毎日着るのは良くない?「カップ付きインナー」のデメリットとは

毎日着るのは良くない?「カップ付きインナー」のデメリットとは

幅広い年代に大人気の「カップ付きインナー」。愛用しているという方も多いのではないでしょうか。特に、薄着になる季節には大活躍しますよね!とても楽チンで、着心地も良いのですが、実は身体にとってデメリットもあるんです!

大人気の「カップ付きインナー」。毎日の着用でデメリットも?!

「着心地が良い」「ブラジャーの透けを気にしなくて良い」などの理由から、人気のある「カップ付きインナー」。
ユニクロの「ブラトップ」が代表的なものとして挙げられますが、今では様々なメーカーから発売されていますよね。

ブラジャーのような締め付けがないので、着ていてとにかく楽チンな「カップ付きインナー」。
ブラジャーに比べるとお手入れも楽で、その快適さを知ってしまうともう手放せない、という方も多いのでは?
特に、シャツやブラウスなど薄手のトップスを着る時には、下着の透けを気にしなくて良いので大活躍ですよね!

しかし、楽だからといってブラジャーの代わりに毎日着ける、というような使い方をすると、デメリットもあるんです。

■胸が垂れる
胸には「クーパー靭帯」という繊維組織があります。これは、胸を支え、ハリを作り出してくれているのですが、この靭帯が伸びたり切れたりすることで、胸が垂れてしまう原因に。
クーパー靭帯は加齢によって弱っていきますが、胸をしっかりホールドしないで毎日過ごすことでも、弱ってしまうそう。
「カップ付きインナー」はホールド力が弱いものも多いので、ブラジャーの代わりにしてしまうと胸が垂れる原因にもなります。

■胸のお肉が背中に流れる
ブラジャーに比べ、補正力や安定力が低い為、お肉が背中に流れやすいです。
キレイなバストラインを保つ為には、やはりブラジャーを着用する方が良いでしょう。

■バストラインが崩れる
カップ付きインナーでは、しっかりと胸を支えることが出来ません。
お腹と胸の境界線部分にある湾曲したラインである「バージスライン」が崩れてしまう可能性も。

上手に活用!「カップ付きインナー」の正しい選び方と使い方

毎日着けると、胸が垂れたり、バストラインが崩れる可能性がある「カップ付きインナー」。
しかし、着心地が良く、お手入れも楽で、快適なインナーですので、上手に使いこなしたいですよね!
いくつかのポイントをお伝えします。

◎毎日の着用は避ける
締め付けが無く、楽チンなので、つい毎日着用したくなりますが、常用することは避けましょう。
一日着用したからと言って、胸が垂れるということはありませんが、長期間になると、その可能性は大いにあります。

◎自分のサイズに合ったものを選ぶ
身体に合ったサイズのものを着用することで、少しは胸を安定させることが出来ます。

◎キャミソールタイプにする
「カップ付きインナー」には、様々な種類がありますが、その中でもキャミソールタイプがおすすめ。
肩紐が調節出来るので、自分の胸の位置に合わせて着ることが出来ます。

デメリットを理解した上で、ブラジャーと「カップ付きインナー」を使い分けてみてくださいね!
関連キーワード

関連記事