首元は紫外線の影響を受けやすいから気をつけて!正しい対策は?

首元は紫外線の影響を受けやすいから気をつけて!正しい対策は?

日焼け止めを塗るとき、つい顔を重視してしまいますが、実は首元にも紫外線が当たりやすいのです。紫外線がデリケートな首元に当たると、たるみやシワへとつながり、老けてみられてしまう場合があるため要注意!正しい紫外線をしていきましょう。

首元は紫外線がたくさん当たりやすい

顔ばかり紫外線対策をしていて、つい忘れがちな首元。そのため首元は紫外線のダメージを受けやすい部分です。紫外線を浴び続けると、真皮層にあるコラーゲン繊維などが破壊されて、急激に乾燥し、首元の皮膚の弾力がなくなり、シワやたるみになりやすいと言われています。

シワやたるみにならないための首元の紫外線対策のコツとは?

やはり大切なのは日焼け止めを使った紫外線対策。首元は皮膚が薄く、乾燥しやすい部分なので、日焼け止めを塗る前にフェイスケアの延長で化粧水と乳液を伸ばしておきましょう。

また、日焼け止めの選び方は、アレルギーを起こしやすい紫外線吸収剤は避け、ノンケミカル処方のものがおすすめです。さらにパラベン、合成香料、合成着色料が全てフリーのもの、ムラにならないためにも、クリームではなくジェルやスプレータイプの日焼け止めが塗りやすくていいですね。

デリケートな首元の皮膚を擦らないように、優しく均等に伸ばしていくのがシワにならないコツです。帰宅後はしっかり落として、保湿ケアを行いましょう。

首元は汗をかきやすいので日焼け止めをこまめに塗り直そう

首元の皮膚には汗腺が多いため、非常に汗をかきやすい部分です。常に日焼け止めを鞄に入れておき、汗をかいたら清潔なタオルで軽く押さえ、日焼け止めをこまめに塗り直してくださいね。さらにその上からストールを巻いておけば紫外線対策は完璧です!

関連記事