【0円でできる姿勢改善枕!】日中と夜2つの枕が美姿勢の秘訣!?

【0円でできる姿勢改善枕!】日中と夜2つの枕が美姿勢の秘訣!?

起きている間、正しい姿勢を気にしても、寝ている間に無意識に首に負担がかかっていたら×。首にやさしい手作り枕と日中の首枕で首負担を軽減。

日中の首こり、冷えをラクに!【タオル首枕】

首まくら
冬の寒い日はもちろん、夏の冷房冷えを防いで首の血行悪化をケアしながら、前に倒れる首の負担を軽くして、鶏首グセを改善する首枕。肩こり、首こりがラクになるし、二重あごや顔のたるみ予防にも効く!

作り方

1
首を2周巻ける長さのスポーツタオルと、輪ゴムを2本用意。タオルは少し厚みのあるもののほうが、首にしっかりフィットして気持ちいい。

スポーツタオルを広げて4つ折りに

たおるまくら
スポーツタオルを広げてから4つ折りに。4つ折りでは首全体がカバーできない人は3つ折りに。タオルに2本の輪ゴムを通してスタンバイ。
1
①首の左右のこっている側の耳の下(胸鎖乳突筋)にタオルの端を合わせる。
2
②首の前からタオルを1周し、あごの前で1つ目のゴムに通し、2周巻いたら2つ目のゴムに通す。
3
③のど元に、タテに指を1本入れて、あごがタオル首枕にしっかりのっているかどうかをチェック。

自然に寝返りを打てる枕で寝姿勢をラクに【玄関マット枕】

玄関マットまくら
寝返りは体を調整する大切な行動。だから寝返りを邪魔する枕や布団では、日中の悪い首姿勢がリセットできない! 寝返りがしやすいようにフラットで適度なかたさ、そして自分に合う高さの枕を玄関マットで簡単に作れる。

作り方

つくりかた
厚みのあるタオルケットを①タテ半分、②それを二つ折り、③じゃばら状に3つ折りに。かたく、適度な厚みのある玄関マットを、じゃばら状に3つ折りにして土台にする。
チェック
3つ折りにした玄関マットの上に、折ったタオルケットを置いて出来上がり。下の方法で枕の高さを合わせる。

自分に合っているかチェック!

枕が合っているかどうかは、寝返りがしやすいかどうかで決まる! 枕に頭をのせて、体をゴロゴロ左右に転がしながら、枕の高さを調節しよう。
1.
①横向きになり、額から鼻、あご、胸までが一直線になるのが理想の高さ。鏡の前で確認を。
2.
②あお向けに寝て、のどや首に圧迫感がないかを確認したら、次に腕を胸の前でクロスして、左右にラクに寝返りが打てるかを確認。寝返りしづらいようなら高さを調整する。

もし高いと感じたら……

高い
枕が高い、寝返りがしづらいと感じたら、タオルケットを1 枚ずつめくって高さを調整。ずれやすいので頻繁に確認して調整しよう。

撮影/恩田亮一 文・構成/山本美和 構成:芦田夏子

VoCE最新号は「dマガジン」でお楽しみ下さい!

VoCE最新号

dマガジン会員の方は「最新号を読む」から是非続きをご覧下さい。

dマガジン非会員の方はまずはお試し!
今なら初回31日間無料「無料トライアル」へ

関連記事