【ドキッとするような色気をプラス】ジューシーなティントグラデリップで美女メイク

【ドキッとするような色気をプラス】ジューシーなティントグラデリップで美女メイク

夏の新色に興味津々だけど、ビビッドカラーやブロンザーは使いこなせるか、正直不安。そんなあなたに“美女メイクの達人”千吉良恵子さんが、夏アイテムを使いこなして美女になるコツを徹底レクチャー!

この夏注目のオレンジをもっとジューシーにする

「この夏は赤よりオレンジがキテると思う。でもオレンジって苦手な人が多いんです。だからティントリップのグラデ使い。顔になじむし、ジューシーですごく可愛い♡」

HOW TO MAKE-UP

グラデ使いでより自然に、もっと可愛く!
1.マットオレンジを薄~く塗ってリップラインを整える
2.ビビッドオレンジを一回り小さく、内側が濃くなるように塗る
3.境目を指でぼかす。ぼかしすぎないように注意!ムラが残っている方が絶対セクシー!

使ったのはコレ!

薄膜でマットな仕上がりが新鮮

ランコム マット シェイカー 186 ¥3000
「オレンジリップを塗るというより、素唇の輪郭を整えながら薄膜で包む感じ。少量を薄~くのばします」。唇の上で揮発性成分が蒸発して密着し、超ロングラスティングに。

色もツヤも長持ちする鮮やかオレンジ

イヴ・サンローラン ルージュ ピュール クチュール ヴェルニ 48 ¥4100/イヴ・サンローラン・ボーテ
唇中央に重ねづけ。「唇の合わせ目が濃くなるようにすると可愛い」。口紅の発色とグロスの輝き、抜群の持ちのよさを兼ね備えた一本。

唇のオレンジを指先にもリフレイン

ネイルポリッシュ 62¥1800/THREE(5/24限定発売)
「ネイルもオレンジでお揃いにすると、オシャレ感がさらにアップ」。抜け感のある明るいオレンジは夏にぴったり。

夏のメイクで大切なのは、強い日差しに似合うヘルシーさ。でもそれだけじゃおとなには物足りない。色や質感をうまく使って、ドキッとするような色気をプラスする。これが“美女ってる”夏メイク!

教えてくれたのは

ヘア&メイクアップアーティスト 千吉良恵子さん
LA DONNAに20年所属したのち、2012年に自らの事務所cheek oneを設立。活動の幅を一層広げる。明るいキャラクターと、大人の色気が漂う美女をつくるメイクの手腕に、数多くの女優が絶大な信頼を寄せる。

撮影/神戸健太郎(モデル)、伊藤泰寛(静物) ヘアメイク/千吉良恵子(cheek one) モデル/泉里香 スタイリング/コギソマナ(io) 取材・文/永田みゆき


千吉良恵子が提案する「この夏の美女」像とは?

「今シーズンは鮮やかな色やキラキラの質感が多く出ています。でもこれをただ塗るだけでは美女にはなれない(笑)。立体感を出したり、グラデーションをつけたりして、顔になじませる。このひと手間が重要です。遠くから見るといつもと明らかに違うけれど、近くで見てもどこが違うのかわからない。メイクが前面に出てこず、後にはキレイな人だったという印象だけが残る。そんなメイクが理想です」


関連キーワード

関連記事