知っておきたい!身近なカフェインのメリットとデメリット!

知っておきたい!身近なカフェインのメリットとデメリット!

カフェタイムや食後の一杯に欠かせないコーヒーや紅茶。日常的に飲むという人も多いと思います。これらに含まれるカフェインの摂り過ぎは体に良くないと聞きますが、カフェインにはどのようなメリット・デメリットがあるのか知っていますか。

意外なものにも!カフェインのメリットとデメリット

どんなものにカフェインが含まれているかご存知でしょうか?コーヒーや紅茶以外にも、緑茶やコーラ、栄養ドリンク、さらにはチョコレートなどの加工品にも含まれている場合があります。特に玉露はコーヒーを上回るカフェインの量が含まれているそうです。
意外なところでは、市販の頭痛薬や風邪薬に含まれていることも多くあります。そのため、カフェインを含む飲み物でこれらの薬を飲んでしまうとカフェインの過剰摂取になることがあるため注意しましょう。

カフェインは私たちの生活の中で身近な存在であるからこそ、メリットとデメリットを理解しておく必要があるのです。

カフェインの摂り過ぎによるデメリットって?

わかりやすいところで言えば、まず利尿作用があげられます。
かえって体内の水分を減らしてしまうことがあるため、緑茶や紅茶はあまり水分補給には適していないと言われています。

また、カフェインには依存性があり、摂取したカフェインが切れると集中力が落ちたり、怒りやすくなったり、疲労感を感じたりすることがあります。
個人差はありますが、中にはめまいを起こす人もいるそうですので、カフェイン摂り過ぎには注意が必要ですね。

カフェイン摂取のメリットって?

ではメリットは何でしょうか?
勉強中や仕事中にコーヒーを飲むという人も多いと思いますが、カフェインには血管拡張の作用があり、頭がスッキリしたり、計算力がアップするなどの効果があると言われています。
また前述の医薬品にも含まれていることがあるなど鎮痛作用があったり、眠気冷ましに効果的な覚醒作用があったりするそうです。

そしてうれしいことにブラックコーヒーはダイエットの味方であったりもします。コーヒーにはカフェインとクロロゲン酸が含まれており、脂肪燃焼効果をアップさせる働きがあると言われています。

こうしたメリット・デメリットを理解して、カフェインと良い付き合いをしていきたいですね。

関連記事