プロの美容師直伝!髪のボリュームをUPするドライヤーの乾かし方

プロの美容師直伝!髪のボリュームをUPするドライヤーの乾かし方

今若い女性の間でも多い抜け毛・薄毛に関するヘアトラブル。育毛剤などの頭皮ケアも大切ですが、ドライヤーの乾かし方次第で見違えるほどボリューム感のある髪型を作ることが可能ですよ!プロから習ったドライヤーの乾かし方についてご紹介します。

髪のボリュームをUPするドライヤーの乾かし方

髪をボリュームUPさせるドライヤーの乾かし方についてご紹介したいと思います!この方法を取り入れることでボリュームを出すだけでなく、髪へのダメージを軽減することにも繋がるので、髪の健康状態を改善するためにも普段から習慣化していくことをおすすめします。

1.髪を水スプレーで濡らし、スタイリング剤を全体に馴染ませます。
2.まずはサイドからドライヤーをかけます。上から下に風を当てるのではなく、下から上にボリュームが欲しいところに向かって風を当てます。
3.トップ〜後頭部は髪の中間から毛先部分を持ち上げ、ドライヤーを後ろから前に向かって風を当てます。そうすることで風の勢いで髪の根元がふんわりと立ち上がります。
4.トップ→中間部分→後頭部とスライスしながら3の流れで少しずつ乾かしていきます。
5.手ぐし髪を上の方へかきあげてさらに風を当てていきます。その際、根元から中間部分はドライヤーをやや遠ざけて髪が舞うように全体的に風を当てるようにすると良いです。
6.後頭部は後ろから前に立ち上げるように風を当てていくとしっかりとボリュームが出てきます。
7.最後に手で髪全体を馴染ませ、きれいに髪の毛を整えて完成です。

髪にボリュームがない原因は?

ドライヤーのテクニック次第で髪にボリュームを出すこともできますが、なぜ髪の毛にボリュームがないのか原因を知ることも今後、ヘアケアを行う上で非常に大切なことです。髪のボリュームが落ちてしまう原因について解説していきたいと思います。

・カラーやパーマによるダメージ→カラーやパーマを頻繁に行うことで髪の表面のキューティクルが剥がれ、ボリュームが落ちるだけでなく、常に絡みやすいごわつきのある髪質になることも。髪の毛の状態が復活するまでは、極力パーマやカラーを避けた方が良いのですがどうしてもスタイルチェンジを行いたい場合は半年、もしくは最低でも3ヶ月程期間をあけるよう心がけましょう。

・シリコン入りのヘアケア用品を使っている→髪の状態を良くするためにトリートメントやヘアオイルを使ってケアを行っていても、薬局やドラッグストアで手に入る商品には、シリコンや界面活性剤を含む商品が多くあるため、余計髪のボリュームが落ちてしまう傾向にあるそうです。本格的にヘアケアを実践する場合は、サロン専用の商品や髪に良い成分のみ配合した無添加・ノンシリコンタイプのヘアケアアイテムを選ぶと良いでしょう。

髪のボリュームをUPする簡単ヘアアレンジ方法

ドライヤー以外の方法で髪の毛のボリュームをUPさせる方法をご紹介します。

1.分け目を少しだけずらす
分け目をずらすことで見た目のボリュームを出しやすいというメリットがあります。分け目を毎日同じ位置ばかりにしていると頭皮に負担を与え、薄毛・抜け毛の原因につながることも。抜け毛が増えていたり、何となく髪のボリュームが落ちていると感じたりした時は、分け目を少しずらすようにしましょう。

2.逆毛を立てる
ヘアコームを使って髪の中間部分から根元に向かって逆毛を立てるとふんわりボリュームを出すことができます。最後はヘアスプレー・ハードワックスで髪のボリュームを調整しましょう。
関連キーワード

関連記事