抜けない女になる。基本のケアで、季節の変わり目の抜け毛を予防

抜けない女になる。基本のケアで、季節の変わり目の抜け毛を予防

30歳をすぎて髪のボリュームが少なくなってくる、という悩みを抱えている方も多いのでは? いつまでも若々しい髪を保つにはやっぱり基本のヘアケアが大事です。

伸びた髪は死んだ細胞。まず気にかけるべきは頭皮です。

サラサラと風になびくストレートな髪。艶やかにカールした豊かな髪。健康的で美しい髪をしていると、それだけでとても華やかに見えるもの。
でも、髪の毛は既に死んでしまった細胞。
確かに、キューティクルのケアなどで死んだ細胞であっても、美しく保つことは大切です。
ただ、大元の毛根から健康な髪を育てていかないと、ケアしてもケアしてもなんだかパサついてしまったり、頑張ってブローをしてもつやが出にくくなってしまったりと、根本の解決にはなりません。

そこで大切になるのが、頭皮ケア。頭皮のケアを見直して、健康的な髪を目指しましょう。

頭皮も皮膚の一部。血行の滞りは厳禁です。

全身に栄養やタンパク質を運んでいるのは血液。もちろん頭皮も例外ではありません。
頭皮の血流が滞ると、毛根に栄養が届きにくくなって、髪が痩せてきてしまうのです。痩せた髪を支える毛根も、機能が衰えて余計に髪が抜けやすくなってしまうという悪循環に。

まずは、シャンプーのついでに、指の腹を使ってしっかりとマッサージをして、頭皮の血行促進を図りましょう。
美容師さんに聞いたところ、シャンプーをする時に1分間のマッサージを習慣にするだけでも全然違うとか。
特に頭全体に行き渡る血管が通るのが、耳の上。頭全体をマッサージしつつ、耳の上は特に念入りに揉み込んで。

洗い残しは雑菌の温床に。きっちり流してきっちり乾かす。

また、シャンプーやリンスを洗い残してしまうことで、酸化し、頭皮に悪影響を及ぼす事も。
特にリンスやトリートメント剤を十分に流さない方が多いのですが、理想は3〜5分かけてシャワーでしっかりとシャンプーやリンスを洗い流す事。
しっかりと流しても、リンスやトリートメントの効果は落ちません。

乾かし方にも要注意。
髪の長いかたは特に、髪を適当に乾かしていませんか?
最近流行の髪の速乾法は、タオルをかぶってその上からドライヤーを当てるというもの。この方法だと、髪が長い方でも比較的短い時間でしっかり乾かす事が出来ます。
ただ、長い分どうしても地肌には湿気がのこりがちになるので、髪を少しずつ持ち上げて、必ず地肌まで風に当てて乾かしてくださいね。

これから夏にかけて髪は一年で最も紫外線や外気の影響を受けやすい季節。今からしっかり基本のケアをする事を当たり前の習慣にして、次の季節の変わり目には抜け毛が少なくなるように頑張りましょう!
髪

関連記事