.5~1.5mm程度しかありません。肌がいかに薄いか、よくわかりますよね。

外側にある「表皮」は厚さわずか0.3mmほどで、4層に分かれています。その一番外側にあるのが0.03mmほどの角質層。ちょっと指でこすっただけでも剥がれ落ちてしまう薄さです。
表皮が新しく生まれ変わるターンオーバー期間が約1ヶ月と言われていますよね。

真皮のターンオーバー期間は2〜3年!

表皮の下の「真皮」は、ネット状のコラーゲン繊維と弾力成分の隙間にヒアルロン酸が満たされた状態で表皮を支える役割をしているのです。
そして、その真皮の中に繊維芽細胞と呼ばれる真皮そのものを作り出し、また古い真皮を排出する為の細胞が含まれているのです。
この真皮が新しく生まれ変わるまでには2〜3年掛かるといわれています。

美容皮膚科医が推奨。絶対に動かさない美容法。

皮膚は、本当に繊細。ごりごり顔をマッサージしたり、ごしごしタオルで拭くことがいかに恐ろしいか分かりますよね。
強い刺激を加える事で、真皮が崩れると、それがそのまま顔の崩れにつながるのです。
そこで、オススメしたいのが、美容皮膚科医も実践している「動かさない美容法」。

これは特に洗顔とメイクの際に実践して頂きたい美容法になります。
ポイントは5つ!

1、洗顔はこすらず、タップリの泡を顔に押し付けて行う。
2、すすぎも水を押し付けて行う(シャワーで流すのは厳禁)。
3、顔の水分はティッシュを乗せてオフ。
4、化粧水をつける時に、絶対にパッティングをしない。
5、ファンデーションは洗顔で洗い流せるミネラル系を「とにかく極薄に」。

この5つです。
とにかく肌に負担が掛かるのが、洗顔とメイク。
このときに、極力肌を「こすらない」というのが重要なのです。
洗顔をする時は、必ずタップリと泡を立ててその泡に汚れを溶かし出すような気持ちで行いましょう。泡を流す時も、手でこすらず、水を押し付けて洗い流すように。
顔の水分はティッシュを乗せて押さえる事で、タオルの雑菌をつけずにオフ。

メイクをする時も、こするのではなく、乗せるイメージで。
最近は薄付きメイクがはやりなので、肌に負担の掛からない優しいミネラルメイクに切り替えて、内側から輝くような、厚塗りメイクの要らない肌につくり変えていきましょう!
かお

関連記事