日焼け止めのSPF・PA正しく知ってる?上手な塗り直し方も教えます!

日焼け止めのSPF・PA正しく知ってる?上手な塗り直し方も教えます!

いよいよ紫外線シーズンの到来。紫外線はシミなどの原因となるので日焼け止めによる対策は必須ですが、それを選ぶ基準となるSPF・PAの違い、効果的な塗り直し方をご存知ですか?今さら聞けない日焼け止めの基礎知識を教えます!

今さら聞けない「日焼け止め」のSPF・PAとは?

SPF・PAとは、どちらも紫外線による肌へのダメージについて、日焼け止めを塗ることによってどれだけ遅らせることができるかを示した指数です。

■SPF(Sun Protection Factor)
紫外線「UBV」による「サンバーン(=肌が赤くなってヒリヒリしたり水ぶくれができる炎症)」が起こるまでの時間を、日焼け止めを塗ることで、どのくらい遅らせることができるか(=どれくらいの間、防ぐことができるか)を示した数値です。最大数値は50+(50以上)です。

■PA(Protection Factor of UVA)
紫外線「UVA」による「サンタン(=肌が小麦色になるという肌の黒化)」が起こるまでの時間を、日焼け止めを塗ることで、どのくらい遅らせることができるか(=どれくらいの間、防ぐことができるか)を示した指数です。PA++++から効果が高く、PA+までの4段階の指数があります。

日焼け止めのSPFやPA!どのレベルなら紫外線対策になる?

【生活シーンと日焼け止めSPF・PAの目安】
■ほぼ室内にいるような日常生活…SPF10~20 /PA+ ~PA++
■日常生活でも紫外線の強い季節…SPF15~30 /PA++ ~PA+++
■アウトドア・野外でのレジャー…SPF30~50+/PA+++ ~PA++++

日常生活の例では、こんなに低い数値でも大丈夫?と不安に思われる方も多いと思いますが、美容皮膚科学の専門書などによると、SPF20なら約6時間、SPF30なら約10時間は紫外線UVBを防げると示されています。

日焼け止めの正しい塗り直し方とは?

SPF20の日焼け止めなら、約6時間は紫外線を防ぐことができるとお伝えしましたが、夏場やスポーツなどで汗をかいたときや皮脂が多めの方は、日焼け止め効果が薄れやすいので、やはり、2~3時間おきに塗り直すことが重要と言われています。
そのことから、普段は肌に負担が少ないSPFやPA数値が低めのものを選んで、小まめに塗り直すというのが正しい日焼け止めの使い方と言うことができます。

でもお化粧をしている日中のオフィスなどでは、顔の日焼け止めってどうやって塗り直すの?と疑問に思われますよね。そんなときにおすすめなのが、SPF・PAを防ぐ効果のある「パウダータイプのファンデーション」を活用する方法です。

日中や外に出る前に、顔の皮脂などを軽くとったら、日焼け止め効果のあるパウダーファンデーションをさっと重ね塗りする!それだけです。お化粧直しのついでに、日焼け止めの重ね塗り効果も期待できる一石二鳥の裏技です。

もちろん日焼け止めでも、100%紫外線を防げるわけではないので、日傘やサングラスによる紫外線対策は必須ですが、日焼け止めを正しく知って、この夏を上手に乗り切りましょう!

関連記事