【梅雨のくせ毛対策】朝・夜に実践したいおすすめのヘアケア方法

【梅雨のくせ毛対策】朝・夜に実践したいおすすめのヘアケア方法

湿気が多い梅雨の季節は、くせ毛の方にとって非常にお手入れが面倒なものですよね。しかし、くせが出る原因をしっかり把握した上でヘアケアを実践すると湿気の影響を受けにくい理想的な髪質へと改善できるでしょう!

【梅雨のくせ毛対策】くせ毛が出る原因について

梅雨の季節に髪が広がったり、くせが発生しやすいのは湿気により髪内部の水分バランスを均一に保つことができないことが主な原因として挙げられます。つまり、普段からヘアケアを行う際、髪内部にしっかり潤いを与えておくと外部からの水分の出入りを防ぐことができるため湿気の影響を受けにくくなるのです。

また、くせ毛はホルモンバランスが乱れることで皮脂量が増え、くせが出やすい髪質になる可能性があります。現在、強いくせ毛に悩まされている方は髪のお手入れだけでなく、生活習慣や食生活の見直し等も合わせて実践するよう心がけましょう。

【梅雨のくせ毛対策】朝のヘアケア方法について

何かと忙しい朝ですが、ちょっとした工夫を行うことで日中も理想的なストレートヘアを維持することができるでしょう。朝におすすめのヘアケア方法についてご紹介します。くせ毛に悩まされている女性は参考にしてみてくださいね。

・シリコン入りヘアオイルを活用する→シリコン入りのヘアオイルを使用することで髪の表面に薄い膜を張り、湿気による余計な水分を吸収することを防ぐことができると言われています。

・ブラッシングを丁寧に行う→ブラッシングには髪内部の水分バランスを根元から毛先まで一定にする効果があるそうです。頭皮の健康状態を改善することにも繋がりますのでブラッシングは1日2〜3回丁寧に行いましょう。

・冷風を使ってヘアブローする→朝から熱風のみでヘアブローしている方が多いと思いますが、髪の毛は熱に弱いため髪表面にあるキューティクルが曲がってしまうほか、髪内部が乾燥しうねりの元になりやすいと言われています。そのため髪を乾かす際は、熱風→冷風→熱風→冷風と交互にブローしてあげると乾燥を防ぎ、湿気による影響が少なく髪の毛をまっすぐ固定しやすくなるでしょう。また、髪の根元から手ぐしを使って上から下方向に向かって少し引っ張るように乾かしてあげるとくせ毛特有のボリュームを抑えることができるでしょう。

【梅雨のくせ毛対策】夜のヘアケア方法について

梅雨場にくせが出づらい髪質に近づけていくには、朝はもちろん、夜のヘアケアも非常に重要になってきます。シャンプーのやり方を変えていくだけで髪のごわつきを防ぎ、ツヤ感のある健康的な髪を導き出すことができるでしょう。梅雨場だけでなく、年間を通して毎日続けることが大切ですので、習慣化できるよう少しずつ癖づけを行っていくと良いでしょう。

・予洗いをしっかり行う→シャンプーを多量につけすぎると頭皮・髪の毛の乾燥の原因になります。シャンプーをする際は、3分間程しっかりと予洗いを行うよう心がけましょう。予洗いにより髪や頭皮についていた汚れを8割程落とすことができると言われています。

・三つ編みをして寝る→ベッドで寝る際、枕を使って寝る方がほとんどだと思いますが、寝返りを打ったりすると枕の布地による摩擦の影響で髪の毛のキューティクルが剥がれてしまい髪に大きなダメージを与えてしまうことがあります。髪のダメージを軽減するには、枕との接触範囲を抑えることができる三つ編みをして寝る方法がおすすめです。この際も三つ編み部分にたっぷりヘアオイルを塗ってあげると翌朝コシのある健康的な髪の毛を実感することができるでしょう。

関連記事