コクヨ 透明くれよん 〜半透明の美しいクレヨン〜

コクヨ 透明くれよん 〜半透明の美しいクレヨン〜

不思議な名前に惹かれ、手に入れたのが「透明くれよん」です。
川島屋百貨店

コクヨ

透明くれよん

コクヨ 透明くれよん
姿かたちが半透明のスティック状で、ちょっとキャンディのような佇まい。持つところが紙で巻いてあるのではなく、透明なフィルムで巻いてあるせいでしょうか。幼い頃に慣れ親しんだ「くれよん」と似ているけれど、ちょっと大人っぽい感じがします。

使ってみると、透明感のある美しい絵が描けます。書き心地がなめらかで、するする書けるのもちょっと楽しい!
しかも、色が透明に付くので、下に描いた線画がくっきり見えるし、色と色を重ねても濁った色にならず、透明感のあるきれいな色に仕上がります。

今までにちょっと経験したことがない感覚で、他のペンで描いた線画の上から、あえてはみ出して塗ると、下絵が透けて見えるのでいい感じ。色の重ね塗りを実験的にやってみると、やさしく滲む重なり具合がきれい!など———お絵描き自体は、決して得意ではないのですが、好奇心が動き始めて、あれこれ試して楽しんでいます。子どもたちにとってもいつものクレヨンとは違う感覚で、お絵描きへの意欲がグンと高まるはず。

これは、透明なオイルゲルのクレヨンで、数年にわたって研究を重ねた結果、独自の配合によって実現したもの。オイルと言っても化粧品にも使われているミネラルオイルという原料が使われているので、子どもも大人も、安心して使えます。昔ながらのクレヨンの、つんと鼻をつく嫌な匂いがないのもいいところです。

5色、10色、16色と揃っていて、パッケージデザインも少し凝っているので、ギフトにもぴったりです。

また、クレヨンに付されている色名もユニーク。「うすだいだい Pale Orange」「みず Aqua Blue」といったように、日本語と英語が表記されていて、カタカナ日本語がないところが気に入りました。

おおげさなスケッチではなく、たとえばハガキの手紙文の何箇所かに、水玉模様をちらしてみる。家族へのメモ書きをクレヨンで描いてみる。
手を使って文字を書くことが減ってくる暮らしの中、そんな遊び心で使うと、上手にできなくても、少し豊かな時間が流れます。
コクヨ
コクヨ
透明くれよん
価格:16色 2,800円、10色 1,800円、5色 900円 ※写真なし(税抜き)
問い合わせ先:コクヨお客様相談室
TEL:0120-201-594
川島蓉子 かわしま・ようこ
1961年新潟市生まれ。早稲田大学商学部卒業、文化服装学院マーチャンダイジング科終了。ifs未来研究所所長。ジャーナリスト。多摩美術大学非常勤講師。