血管年齢が低いと肌も若返る?おすすめの食生活とコツって?

血管年齢が低いと肌も若返る?おすすめの食生活とコツって?

お肌のために普段からエイジングケア化粧水など様々なアイテムを使用している方も多いと思いますが、若々しい肌を維持するには実は私たち人間の体を構成する、血管年齢を低くすることが重要と言われています!血管年齢を若返らせるコツについて解説します。

血管年齢が低いと肌年齢も若返る?具体的なメカニズムについて

血管年齢が上がると血液の流れが滞り、肌の細部にまで酸素や栄養分が行き渡りにくくなるためお肌のシワやシミの原因に直接繋がってしまうと言われています。

また、お肌に張り巡らされている血管の状態が悪くなると顕著にお肌に現れやすいので、外側のケアだけでなく運動や食生活の改善により内側を意識したケアも普段から意識的に行うよう心がけましょう。

血管年齢を若くするおすすめの運動方法

【かかとの上げ下げ運動】
かかとをリズムよく「上げる」→「下げる」→「上げる」という流れで繰り返し運動を行うと、ふくらはぎの筋肉に刺激を与え、これにより足の先に溜め込んでいた血液をポンプのように心臓の方へ徐々に上げていくことができると言われています。1日10回×3セットを目安に行いましょう。

【肩の上げ下げ運動】
1.肩の力を抜いてリラックスした状態で立ち、深く息を吸いながら両肩をしっかりすくめるように上に上げていきます。
2.肩を下ろす時は息を吐きながら力を抜いてストンと下げます。こちらは1〜2の流れを1日10回を目安に実践すると良いです。

血管年齢が若返る!おすすめの食材について

【くるみ】
くるみにはα-リノレン酸と呼ばれる脂肪酸が豊富に含まれており、私たち人間の体内に入ることでDHA・EPAという成分に変化します。DHA・EPAには血管を柔らかくする働きがあり、動脈硬化などの治療薬にも使われている優秀成分の一つと言われています。また、DHA・EPAは青魚にもよく含まれていますが、自炊する時間がない時など、くるみをおやつ代わりにうまく取り入れていくことで、若々しい血管年齢に近づけると期待されています。

【玉ねぎ】
玉ねぎの色素であるケルセチンは、非常に高い抗酸化作用をもつポリフェノールであることから、継続的に食べることで血管細胞の老化を防ぎ、血管年齢〜肌年齢の若返りに繋げることができると言われています。
関連キーワード

関連記事