そのむくみ大丈夫?血行不良を改善して美肌を手に入れよう!

そのむくみ大丈夫?血行不良を改善して美肌を手に入れよう!

デスクワークが多い人は、肩こりや腰痛に悩んだことがあるのでは?これらは血行不良がもたらす症状のひとつで、足や顔がむくむなど見た目にも影響を及ぼすことがあるそうです。では血行不良を改善するには、どうしたらいいのでしょうか?

肩こりやむくみ、血行不良との関係は?

血液は体に必要な栄養素や酸素を全身に送る働きや、たまった老廃物を排出する役割があります。血流が悪くなるとこれらの機能が正常に働かず、体にさまざまな症状を引き起こすことがあると言われています。

たとえば、パソコンや車の運転などは無理な姿勢が長時間続くと、首や肩の筋肉が緊張状態になりやすく、硬くなってしまった筋肉により、血管が圧迫され血行不良を引き起こし、肩こりやむくみにつながってしまうと言われています。

血行不良が代謝を悪くする?

血行が悪くなると老廃物の排出が正常に機能されず、代謝も低下して肌荒れやむくみ、さらにはシミなどの原因となる肌老化が進んでしまう可能性があるそうです。

また、血行不良になると冷たい血液が体を流れるため、血管の収縮が起きやすく冷え症を引き起こすことも。体が冷えていると代謝も悪くなり、むくみを発症する原因になると言われています。

生活習慣を見直して、血行不良を改善しよう!

では血行不良を改善するには、どうしたら良いのでしょうか。いくつか方法はありますが、簡単にできるステップとして足を高くして寝るなど、寝るときの工夫でむくみの症状が軽減することがあります。また入浴は、20分程度の半身浴がおすすめ。体が温まり血行が促進されると言われています。

特に効果的なのは、やはり体を動かして血流を良くすること。ハードな運動ではなく、簡単なストレッチや有酸素運動のウォーキングやジョギングなども筋肉がほぐれ、血行不良の改善が期待できます。適度な運動をできるだけ続けることが大切でしょう。

さらに血行を良くするために食生活を見直してみましょう。冷たい飲み物ばかり飲み続けていると体が冷えてしまい、血行不良の原因につながることも。できるだけ温かい飲み物を飲んで体を冷やさないように心がけましょう。また血行を促進する食材を食事に取り入れるのも効果的です。たとえばピーマンやキウイ、体を温める作用のあるニンジンやカボチャ、生姜などがおすすめです。

血行不良はむくみや肌荒れだけでなく、さまざまな病気の原因にもつながる可能性があるため、まずは生活習慣を見直すところから始めてみましょう。そして、肌トラブルのない美肌を目指しましょう。
関連キーワード

関連記事