梅雨こそ油断できない!夏より気をつけたい6月の紫外線対策

梅雨こそ油断できない!夏より気をつけたい6月の紫外線対策

梅雨の時期は天気が崩れやすいため、紫外線対策を油断してしまう人もいるのではないでしょうか。でも実は、7〜8月に次いで6月の紫外線量が多いのをご存知ですか?雨や曇りの日にしておきたい紫外線ケアをご紹介します。

6月の紫外線量ってどのくらい?

6月といえば曇りや雨が多い梅雨の時期。そうした天候の悪さに紫外線対策を油断してしまいがちですが、気象庁の観測データによると6月は、7〜8月に次ぐ強い紫外線が降り注いでいる月なのだそうです。

曇りや雨の日に紫外線対策をしていない人もいるかと思いますが、そんな天気でも、突然晴れ間が差し込むときがあります。無防備な肌に強烈な紫外線を受けてしまっては、肌へのダメージは相当なものでしょう。6月は気温や天候にかかわらず、毎日の紫外線対策がとても重要なのです。

また、冬の間は紫外線量が少ないため、肌の抵抗力は落ちているそうです。そのため春から夏前にかけては、紫外線で受ける肌へのダメージが大きいと言われていますので注意が必要です。さらに6月からはジメジメと湿度が高くなり始めます。ジンワリと汗をかくことがあるので、適度に日焼け止めを塗り直すことも大切です。

雨でも紫外線はある?梅雨の紫外線対策

梅雨の時期、気をつけなければならないのは雨や曇りの日。意外なことに曇りの日でも、晴れの日の60~80%、雨の日でも約30%ほどの紫外線量が降り注いでいると言われています。太陽が出ていなくても油断はできないのです。

また、6月は日中の時間が長い時期です。特に気をつけたい時間帯は午前10時~午後2時くらいの間。紫外線がとても強いため、日焼け止めはもちろん、外出時は帽子や日傘なども忘れずに持って出かけましょう。

内側からの紫外線対策も忘れずに!

紫外線を受けてしまったら内側から対処しましょう。特にレモンやブロッコリー、じゃがいもなどに含まれるビタミンCは、お肌の代謝を活発にしてシミやそばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑える「抗酸化作用」のある成分が含まれています。さらにお肌のハリとなるコラーゲンやエラスチンの生成を促進する効果も期待できると言われています。

また、アボカドや赤ピーマンなどに含まれるビタミンEにも「抗酸化作用」の成分が含まれていますので、この2つは積極的に摂取したいですね。

夏が始まる前に日焼けしてしまわないように、曇りや雨の日もしっかり紫外線対策をしていきましょう。

関連記事