敏感肌に人気の「日焼け止め」は?ノンケミカルがおすすめ!

敏感肌に人気の「日焼け止め」は?ノンケミカルがおすすめ!

日焼け止めを選ぶ基準となるSPFやPAといった数値ですが、実は紫外線を防ぐ成分、紫外線吸収剤とノンケミカルの違いも重要です。そもそもこれらの違いとは?敏感肌におすすめの上手な日焼け止めの選び方をご紹介します!

ノンケミカルと紫外線吸収剤の日焼け止めって何がどう違う?

どちらも同じように紫外線を防ぐ効果がありますが、それぞれ防ぎ方に違いがあります。

■紫外線吸収剤…t-ブチルメトキシジベンゾイルメタンなど
皮膚の内部に入ろうとする紫外線を吸収し、それをエネルギーに変えて皮膚の外へ放出することで、紫外線が肌に与えるダメージを防いでくれます。
化学的な作用があるので、肌が敏感な方はピリピリしたり、赤くなるなど肌に負担がかかりやすいと言われています。

■ノンケミカル(紫外線散乱剤)…酸化チタン、酸化亜鉛など
肌に届く紫外線を「反射」させるようなイメージで、紫外線が肌に浸透する量を減らし、肌への悪い作用を減らす効果を持っています。
紫外線を反射させるだけなので、肌への負担が少ないと言われています。

ノンケミカル日焼け止めは効果が長持ちする特徴もあり!

紫外線吸収剤は、肌に届いた紫外線を捕まえてくれるので、一般的にノンケミカルより日焼け止めの効果が高いとされているものが多いです。
しかし、吸収して放出するという作用には限度があるため、一定量以上の紫外線を吸収してしまうと、その効果が発揮できなくなるという欠点もあります。

一方、ノンケミカルの日焼け止めは、日焼け止めクリームに含まれる成分が、鏡のように紫外線を反射させ、紫外線が肌に入る量を減らすという肌に優しいシンプルな構造から、効果が長続きしやすいという嬉しい特徴があります。

ノンケミカル日焼け止め選びの注意点!

ノンケミカル日焼け止めなら絶対に安心?
肌の性質は千差万別なので「絶対」ということは残念ながらありません。
肌に優しいノンケミカル日焼け止めであっても、時に含まれていることがある防腐剤(パラベンなど)やアルコール成分、着色料、香料などの添加物の中に、自分の肌に合わない成分があるかも?という点も考慮して、日焼け止めを選ぶ必要があります。

またオーガニックや低刺激という日焼け止めの中には、植物由来の成分や油分が多めに含まれているものもあります。
植物成分の中には、肌に合わないとアレルギーのような炎症を起こしたり、油分は紫外線による炎症を促進させてしまうことがあったりするので、特に敏感肌の人は、腕の内側などでパッチテストをしてから使用することを忘れないようにしましょう。

そして、夜は必ずクレンジング剤と洗顔料という基本の洗顔法で、しっかりと日焼け止め成分を洗い落とすことが重要です。
なぜなら紫外線から肌をしっかりカバーしてくれる日焼け止めは、肌にぴったりフィットするようなイメージに近く、毛穴をふさいで大人ニキビや肌トラブルの原因となりやすいからです。

自分にあった日焼け止めを見つけて、安心してレジャーシーズンを楽しみましょう!

関連記事