30代、素敵な人とくたびれている人の差は?【明日キレイになるための秘密】

30代、素敵な人とくたびれている人の差は?【明日キレイになるための秘密】

美容、恋愛、人間関係……悩めるアラサー読者のために「駆け込み部屋」を用意!美容エディター 松本千登世さんに、あらゆる質問をぶつけてみました。

Q. 笑うたび、シワが気になってしまう……。

A. 笑っている人のほうが絶対に美しい。

美しさのすべては笑顔から。表情筋を動かすから肌を若々しく保てるし、脳内ホルモンが巡り幸福感につながるということも科学的に証明されています。

Q. 今まで使っていたコスメに効果を感じなくなった。替えるべき?

A. 30代の肌に合わせたコスメ選びを。

20代と30代では、皮脂も水分量も変わってくるから、今の肌に足りないものを補う必要があります。ただ、替える前に一度確認すべきは使用法。つけ方と量など、正しい使用法で一本使い切ると、化粧品の本当の効果がわかるといわれています。

Q. どんな効果のコスメ、成分が必要?

A. 「なにが必要」ではなくて、「どうなりたい」か。

自分が目指す肌に近づけるような機能や成分を選ぶのがひとつ。もうひとつ、化粧品選びは使い続けたいと思う質感や気持ちよさなど、官能の部分も大切。テクスチャーがいまいちと感じるなら、価格以上にネガティブな結果が残る気が。もったいないけれど、次に進む勇気を持って。

Q. ストレスや寝不足で肌が荒れるように。でも、そう簡単に生活習慣が変えられない……。

A. 大切なことを残して、それ以外やめてみるというのも手。

不調を感じているなら思い切って生活を変えるしかありません。どれも変えられないなら、なにかをやめてみるのもひとつの手段。もしくは、大事なこと以外すべてやめてみると、本当に必要なものが見えてきます。

Q. 20代でやめておけばよかったと思うことは?

A. 自分の肌を優しく丁寧に扱えなかったこと。

20代の頃、忙しさとストレスなどからニキビなど肌荒れがひどく、手に負えない自分の肌に冷たく当たっていました。洗う時もガシガシ強く擦り、スキンケアもバンバン叩くようにつけ、とても雑だったと思います。20代から今のように大事に扱っていたら、今より美しかったかもと後悔をしています。

Q. 30代になることが辛いです。楽しみにする方法は?

A. 大好きな人と一緒にいる時間を多く持つこと!

彼、友だち、家族、いつも身近に大好きな人がいて、ともに年齢を重ねていくと、ネガティブな方向に行きにくいものです。「明日、なにする?」「どんな美味しいもの食べる?」とワクワクして、今日より明日が楽しみになる。結果、見つめる方向が自然と前向きになりますから。

Q. キラキラ素敵な人と、くたびれている人の差とは?

A. 人のせいにする人は、くたびれていく気がします。

なんでも人のせい、状況のせいにすると成長は見込めない。逆に、原因を自分に求めるようにすると一歩前進できると思います。私も、何事にも言い訳をしないように努力をしています。反省をするからこそ、手に入る成果や感じられる責任があると思うから。

Q. 魅力的に見える所作は?

A. 「8割のスピード&力」でゆっくり優しく動く。

所作が美しいと思う人は、動きや話し方がおだやかでおおらか。素敵な人に会うたびに「私って、荒かったな」と反省します。だから、自分が思うスピードや力加減の8割くらいを心がけて。

Q. 結婚や将来を考えると、今の彼氏でいいのかと悩んでしまう。

A. 正しいと思えない恋愛なら、正しくないのかもしれません。

自分の軸をきちんと持っていなければ揺らいでしまうし、迷っているなら、きっと相手の男性も鏡のように気持ちは同じはず。多くの美人取材を通して、一人でも生きていける人は、30代になってもいい恋ができると学びました。それは、けっして強がっているようなタイプではなく、自分のライフスタイルに誇りを持っているような人。「人生のポジション」を男の人の影響で変えようとは思っていない人。自分にとってどういう恋愛が気持ちいいのか、じっくり考え直してみるいい機会かもしれません。

Q. 年齢と好みのバランスがとれず、楽しいはずの美容が苦痛です。どうすればいいのでしょうか?

A. 自分の体や肌、状況と対話して調整をしてみて。

「違和感」があるなら調整が必要。自分を俯瞰で見て、肌や体型、髪や環境と対話をして、マッチするメイクを探ってみて。時間はかかるけれど、自分が好きなものを断ち切るようなストレスを抱えずに、年齢とのバランスを取る「練習」が大人の美をつくります。

Q. 大人の色気を感じさせる方法は?

A. 秘めたる部分から垣間見られる幸福感がカギ。

たとえば、グラマラスな女性があえてそれを隠した服を着ていると、きっと大切なパートナーがいるのだろうなって想像してしまうもの。オープンに見せるより、秘密めいたところがもっと知りたいと思わせる魅力になります。

Q. 大人らしい香りの選び方、つけ方は?

A. 香りを自分の一部だと思って。
狭いスペースを共有するシーンや繊細な料理をいただく場、彼と家で過ごすとき、アウトドアを楽しむとき……それぞれ適した香りを考えて。香りを自分の一部のように纏うゆとりこそが、大人らしさにつながります。

美容エディター 松本千登世さん

数々の女性誌やエッセイで執筆。近著『結局、丁寧な暮らしが美人をつくる』(講談社)は、美しい大人を心がける女性のバイブル的存在。

取材・文/金子優子 構成/藤平奈那子

VoCE最新号は「dマガジン」でお楽しみ下さい!

VoCE最新号

dマガジン会員の方は「最新号を読む」から是非続きをご覧下さい。

dマガジン非会員の方はまずはお試し!
今なら初回31日間無料「無料トライアル」へ

関連記事