「カラダの中から美しく」を叶える!夏美人が食べている野菜って?

「カラダの中から美しく」を叶える!夏美人が食べている野菜って?

旅行やレジャーなど楽しいイベントが目白押しの夏シーズン。一方で、紫外線が強く蒸し暑い夏は、お肌や体の調子を崩しやすい季節でもあります。そんな夏を元気に美しく乗り切る夏野菜を使ったピクルスの作り方をご紹介します。

疲れやすい夏のお肌と身体を整える野菜は?

爽やかな初夏を過ぎ、強い日差しが照りつける真夏へと向かう季節になりました。夏のイベントをチェックしたり、夏休みはどこへ旅行に行こうか考えたりと楽しみが沢山あるアクティブなシーズンの到来です。

しかし、一方で、強くなった紫外線による日焼けや、シミ、乾燥などの夏の肌トラブルも気になる季節。また、日本の夏は暑いだけではなく、湿度が高く蒸し暑いのも特徴です。そのため、熱が身体の中に篭り、胃腸に疲れが出やすくなり、食欲不振や夏バテなどの体調不良も引き起こします。ですから、早めの早めの体調管理がとても大切になるのです。

では、暑い夏を快適に乗り切るためには、どのような食べ物を摂ると良いのでしょうか。

まずは、旬の野菜である夏野菜がお勧めです。旬の野菜は栄養価が高いだけではなく、その季節の身体を整える働きがあります。夏野菜は、カリウムと水分が多く含まれているため、体内にこもったナトリウムを排出し、身体の中からクールダウンを促して、熱が篭りやすい夏の身体をサポートしてくれます。

その夏野菜の中でも、夏美人を作るためにお勧めなのが真っ赤なトマト。トマトには豊富なカリウム以外にも、女性にうれしい沢山の栄養素が含まれています。特にトマトの赤い色素であるリコピンは、夏の美容の大敵である紫外線からのダメージを和らげ、活性酸素の働きをサポートしてくれるのです。

夏野菜プラスお酢。夏美人を作る【夏野菜のピクルス】を食べよう

夏野菜と一緒に摂ることで、代謝を促進する効果が期待できるのがお酢などのクエン酸です。

そこでお勧めなのが【夏野菜のピクルス】。

ピクルスは食物酵素も効率よくとることができるため、腸内環境の改善から紫外線で疲れたお肌への効果も期待できます。

ピクルスの作り方はとても簡単。お酢をベースにしたピクルス液にお好みの夏野菜を漬け込むだけです。

保存食としてしっかり漬け込むよりも、浅漬けのようにしてサラダ感覚でいただくのがお勧めです。
また、ピクルスをストックしておけば、お弁当のもう一品として活躍したり、朝のトーストにプラスしたり、お酒のおつまみにしたり、刻んでドレッシングに和えたりと毎日の食卓が彩りよくなること間違いなしです。

夏美人の常備菜【夏野菜のピクルス】の作り方

【ピクルス液の作り方】

・白ワインビネガー 200ml
・水 200ml
・お砂糖 大さじ2
・塩 小さじ1
・にんにく薄切り 少々
・スパイス(クローブ、ホールペッパー、ローリエ、クミン、赤唐辛子など)

上記材料を小鍋に入れて、中火で沸騰させたらピクルス液の出来上がり。

ミニトマト(頭に十字の切り込みを薄く入れる)、きゅうり、ズッキーニ、ラディッシュ、ミョウガなどお好みの野菜をカットし、さっと熱湯にくぐらせます。水気を拭いてから、煮沸消毒などで清潔にした密閉容器へ入れて、ピクルス液を注ぎます。

冷めたら冷蔵庫へ。

半日くらいから1週間程度の間食べられますが、蓋を開けたら2~3日で食べ切りましょう。

もっと簡単に!という方は市販のピクルス液を使ってもいいでしょう。

楽しく美しく美味しく、夏美人を目指してくださいね。

関連記事