目指せ涼しげFACE!夏のメイク崩れを防ぐベースメイクの裏技

目指せ涼しげFACE!夏のメイク崩れを防ぐベースメイクの裏技

夏場の暑い季節は、汗や皮脂によりすぐにベースメイクが崩れてしまいがち。デートやショッピング中などの出先でメイク直しをするのは、ちょっぴり面倒なものですよね。今回は夏のメイク崩れを防ぐベースメイクの裏技について紹介します。

メイク崩れを防ぐ!夏のベースメイクの裏技 〜スキンケア編〜

崩れにくいベースメイクを仕上げるスキンケアの裏技についてご紹介します。一手間加えるだけで暑い夏場も涼しげFACEを長時間維持しやすくなるので是非参考にしてみてくださいね。

<化粧水>
冬場はとろみのあるテクスチャーの化粧水を使っている方が多いと思いますが、テカりやすい夏場はオイリー肌向けの少しさっぱりとした化粧水を使用することをおすすめします。スキンケアを行う際は、コットンを使って水分を肌の奥までしっかり入れ込むようにパッティングしていきましょう。また、夏場は常温ではなく、冷蔵庫での保管をおすすめします。化粧水を冷やして使うことで肌が引き締まり、テカりやメイク崩れを防止することができると言われています。

<オールインワンジェル>
通常ですと化粧水→乳液→クリームの順番でスキンケアをしていると思いますが、肌がべたつきやすい夏場に保湿効果の高い乳液などのアイテムをつけてベースメイクを行ってしまうと、日中メイク崩れの原因になりやすいとされています。夏場は、乳液・クリームの代わりにさっぱりとしたジェルタイプのオールインワンケア用品がおすすめします。もし乳液・クリームを使用する場合は、一旦ティッシュで余分な油分をおさえるようにすると良いでしょう。

<引き締めケア>
スキンケアが終わったら氷水を入れた洗面器に「冷たい!」と感じるまで両手をしっかり浸します。タオルで軽く手のひらの水分を拭き取り、顔全体をハンドプレスしましょう。

メイク崩れを防ぐ!夏のベースメイクの裏技 〜本番編〜

ベースメイクの裏技を活用して夏のメイク崩れを防止しましょう。

1.化粧下地を顔全体に塗った後、コンシーラーを塗っていきます。夏場は特に鼻周り・おでこの2箇所がてかりやすいのでニキビ跡やくまなど気になる部分と合わせてコンシーラーを指でポンポンとしっかり叩き込んでおきましょう。

2.紫外線対策としてSPF入りのBBクリーム、もしくはリキッドファンデーションを塗っていきます。指ではなく、できればスポンジを使って塗っていくと均一に馴染みやすいです。塗り終えたら軽くティッシュで顔全体の油分をオフします。

3.パフを使いながらルースパウダーをたっぷりめに塗っていきましょう(特に鼻周り・おでこを中心に)。仕上げに筆ブラシで余分な粉を落として完了です!

メイク崩れを防ぐ!夏のベースメイクの裏技 〜ライフスタイル編〜

ライフスタイルの改善は、メイク崩れの防止に限らず、健康対策にも繋がっていきますので、この機会にいつものライフスタイルを見直してみてはいかがでしょうか?

<食生活>
脂肪分の多い揚げ物やファストフードばかり食べていると皮脂の過剰分泌の原因になりやすいと言われています。メイク崩れを防ぐためにも夏場に限らず、普段から和食をベースにしたバランス良い食生活を送るよう心がけましょう。

<汗腺を鍛える>
夏場に過剰な量の汗をかく原因のひとつとして普段あまり運動をせず、汗をかかないことが挙げられます。毎日の運動や半身浴などで汗腺を鍛えておくと分泌量を抑え、メイクが崩れにくいサラサラとした質の良い汗へ改善できると期待されています。

関連記事