食べる美容液「アボカド」の効果とは?

食べる美容液「アボカド」の効果とは?

栄養満点、美容にもよいと知られるアボカド。季節の変わり目は、肌荒れ、乾燥など色々悩みの多い時期ですが、そんなトラブルも解消できちゃう! 驚きの美肌効果をご紹介します。

アボガドの美容成分

①ビタミンB12
ビタミンB12は、皮脂をコントロールする効果があります。ビタミンB12は、豚肉などにも多く含まれていますが、現代人には不足しやすい成分です。なんとアボカドだと、1日1個食べるだけで、必要量を摂取することができます。
また、エネルギー代謝を高めてくれる効果もあるので、ダイエット効果や、お肌の新陳代謝アップも。

②オレイン酸
脂肪を付きにくくしてくれる成分として知られる、不飽和脂肪酸の一種であるオレイン酸。良質な油で、体の内側から老化を予防してくれる成分なので、アンチエイジング効果も期待できます。
また、コレステロール値も下げ、血液サラサラ効果もあり、お肌に必要な栄養素が体の隅々まで行き渡らせて体内環境を整えます。

③カリウム
浮腫みやたるみを予防するカリウムは、体内の水分のバランスを整えるために必要不可欠なミネラルの一種です。
溜まった老廃物を排出する働きがあるので、浮腫みが気になる人は、積極的に摂取するとよいでしょう。

美味しいアボカドの見分け方

アボカドは、外からでは食べごろが少々わかりづらいものです。皮の色が濃い物が熟しているサイン。軽く握った時に、少し柔らかいものがよいでしょう。逆に柔らかすぎたり、ヘタが取れているものなどは、傷んでいる可能性もあるので注意して下さい。
固い場合は、常温で数日おき、食べごろになってから冷蔵庫に入れるようにしましょう。

アボカドの下ごしらえと調理ポイント

<下ごしらえ>
縦半分に切り込みを入れ、種にそってぐるりと一周刃を入れる。
果肉の左右を手で持ち、ねじりながら2つに割る。
種に包丁の刃の角をたてて刺し、包丁をひねり種をとる。
手で皮をむく。

空気に触れると茶色く変色してしまうので、切ったらすぐに食べるか、レモン汁をかけるとよいでしょう。一度に食べきれないときは、種をつけた状態でラップで密閉して冷蔵庫へ入れましょう。
アボカドに含まれるビタミンEは若返りビタミンとも言われており、ビタミンCやリコピンと合体すると、アンチエイジング効果が更にアップします。なので、トマトと一緒に食べるのが、とてもよいでしょう。サラダやワカモレなどがおすすめです。

関連記事