注意するポイントは紫外線と乾燥!初夏のお肌のお手入れについて

注意するポイントは紫外線と乾燥!初夏のお肌のお手入れについて

風が吹き抜けて気持ちのいい天気の日もあれば、汗ばむ気温の日もある初夏。この時期はかなり紫外線量が多いということはご存知の方も多いはず。そして忘れられがちなのが肌の乾燥。この時期のお肌の危険について見ていきましょう。

初夏の紫外線は強烈!

1年間を通して、初夏は紫外線量がピークだと言われています。
この時期は、太陽が真夏よりも低い位置にあるので、日差しが同じ時間でも当たりやすいのだとか。早めの紫外線対策が必要です。

日焼け止めによる紫外線対策も大切ですが、紫外線によって増えると考えられている活性酸素対策も併せて取り入れるようにしましょう。コエンザイムQ10やアスタキサンチンは、抗酸化作用が高いと言われておりおすすめです。これらの成分が含まれている化粧品も多数発売されているので、毎日のケアに取り入れてみてください。

ちなみに、紫外線と聞くとついネガティブなイメージが先行しがちですが、メリットだってちゃんとあります。新陳代謝や血行の促進、さらに免疫力を高める作用があると言われています。
そして紫外線には殺菌作用もあるそうです。天日干しはこの殺菌作用を利用したもので、雑菌を退治してくれるために、部屋干しのように嫌な臭いが残りません。
また、日光浴をする事によって、体のリズムが正常化され、食欲や睡眠のサイクルを整えてくれる効果も期待できます。
紫外線対策はもちろん必要ですが、紫外線によるメリットも頭に入れて、気持ちの良い毎日を過ごしたいですね。

初夏はお肌が乾燥しやすいって本当?

だんだんと汗ばむ天気の日も増えてくるのがこの時期。
汗をかいていると、肌の潤いが保たれていると思い込みがちですが、実際はその逆。天然保湿因子という、肌の潤いに必須な因子は水に溶けやすく、汗をかくと一緒に流れてしまうと言われています。そのため、汗をかくほど肌は内部乾燥を起こしやすくなっているのです。

暑くなってくると、ベタつくのが嫌!とクリームや乳液を塗りたがらない人も少なくはないと思いますが、化粧水だけでは潤いが逃げてしまいやすくなるので、サラサラタイプの乳液やジェル等を塗って、しっかりと保湿対策をするようにしましょう。
関連キーワード

関連記事