毎日の必需品だからこそ!ダメージを抑えるヘアアイロンの使い方

毎日の必需品だからこそ!ダメージを抑えるヘアアイロンの使い方

毎日のスタイリングに欠かせないアイテムと言っても過言ではないアイテムの一つであるヘアアイロン。私もくせ毛のため、ストレートアイロンをほぼ毎日使用しています。少しでもダメージを抑えるために、使い方や選び方のコツを調べてみました。

女性の必需品であるヘアアイロン。どうして髪が傷むの?

髪の主成分はタンパク質です。そのタンパク質は、アミノ酸など、他の成分と様々な形で結合する事で髪を構成しているそうです。ヘアアイロンは、熱を加える事にちょってその結合を変形させているため、髪にどうしても負担がかかってしまいます。

縮毛矯正やパーマは、この結合を外して別の結合を人工的につくることで形を維持しています。ヘアアイロンも結合を外す点は同じですが、薬液などで形を維持させる事ができないため、セットを毎日行わないといけません。

高熱で髪の成分に働きかける事を毎日繰り返す事は、髪に相当なダメージを与えてしまいます。

ダメージを少しでも抑えるためのヘアアイロンの選び方・使い方

ヘアアイロンには、カールタイプとストレートタイプの2種類があります。値段も数千円の安価なものから数万円の高価なものまでさまざま。数あるヘアアイロンの中で、どんな物を選んだら良いのでしょうか。

アイロンの断面が、チタン加工やセラミック加工になっている物がおすすめです。チタンやセラミックは摩擦が起こりにくいため、かかる負担を抑える事ができます。値段だけではなく、髪にダメージがかかりにくい物を選ぶようにしましょう。

へアイロンによるダメージを少しでも抑えるには、しっかりと形をつけたいからといって髪を強く引っ張らない事、乾いた髪に使用する事、アイロンの温度は150度以下に設定して使用する事等が重要です。ヘアアイロンを正しく使用する事でダメージを抑える事が可能になります。

また、近年のヘアアイロンは髪にツヤを出したり、サラサラに見せる事ができたり、さまざまな効果を発揮できるものがあり、ダメージが一見してもわからないものが多いです。しかし高熱を髪に与えているのですから必ず髪に負担はかかっています。ダメージヘアにしないためにも、日々のヘアケアをしっかりと行いましょう。

関連記事