ビールのお供だけじゃない!夏の旬野菜・枝豆の知られざる美容効果

ビールのお供だけじゃない!夏の旬野菜・枝豆の知られざる美容効果

枝豆といえばビールのおつまみというイメージが強いかもしれませんが、実は女性に嬉しい美容効果もたくさんあることをご存知でしょうか?夏の旬野菜・枝豆の知られざる美容効果のほか、枝豆を使ったおすすめの美容レシピをご紹介します。

枝豆に期待できる美容効果について

【ホルモンのバランス】
女性ホルモンと同じ働きをすることで有名なイソフラボンは納豆などの大豆製品だけでなく、枝豆にも含まれています。イソフラボンを摂取することでホルモンのバランスを整え、ニキビができにくい肌質へ導くほか、PMSや更年期障害といった不調を緩和することにも期待できます。

【貧血防止】
枝豆には血流を改善するサポニンをはじめ、貧血防止に効果的な鉄分が100g当たり2.7mgと豊富に含まれているそうです。

【便秘解消】
枝豆には100gあたり約5gの豊富な水溶性食物繊維が含まれています。水溶性食物繊維は食べ過ぎるとかえって便秘を引き起こす可能性がありますが、便に水分を与え、柔らかくする働きがあるマグネシウムが含まれているため、便通がよりスムーズになるようサポートしてくれるそうです。

【ダイエット効果】
枝豆には脂肪の代謝を高めるコリンや、脂肪吸収を抑えるサポニンなどが含まれています。ダイエット中など、小腹が空いたときのおやつにも最適です。

【アンチエイジング効果】
枝豆にはビタミンCを始め、ビタミンEやサポニンといった抗酸化作用を豊富に含んでいることから、普段の食生活に取り入れることで美肌効果が期待できます。また、枝豆はさやに守られているため熱を加えてもビタミンCが損失されにくいという特徴があります。

枝豆を使った美容レシピ「イソフラボンたっぷり!枝豆コロッケ」

パン粉を使わず、油揚げを衣がわりに使用したヘルシーな枝豆コロッケです。さらにカロリーを落としたい場合は、おからとジャガイモを半分ずつ混ぜ合わせるのもおすすめです。

【材料(2人分)】
・じゃがいも 100g
・枝豆 30粒程
・油揚げ 2枚
・塩胡椒 適量
・醤油 小さじ1
・マヨネーズ 大さじ2

【作り方】
1.蒸かしたジャガイモをしっかり潰し、枝豆(解凍済みのもの)・塩胡椒・醤油・マヨネーズで味をつけていきます。

2.半分にカットした油揚げの中に1を詰めたら、つまようじで中身が飛び出ないようしっかり包みます。

3.フライパンに油をひき、両面こんがり焼き色がついたら完成です。

枝豆を使った美容レシピ「枝豆の冷製ポタージュ」

暑い夏におすすめの、枝豆の冷製ポタージュスープ。冷凍保存もできますので、まとめて作っておくと大変便利ですよ!

【材料(2人分)】
・枝豆 80g
・玉ねぎ 1/2個
・にんにく 1片
・豆乳 200ml
・水 100ml
・塩胡椒 適量
・コンソメ 1/2個

【作り方】
1.枝豆をすべて鞘から取り外し、薄切りにした玉ねぎ・にんにくを、油をひいたフライパンで軽く火を通します。

2.ミキサーに枝豆・水・豆乳・1を加えて枝豆の粒がなくなるまでしっかり混ぜ合わせます。

3.2を小鍋にいれ1分30秒程火にかけた後、塩胡椒・コンソメで味を整えます。

4.冷蔵庫で1時間30分程しっかり冷やして完成です。

これらの枝豆を使ったおすすめのレシピで、ぜひ美容効果を実感してみてくださいね。
関連キーワード

関連記事