目から日焼けするって本当?正しい紫外線サングラスの選び方

目から日焼けするって本当?正しい紫外線サングラスの選び方

肌に直接当たることで日焼けするイメージが強いものですが、実はマウスを使った実験でも目から入った紫外線によって肌が日焼けすることが明らかになっています。こちらでは紫外線対策におすすめのサングラスの選び方について解説します。

なぜ目から日焼けするの?〜紫外線のメカニズム〜

肌に日焼け止めをたっぷり塗っていたにも関わらず、いつの間にかこんがり小麦色の肌に日焼けしてしまったという経験はありませんか?それはお肌ではなく、目を通して日焼けしている可能性が考えられます。なぜ目から日焼けするかというと、目の神経に紫外線が当たることで脳が「肌を守れ!」という指令を出し、防衛反応としてメラニン生成を促すメカニズムがあるからです。

特に目の色素が薄い方ほど防衛反応が高く、シミやソバカスなどの肌トラブルを引き起こしやすいとされています。サングラスはファッションアイテムとしてのイメージが強いかもしれませんが、日焼けだけでなく、皮膚ガンを防ぐためにも是非積極的に活用すべきアイテムと言えます。

目からの日焼けを避けるための3つのポイント

【体内から栄養成分を補給】
紫外線から目を守るには日焼け止めだけでなく、有効的な成分を食事から取り入れることも大切なポイントです。

・ルテイン→ルテインは目の水晶体に存在する成分で活性酵素を除去する作用があります。年齢とともに体内で作ることができない成分なので食事(特に緑黄色野菜)から積極的に摂取する必要性があります。

・ビタミン→ビタミン類を補給することで目の免疫力を高めることができます。

・アスタキサンチン→ルテインと同じく紫外線を浴びることで発生する活性酵素を除去する作用があります。その効果はビタミンEの約1000倍にもあたると言われています。

【サングラス・日傘・帽子の3点セット】
サングラスだけでなく、日傘・帽子なども常に持ち歩くことで目から紫外線をしっかりガードすることができます。歩く際もできるだけ日陰のある場所を選びながら移動すると尚良いですね。

【UVカット入りのコンタクト】
最近はコンタクトの中にもUVカット加工の製品も販売されています。仕事や学校等の都合上、サングラスをかけることができないという方におすすめです。

日焼け対策に最適な紫外線サングラスの選び方

1.色は薄いものを選ぶ
色が濃い程日焼け防止に良いのでは?と思いがちですが、実は色が濃ければ濃いほど瞳孔が光を取り込もうと大きく開き、サングラスをかける前よりも逆に日焼けしてしまう恐れがあります。グレーやゴールドベージュ・ベージュ系ブラウンといった薄い色味のサングラスを選ぶよう注意しましょう。

2.形が大きいものが理想的
紫外線はサングラスをかけていても幅が小さいものですと隙間から入ってくる可能性がありますので、サングラスのフレームはできれば大きいものが良いです。普段使いにはお洒落な伊達眼鏡風のサングラスでも構いませんが、特に山や海などのレジャーを楽しむ際は形が大きいものがおすすめです。

関連記事