笑わないのは逆効果?正しい表情筋トレーニングでほうれい線を減らす

笑わないのは逆効果?正しい表情筋トレーニングでほうれい線を減らす

笑うとしわが増えるからと、笑わないようにしている女性もいるかもしれませんが、実は逆効果であることをご存知ですか?今回こちらでは表情筋トレーニングによりほうれい線を減らす方法や合わせて実践したいスキンケア方法について解説させていただきます。

表情筋を鍛える!? ほうれい線を減らすには笑う方が良い?

表情筋を意識的に使わなければ年齢とともに衰え、顔まわりの皮膚を支える力が弱くなりほうれい線のしわが目立ってしまう傾向にあります。表情筋を鍛えるには笑顔を積極的につくることが大切なポイントです。笑いジワが目立つからと無表情でいると表情筋がどんどん衰えてしまうので逆効果と言われています。

また、笑いジワへの対処法としては笑う時に「エ」という形を意識して口角を上げると形状記憶のしわができにくくなるのでおすすめです。

正しい表情筋トレーニングでほうれい線を減らす方法

【風船を使った簡単トレーニング方法】
30〜40センチくらいの大きさになるよう1日30回実践しましょう。表情筋が鍛えられることはもちろん、腹筋を鍛えることができるのでダイエットにも最適です。また、風船は100均等に売ってあるものでも構いませんが、破れにくいダイエット用風船のほうがおすすめです。

【風船を使わない簡単トレーニング方法】
1.口をしっかり閉じ、上の前歯をなぞるように舌の先を当てます。
2.そのまま口の中で時計回りに一周舌を回します。
3.2の動きを時計回りに10回・反時計回りに10回同じように繰り返しましょう。
※1日3〜4セット実践すると効果的です。

ほうれい線に効果的なスキンケア方法や食事内容について

【ほうれい線に効果的なスキンケア方法】
化粧品だけでは一度できたほうれい線を完全に消すことはできませんが、配合成分にこだわり継続的にケアを行うことでほうれい線ができるスピードを遅らせることが可能です。特にセラミド・ヒアルロン酸といった保湿成分を含む化粧品などがおすすめです。
また、ファンデーションや日焼け止めもほうれい線を悪化させる原因の一つですので毎晩必ずメイクオフするよう心がけましょう。できればシートタイプのクレンジング用品よりも毛穴の奥まで汚れが取れやすいオイルタイプの商品を使うと尚良いです。

【ほうれい線に効果的な食事内容】
<糖質を控える>
甘いものが好きな女性は非常に多いと思いますが、白砂糖は肌の老化を進める原因となります。最近はマービーなどゼロカロリー・糖質オフタイプの甘味料などもありますのでコーヒーや紅茶にお砂糖をいれる習慣がある方はそのようなアイテムを活用すると良いでしょう。

<抗酸化作用の高い食材を取り入れる>
カロテノイドやポリフェノールといった抗酸化作用の高い成分を含む食材を取り入れることで老化の原因である活性酵素を体内から除去し、若々しい肌質へと改善することが可能です。

〜おすすめの成分・食材〜
・リコピン(トマト・柿・すいか)
・βカロテン(人参・かぼちゃ・ほうれん草)
・アスタキサンチン(鮭・いくら・かに)
・カテキン(緑茶・ほうじ茶)
・大豆イソフラボン(大豆・納豆・豆乳)

関連記事