美しさは内側から!胃腸ケアでカラダの中もお肌もキレイに!

美しさは内側から!胃腸ケアでカラダの中もお肌もキレイに!

お肌は普段の食生活や生活習慣の影響を受けやすい場所。胃腸に負担をかけることは、見た目もさることながら、化粧ノリが悪くなったり、様々な肌トラブルにつながります。胃腸ケアをすることで、どのような効果が得られるのでしょうか。

食べ物でお肌は変わる!日々できる胃腸ケア

スキンケアはしていても、見えない体の内側のケアは怠りがちです。でも内側をキレイにすることで、お肌の状態は良くなると言われています。なかでも食事の摂り方はとても大切です。

たとえば、食物繊維を含んだ海藻やごぼう、りんごなどは腸内をキレイにしてくれる働きがあり、味噌や大豆などの発酵食品は腸内の環境を整えてくれると言われています。

さらにお肌に良いとされるコラーゲンをたっぷり含んだ栄養素の高い食材を摂取するのも効果的です。でも、そんな食事を毎日続けるのはなかなか難しいですよね。そこで胃腸の負担を減らす方法を考えてみましょう。

胃腸への負担がもたらすお肌の影響

胃腸は栄養素を消化し、吸収する重要な臓器です。揚げ物を食べた後に、お肌が脂っぽくなった経験はありませんか?これは胃腸が吸収した成分が全身に行き渡り、お肌に表れてしまったと考えられます。

また、食べ過ぎや飲み過ぎで胃腸に負担をかけてしまうと、これらの消化吸収機能が正しく働かず、大切な栄養が全身に行き渡らなくなってしまうこともあるそうです。質のよい血液が巡らなければ、健康的な美しいお肌を保つのも難しくなるでしょう。お肌のみならず、健康な体を保つためにも胃腸ケアの大切さがわかりますね。

胃腸にストレスをかけずに、健康的なお肌を!

ではどのように胃腸ケアをすれば良いのでしょうか。実はちょっとした意識をするだけで、胃腸への負担は減らせるのです。

まず、良く噛むこと。あまり噛まずに飲み込んでしまうと、胃腸が食べ物を消化させるときに大きな負担となるのです。そして日々の食事は満腹の状態を避けて、腹八分目で抑えるのも負担を減らすには効果的です。特に胃腸が疲れていると感じたときには、揚げ物や刺激の強い辛いものは控えましょう。

また、胃腸にやさしいできるだけ温かいものを食べるように心がけましょう。リラックス効果のあるハーブティーなどもいいですね。
胃腸に負担をかけない食生活で、キレイなお肌を保ちましょう。
関連キーワード

関連記事