猫背改善!悪い姿勢で起きるさまざまな症状とは?

猫背改善!悪い姿勢で起きるさまざまな症状とは?

日頃からデスクワークが多かったり、スマホを利用していると、前屈みの姿勢になりがちですよね。こうした姿勢を続けていると、知らず知らずのうちに猫背になってしまうことがあります。猫背は体調やメンタルなどにも影響するため、意識的に改善した方が良いとされています。

猫背や姿勢の悪さが引き起こす影響

電車やオフィスで猫背になっている人をよく見かけますよね。猫背は見た目にも貧相で、マイナスの印象を与えてしまうこともさることながら、体への負担が大きいことはご存知でしょうか?

一部の筋肉が凝り固まってしまい、肩こりや腰痛を引き起こしたり、お腹やお尻がたるんでしまい、体型も崩れやすくなったり。また、前屈みの姿勢は内臓を圧迫してしまうため、胃の血行不良が起きて食べ物の消化が悪くなることも考えられます。さらに背骨には自律神経が通っているため、便秘や内蔵の不調のほか、気持ちもマイナス思考になったりとメンタル面への症状も出てくると言われています。

猫背が続くと正しい姿勢がツラくなる?

猫背は特に座っているときになりやすく、デスクワークが多い人は長い時間同じ姿勢を続けてしまうため、筋肉を動かすことが少なくなります。そうすると、やがて体を支える筋肉が衰えてしまって知らず知らずのうちに猫背になってしまう可能性があります。

さらにしばらく猫背の姿勢が続くと、脳はその姿勢が正しいと記憶してしまうと言われていて、本来であれば、ラクなはずの正しい姿勢が疲れる姿勢になってしまうのです。もし正しい姿勢を3分間続けることがキツい場合は、できるだけ体を動かして、猫背を解消していきましょう。

猫背解消!日々のストレッチで姿勢は変わる

猫背の人は、肩が前に出て内側に丸まっている人が多いです。頭の重さは個人差はありますが、おおよそ5〜6kgありますから、バランスをとるために肩が前へ出てしまうのです。そうした体の歪みを解消するには日々のストレッチが大切です。特にストレッチポールを使った運動は、初心者にもオススメなんです。具体的にはストレッチポールの上に背中を合わせてゴロゴロと寝転がるだけ。これだけでも背中や肩甲骨周りの筋肉がほぐされ、ある程度歪みを整えることができると言われています。

運動を毎日続けるのはなかなか難しいですが、これなら毎日続けられそうですよね。日々のストレッチで健康的な正しい姿勢を保ちましょう。
関連キーワード

関連記事