水に戻す必要なし!チアシードの進化形「ローストチア」が使い勝手抜群♡

水に戻す必要なし!チアシードの進化形「ローストチア」が使い勝手抜群♡

スーパーフードブームを牽引しているチアシードの進化版、ローストチアがブームの予感。ローストチアって何? どう取り入れるの? 基礎知識から取り入れ方までをご紹介。

近年のスーパーフードブームを牽引しているチアシード。スムージーに入れたり、ヨーグルトに混ぜたりすることで満腹感が高まり、ダイエットにつながると話題になりましたよね。でも、水に浸ける工程を面倒に感じたり、あの見た目が苦手な人もいたのでは? そんなチアシードが「ローストチア」として進化を遂げ、話題を呼んでいます。特徴や栄養価など、その魅力はいかに!?

見た目はまるで「ごま」!? 取り入れ方は無限大のローストチア

そもそも、チアシードには必須脂肪酸であるオメガ3や食物繊維、ミネラルなどの栄養素が豊富に含まれています。特に注目すべきはチアシードに含まれる、オメガ3系のα-リノレン酸。α-リノレン酸には肌や髪に潤いとハリを与えてくれる働きがあるとされていますが、人間の体内では作り出せないため、食べ物から積極的に摂りたい成分です。

そのチアシードを特殊焙煎窯で炒ったものが「ローストチア」。チアシードが持つ栄養価はそのままに、焙煎したことで香ばしさと風味がアップしています。「ローストチア」は水に浸して戻す面倒な工程も必要ないため、まるでゴマを使う感覚で取り入れられます。

料理の幅がグンと広がる予感のローストチア♪

ローストチアは、従来のチアシードのようにスムージーやヨーグルトに入れることはもちろんのこと、パスタやおにぎりなど、和洋折衷どんなメニューにもプラスできるのが嬉しいポイント。水に浸さないことから、あの独特のゲル状にもなりません。野菜不足を感じた日、忙しい時にでも手軽に取り入れられますよね。

手間いらず&取り入れやすくなったローストチアをぜひ試してみてください♪

話を伺ったのは...
食育インストラクター 関幸子さん
スーパーフードを使ったプロダクトを開発、販売を行う会社に勤務する傍ら、フードコーディネーターの資格を活かし、手軽にスーパーフードを取り入れられるレシピを提案している。

photo:shutterstock(1枚目),編集部(2・3枚目),関幸子(4・5枚目)

●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

関連キーワード

関連記事